人気ブログランキング |

植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 10月 01日

362  マツタケ情報解禁

マツタケの芽が出た
我輩が住んでいる中三依限界集落に味覚の秋がやってきた。
我が自然遊悠学の家付近に、早くも紅葉の兆しが到来している。

夏のチタケ、タマゴタケ、アカヤマドリときのこ前線は本命きのこへとバトンタッチされた。
それはマイタケからスタートする、秋きのこにおける順調な発育情報があって、これから期待が持てそうなのである。
今年のマイタケは我輩のブログで示したように、マイタケプロでも経験したことのない不作であったけれど、夏の降雨と秋を迎えてからの雨は樹木と共生関係にある、きのこにとって、きのこ元基(土の中で生まれるきのこの子供)を構成する上で重要な役割を果たせたようで、マツタケ、ホンシメジなどの有望きのこの生育はよさそうなのである。

午後、雨は上がった。
きのこに対する無遅刻無欠勤の勤勉さがあって、我輩は夏から皆勤賞を授かってもおかしくない、日参している山行きをこれからやることにした。

10月1日。まず地元のアカマツを目指すことにする。
さて今日の山神様のご機嫌はいかがなものか、吉か凶か期待はふくらむ。
d0134473_17363232.jpg

雑木林の中にあるアカマツを目指す。




d0134473_1738946.jpg

目的地のアカマツにきのこが出ていた。
d0134473_17393921.jpg

頭だけ出ていたきのこ。
そのきのこはマツタケだ。
d0134473_1741253.jpg

きのこの感触は最高である。
d0134473_17421813.jpg

付近の木の実にツキノワグマの痕跡があった。

by yuyugaku-ueno | 2008-10-01 15:55 | きのこ研究


<< 363 マツタケ・ホンシメジ狩り      361 男鹿川定点観測 >>