植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2010年 06月 12日

1076 会津から越後へ

山岳渓流昨今
まずは奥会津の谷へ。
d0134473_1630514.jpg

本流、支流、どちらが良いのか迷うところだ。
d0134473_16321693.jpg

吊り橋で対岸へ。
d0134473_16331240.jpg

奥山渓流へのルートとなる、ゼンマイ道。
現在、泊り山ゼンマイ採集はやっていない。
10余年、歩かれていない山道は消えかかっている。

下見ができた。
明日は奥山を目指すつもりだ。

d0134473_16374948.jpg

林道の途中にある駐車スペースでオートキャンプ。

食事終了と同時に携帯電話が鳴る。
友人の呼び出しだ。
仕方なくキャンプを取りやめ、下山。

1日だけ都会人と付き合う。





3日目、会津をあきらめ、越後へ。
d0134473_16434599.jpg

越後の沢を釣る。
d0134473_16444336.jpg

シラネアオイが歓迎してくれる。
d0134473_16454635.jpg

同行者、イワナ放流を熱心にやっている人だ。
今日もイワナは生かして釣りあがる。
d0134473_16473413.jpg

ゴルジュの小滝を釣る。
d0134473_16485521.jpg

不安定な雪渓をくぐる。
d0134473_16495445.jpg

イワナ放流ポイント。
ここにはイワナが棲んでいるが、滝と滝にいるイワナと、奥山イワナの交流を図る。
d0134473_16515710.jpg

釣りたてイワナをリリース。
d0134473_1653439.jpg

ネマガリタケ、今晩のおかずにする。
d0134473_16542368.jpg

見事なウルイ畑。
d0134473_16561082.jpg

高級山菜、アマドコロ。
d0134473_1657060.jpg

今日の山菜。
キャンプ食事に使う。

d0134473_16585450.jpg

本流イワナ釣り開始。
d0134473_1701566.jpg

ブナ、サワグルミ、トチ、ミズナラなど、お決まりの渓畔林がここにあり、イワナを育んでいる。
d0134473_172525.jpg

豊かな森だから、山菜は豊富にある。
d0134473_1742851.jpg

高層滝下を釣る。
d0134473_178384.jpg

大物イワナに狙いを定めて、慎重にポイントを攻める。
d0134473_1794555.jpg

残置ボルトのロープをくぐし、廊下を越える。
d0134473_17121038.jpg

雪渓の崩壊、その名残りの残雪がところどころにある。
d0134473_17132685.jpg

今日の最終目的地。
雪シロが入り突破は無理だ。

d0134473_17155287.jpg

連日の晴れ間だから、本流アタックとなる。
d0134473_17172060.jpg

大釜滝を探る。
d0134473_17181923.jpg

大岩あり、落ち込みあり、渓相は抜群に良好だ。

d0134473_17204658.jpg

時間があったから、同行者にたのんで、奥山ベースキャンプ地を偵察する。
d0134473_17223764.jpg

テン場敵地。
ここなら安全なキャンプができそうだ。

夕方、山菜尽くしをいただく。

d0134473_17261079.jpg

日本100名山、ここが今回のイワナ場である。

d0134473_17273148.jpg

雪シロの終了した巨岩帯が今日の釣り場だ。
d0134473_1729369.jpg

おびただしい、ウルイに圧倒される。
当地では誰も食べないのだろうか。
d0134473_1731179.jpg

同行者曰く、6月2日、この淵で36センチが出たと話す。
d0134473_17324966.jpg

遡行不能な滝。
d0134473_17333925.jpg
高巻での下降。
ほぼ垂直なので、肩がらみ懸垂をやる。

以遠、遡行予定ながら、巨岩体に阻まれ突破できない。
ここは一旦戻り、再遡行。

d0134473_17382182.jpg

ゴルジュ上部は平流となり、右岸から有力支流が入る。
d0134473_17402618.jpg

再び渓流は滝となる。
中段テラスから下部30メートルある滝を望む。
d0134473_17422654.jpg

下段滝を右岸から高巻く同行者。
d0134473_17435582.jpg

30メートルある上段滝。
ここは左岸を高巻く。
d0134473_17451873.jpg

滝上部は穏やかな流れとなる。

20年ぶりと思える越後の渓を釣る。
といっても拙者は竿を振ることなく、イワナ釣りは同行者に任せた。
それは同行者の釣り上げたイワナにある。
魚紋に疑問があるから、ここ何日間、頭を悩ませていた。
拙者の考えていたイワナと違うのだ。

だからイワナの写真は出すことを控えた。
おおよそのイワナ解明、それは地元漁協の人と現場で会うことができたから、その謎が解けたのである。
次回にその報告をする。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-06-12 17:54 | 渓流釣行記


<< 1077 越後のイワナ      1075 遠征釣行 >>