植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 06日

216 男鹿川支流の源流イワナ釣り

男鹿川源流のイワナ釣り
本日の下野、天気は曇りから晴れ。
梅雨の合間に男鹿川支流の沢イワナ釣りを実施する。
今回の入渓点、森林管理所の看板から沢に入る。
d0134473_13544788.jpg

マムシに似ているから、マムシ草と愛称のある花が盛りになった。
d0134473_13571284.jpg

源流イワナとの再会は嬉しい。
このイワナを求めて、源流までやってきて、ロッドをだし、アタリを待つ。
イワナの釣り人になって、沢を遡る。
d0134473_141010.jpg





直滝で出合う、滝壺に第一投。
d0134473_145778.jpg

滝壺にいたイワナ。
小型ながら源流のイワナが出た。
d0134473_148799.jpg

いつも淵底にいるイワナのポイント。
今日もイワナが鬼チョロに飛び掛ってきた。
d0134473_14105942.jpg

イワナ檀家の増加で、遡上止め滝の竜壷が整理され、釣りやすくなった。
それに反して、イワナがたまっていた滝壺に、魚影は極端に減少した。
d0134473_1415966.jpg

滝上部はゴルジュ状になりが沢は歩ける。
小滝の落ち込みを丁寧に探る。
d0134473_14173570.jpg

本渓はやがて二俣になる。
d0134473_14192812.jpg

左俣は入り口がナメ滝となる。
d0134473_14223857.jpg

左俣のイワナ。
源流のイワナの魚体は美しい。
d0134473_1425371.jpg

右俣は滝で出合う。
d0134473_14272514.jpg

右俣のイワナ。
奥地のイワナらしく、魚体は整っている。
d0134473_1430541.jpg

階段状に競りあがる、右の源流沢。
イワナ釣りは水源で終わる。
d0134473_14323718.jpg

[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-06-06 14:33 | 渓流釣行記


<< 217 日本テレビ、13時間...      215 男鹿川のイワナ釣り >>