植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 06日

88 山が好きだ

 ロシア紀行 山が好きだ



「釣り馬鹿」を長い間やっていると本格的な大馬鹿者になるかも知れない。私が見本を示している通り、岩魚を中心に世の中が動くような錯覚をし、頭の中はイワナだらけになる。つまり、人の脳はそれぞれに与えられた『知識』『理性』『精神』をつかさどる能力の器みたいなものがある。問題は入れものの大きさだ。どおやら我が輩の半腐れ脳みそ入れときたら、すでにヒビ割れ状態。だから、世間からはみ出され、遠く遠い浮世からかろうじて世論を傍観させてもらっている。

しかしながら、岩魚馬鹿を一目散に突き破る出口の果てに広がっている、岩魚御殿の光景を一度、垣間見るにいたると、まんざらでもない人生だったことに対して、渓流に棲む岩魚王と対等の位にいられる。

アホらしい話はこれぐらいにして,本論にもどる。
 なぜ、イワナ一筋に打ち込めたのだろうか。それは山が好きだったからだ。生命の原点は海だけれど、ヒトの命を育むのは水、人類は間違い無く山に向かい歩いた。そこには豊かな飲料水、木の実、川魚がいた。かく私も奥底に潜んでいた何かが目覚めたようで、山の魔物か女神に憑かれたように、何時の間にか渓に入っていた。


■『植野稔のホームページ』をどうぞ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-03-06 06:28


<< 89 セリ      87 きのこはいずこ >>