植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2009年 11月 10日

796 きのこ狩り

深山のナメコ狩り
奥山に見置きしたナメコを回収するために出かける。
粒ナメコが12日間、放置したことになり、晩秋におけるナメコの生長具合を確かめるのである。
この間、雨は1回だけ降り、ナメコの生長にちょうど良さそうだ。
峠路に差し掛かれば、気温は2度を表示している。
気温が低下すればナメコ菌の生長が活発になるから、上手い具合にナメコ収獲ができそうである。
d0134473_1746941.jpg

ブナ落葉がすでに終了し、奥山はいささかの寂しさが漂うこのごろである。
d0134473_17481316.jpg

見置きナメコ、丁度良い収獲となる。
d0134473_17493316.jpg

ブナ葉が落ちているから、奥地まで見通せる。
倒木発見が早く、ナメコ狩りはスムーズに進行できるのが今の季節だ。
d0134473_17525364.jpg

奥山ナメコらしい、肉厚きのこがここにある。
d0134473_17545978.jpg

先人たちの山道はすでに消滅、それでもブナ切り付けが残され、ここがナメコ狩りロードであることを証明している。
d0134473_17595289.jpg

美味そうなナメコに育っている。
d0134473_1811711.jpg

朝露なのでブナ帯まで雨具着用で歩き、合羽はおいておき、帰路回収した。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-10 18:03 | きのこ研究
2009年 11月 09日

795 ヤマメ・イワナ、ウオッチング

晩秋の渓流を歩く
d0134473_1516328.jpg

落葉期を迎えた雑木林。
d0134473_15171620.jpg

カエデの紅葉だけが目立つ。
d0134473_15182660.jpg

すでに産卵は終わり、越冬するために活発に餌を追う、ヤマメ、イワナ時期だ。
d0134473_15212665.jpg

淵を回り、流れ下る餌を待つ渓魚。
d0134473_1523221.jpg

浮上して流下する餌を食った。

イワナ、ヤマメはすでに産卵を終え、体力回復することに必死になり、盛んに餌を食う渓魚を渓流で見受けられる今だ。
釣り人の行き来がないから、渓魚棲息ポイント本来の姿が垣間見られる。
元気のまま、越冬してほしい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-09 15:11 | 渓流釣り入門
2009年 11月 08日

794  第二回岩魚サミットiN只見

イワナ愛好家による移殖放流
第二回岩魚サミット
200911月7日(土)AM12:00~8日(日)PM12;30実施
場所 福島県只見町 叶津番所

■概要
イワナ釣り人の交流会、イワナの移殖放流シンポジューム。

■今回のツアーポイント
イワナ愛好家の懇親会
2009年度源流イワナ釣りは終了、新たなる源流イワナを求める最新情報を知る。

イワナの移殖放流の是非
新天地イワナについて話し合いをする。

■実施スケジュール
2009年11月7日(土) 天気 晴れ
12:00 受付開始。
17:00 懇親会開始。
d0134473_1762773.jpg

d0134473_177929.jpg

d0134473_1775014.jpg

叶津番所内、囲炉裏を囲んで、今年のイワナ釣りを語る。
料理 瀬畑氏による献立
きのこ鍋
きのこご飯
ゼンマイ炒め
ウド炒め
コンニャク味噌
ダイコン鶏肉煮
23:45 1日目プログラム終了。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-08 17:35 | 岩魚サミット
2009年 11月 05日

793   名残り紅葉

第2回岩魚サミット
イワナ愛好家、募集中
岩魚討論会8日のみ参加OK
プログラム
1日目   イワナ釣り人、親睦会
2日目   イワナの現状と未来・イワナの移殖放流の是非
討論会内容
イワナの正体
世界におけるイワナの分布
岩魚止めの滝
イワナ棲息限界
魚止めと魚どまり
滝上のイワナ
イワナをとりまく自然環境
イワナの敵
新天地イワナ
実践イワナの移殖放流

場所    叶津番所跡
       福島県南会津郡只見町叶津字居平456
開催日   2009年11月7日(土)~8日(日)
集合時間  11月7日(土)12:00~17:00
終了時間  11月8日(日) 14時ごろ
料金     1泊2日 2食付 6000円
当日は天然きのこ天ぷら、きのこ鍋、きのこご飯、食べ放題
※酒、嗜好品は各自持参ください
申し込み&問い合わせ
植野稔   電話 090-9018-3118
瀬畑雄三  電話&ファックス03-3823-6678
叶津番所  電話0241-82-2407
参加者申し込みは開催日当日まで受付
発起人   植野稔  瀬畑雄三 以下パネラー追加中

芝草山山麓トレッキング

d0134473_14381059.jpg

落葉を踏みしめながら、山腹を歩く。
d0134473_14391998.jpg

スパイク地下足袋から登山靴へ。
きのこ季節はほぼ終わりかけている。
d0134473_144116.jpg

きのこ狩りで賑わった雑木林、今は誰もいない。
d0134473_14431988.jpg

オヤマボクチ、蕎麦のつなぎに使う。
d0134473_1444412.jpg

コナラ紅葉が終わり、カエデの赤が山腹を彩る。
d0134473_14462741.jpg

カエデ、未だ紅葉が楽しめる。
d0134473_14475795.jpg

我が伴、強い味方、「みのるスペシャル」マイバック。
今日もウエストバックとして活躍してくれた。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-05 15:16 | 登山
2009年 11月 04日

