人気ブログランキング |

植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 05日

369 マツタケ狩り&マイタケ狩り

アカマツ尾根とブナ林尾根
将来有望な若手きのこ狩りの人がやってきたので、申し訳ないが、男鹿川渓魚放流をキャンセルして、きのこ狩りを実施することにした。
まずはアカマツに発生する、マツタケ狩りの現場へ急行する。
d0134473_16431952.jpg

マツタケ本命のアカマツ林。
ここで幾多のマツタケドラマが展開している舞台である。
d0134473_16454817.jpg

必死になってマツタケを探す。




8時からお昼近くまで、マツタケを探してみたが、今秋のマツタケは雨不足で、期待していたマツタケは出ていない。
d0134473_16485742.jpg

帰路、クマの好物であるヤマグリを拾った。

結局マツタケは収穫ゼロだ。
このところの降雨不足で、アカマツ尾根はカラカラ状態、マツタケ狩りは諦めることにした。
少し早いが、自然遊悠学の家で昼ごはん。
午後、ブナ林へ。
d0134473_165423.jpg

クマの糞。太く大きいので、おそらく100キロは越えているオスのクマの仕業だ。
d0134473_1656776.jpg

バター炒めで食べる、ホコリタケ。
d0134473_16575027.jpg

ミズナラの倒木にマスタケが出ていた。
丁度よい食べごろなので、当然収穫する。
d0134473_1704796.jpg

ブナの生木に出ていた、ブナハリタケ。
d0134473_1724072.jpg

これから旬を迎える、クリ坊ことクリタケ。

ブナ林探索はマイタケが狙いであるが、真新しい足跡があって、どうやら数日前にマイタケ場は先人様に荒らされていた。
2週間前にマイタケの小型を採った、ミズナラには残念ながら足跡があって、期待していたマイタケはなかった。

d0134473_1774642.jpg

今日の山の幸。
マツタケはだめだったが、奥山にしかないきのこが収穫できたので、友人は満足して東京へ帰っていった。

by yuyugaku-ueno | 2008-10-05 17:27 | きのこ研究


<< 370 男鹿川定点観測      368 自然遊悠学のお祭り >>