植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 09月 20日

338 マスタケの味噌漬け

マスタケを保存する
下野ではアカタケと呼んでいるマスタケ、このきのこは味噌漬けにすれば長期保存が可能で、山の珍味として一品料理となり、きのこにおける貴重な保存食になる。
d0134473_1752311.jpg

採集したマスタケを流水で洗い、手で食べやすい大きさに裂く。
マスタケを手で触り、着生部が硬かったら、、包丁で切り落とす。
d0134473_1758048.jpg

熱湯の中にマスタケを入れる。
再沸騰したらザルにあげておく。
マスタケが冷めるまで放置しておく。
d0134473_1802048.jpg

保存するタッパーの底に味噌を平らに伸ばしいれる。
d0134473_1822780.jpg

味噌の上に冷めたマスタケを並びいれる。
マスタケが多ければ、マスタケの上に味噌を伸ばしいれを繰り返す。
d0134473_1875811.jpg

最後にマスタケが隠れるぐらい、味噌を伸ばして入れれば完成だ。

保存は冷蔵庫に入れて保管する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-09-20 18:11 | きのこの保存


<< 339 ナラタケの酒煮      337 マイタケ狩り >>