792 太郎岳遠望

第2回岩魚サミット
イワナ愛好家、募集中
岩魚討論会8日のみ参加OK
プログラム
1日目   イワナ釣り人、親睦会
2日目   イワナの現状と未来・イワナの移殖放流の是非
場所    叶津番所跡
       福島県南会津郡只見町叶津字居平456
開催日   2009年11月7日(土)~8日(日)
集合時間  11月7日(土)12:00~17:00
終了時間  11月8日(日) 14時ごろ
料金     1泊2日 2食付 6000円
当日は天然きのこ天ぷら、きのこ鍋、きのこご飯、食べ放題
※酒、嗜好品は各自持参ください
申し込み&問い合わせ
植野稔   電話 090-9018-3118
瀬畑雄三  電話&ファックス03-3823-6678
叶津番所  電話0241-82-2407
参加者申し込みは開催日当日まで受付
発起人   植野稔  瀬畑雄三 以下パネラー追加中

初冠雪、太郎岳
放射冷却で寒い朝だ。
おかげで早朝から晴れている。
今日は絶好の登山日和である。
そこでお気に入り山岳眺望コースを新雪を踏みしめ、トレッキングすることにした。
d0134473_14403936.jpg

名残雪がカエデにとどまり、間もなく陽光に照らされ、落雪しそうだ。
d0134473_14434126.jpg

予想外の積雪があり、カエデの落葉を早めている。
d0134473_14462291.jpg

朝の陽光を浴びながら雪山を登る。
誰のいない一人で大自然風景を楽しむ。
これも地元に居を構えたからこそ、また気ままな単独行だから、こんな贅沢が適えられるのである。
d0134473_14512558.jpg

下野におけるまれな冷え込みが突然あって、それが雪をもたらし、初雪となり、まだあおっぱをおとしてしまったようだ。
d0134473_14545474.jpg

アスナロの幼木を新雪が積もる。
d0134473_14582250.jpg

自然遊悠学グッズ、「みのるスペシャル」と名のあるウエストバック、雪山でも耐えられる最強バックである。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-04 15:32 | 登山
2009年 11月 03日

791 何もしない日

第2回岩魚サミット
イワナ愛好家、募集中
岩魚討論会8日のみ参加OK
プログラム
1日目   イワナ釣り人、親睦会
2日目   イワナの現状と未来・イワナの移殖放流の是非
場所    叶津番所跡
       福島県南会津郡只見町叶津字居平456
開催日   2009年11月7日(土)~8日(日)
集合時間  11月7日(土)12:00~17:00
終了時間  11月8日(日) 14時ごろ
料金     1泊2日 2食付 6000円
当日は天然きのこ天ぷら、きのこ鍋、きのこご飯、食べ放題
※酒、嗜好品は各自持参ください
申し込み&問い合わせ
植野稔   電話 090-9018-3118
瀬畑雄三  電話&ファックス03-3823-6678
叶津番所  電話0241-82-2407
参加者申し込みは開催日当日まで受付
発起人   植野稔  瀬畑雄三 以下パネラー追加中
身体を休める
d0134473_16353029.jpg

客人がおいていった、揚げカキモチを賞味しながら、のんびりする。
昨夜からの冷え込みで、うっすらと初雪が我が家に積もっている。
11月としては寒い1日だ。
このままシベリア寒気団が居座ることはないが、今年の異常気象を象徴している現象に思える。
おかげで自然発生の山の幸、きのこはほとんど発生することはなかった。
こんな年もあるのだと、揚げカキモチを食べながら考えた。
「来る年には山からの恵みを例年通りに出てほしい」と、こんな願いを山の神様に懇願するしか、打開策はあるまい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-03 16:55 | 身辺雑記
2009年 11月 02日

790 収獲したきのこを保存する

きのこを長期間保存する
d0134473_20104623.jpg

ストック下きのこを冷蔵庫から出す。
ムキタケ
d0134473_18223651.jpg

収獲きのこを水に浸す。
d0134473_18243156.jpg

着生部をハサミで切り捨てる。
流水で水洗いを繰り返し、ゴミを取り除く。
d0134473_1826233.jpg

きのこを食べやすい大きさに裂く。
d0134473_18274098.jpg

大鍋に湯を沸かし、きのこを軽く茹で上げる。
ザルに揚げ水きり、冷ます。

ナメコ
d0134473_1830283.jpg

きのこを水に入れ、茎をハサミで切り捨てる。
d0134473_18311711.jpg

開きナメコ、傘のゴミを流水で洗い流す。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-02 18:42 | きのこの保存
2009年 11月 01日

789 きのこ狩り

自然遊悠学きのこ狩り個人山行
d0134473_1654634.jpg

晩秋きのこ狩り、それはブナ倒木を発見することから始まる。
d0134473_1671035.jpg

ナメコの幼菌、これから生長する。
d0134473_169756.jpg

粒ナメコ発見から8日目、要約、収獲できる生長ナメコなる。
d0134473_16112094.jpg

このサイズが食べごろナメコだ。
d0134473_16123346.jpg

(株)イケテイ、新製品オリジナル自然遊悠学グッズ、ウエストバックを装着して、今日もきのこ狩り賛歌である。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-01 16:35 | きのこ研究
2009年 11月 01日

788 自然遊悠学への差し入れ

自然遊悠学参加者からのプレゼント
d0134473_15165777.jpg

下野市からの自然遊悠学きのこ狩り参加者と思える、お土産が家にありました。
ユズ、これは蜂蜜漬けに使います。
カキモチ揚げ、これはおやつに、いただきます。
紙面にてお礼申し上げます。
d0134473_15221049.jpg

11月1日のきのこ狩り参加者からのお土産。
落花生、好物です。
福砂屋、長崎カステラ。お茶、あるいはコーヒーと一緒に食べます。
ありがとうございます。

自然遊悠学の参加者諸氏、またの再会を望んでおります。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-01 15:28 | 身辺雑記