タグ:登山 ( 9 ) タグの人気記事


2012年 05月 04日

1916 日留賀岳

d0134473_13325967.jpg
 
登山入り口からコナラ斜面を登り、更に林道を抜ければ、ブナ尾根となる。
d0134473_13484378.jpg

カラマツ斜面に咲くカタクリ。
d0134473_13492713.jpg

今が旬、スミレ。
d0134473_13504439.jpg

アスナロ林、男鹿山塊らしい樹木だ。
d0134473_13514049.jpg

ウメバチソウに似ている花。
d0134473_13531213.jpg

樹林の合間に日留賀岳が見える。
d0134473_13541261.jpg

稜線に着けばダケカンバが目立つ。
d0134473_1355868.jpg

噂のギョウジャニンニク、登山道にある。
d0134473_1355571.jpg

5月末に咲く石楠花。
d0134473_13562855.jpg

かなり高いところまで自生するショウジョウバカマ。
d0134473_13572229.jpg

稜線の強風に耐えるコメツガ。
d0134473_13582459.jpg

コメツガ球果。
d0134473_1359499.jpg

日留賀岳主峰。
d0134473_13594686.jpg

下野では珍しいハイマツ。
d0134473_1403494.jpg

1本だけあったシラビソ。
d0134473_144267.jpg

男鹿山塊から少し離れた位地にある、日留賀岳山頂。
那須連邦、奥会津、日光連山、高原山、360度の眺望が楽しめる。
d0134473_147308.jpg

男鹿山塊最高峰、大蛇尾山。
d0134473_1482654.jpg

昨日登った釈迦ヶ岳遠望。

 横川キャンプ場シーズンイン3年間住んでいたこともあり、その間、晴れていればそのつど日留賀岳を眺めていた。下界から見れば山頂の平ら、針葉樹、広葉樹に覆われ、ほぼ円錐形独立峰山岳部を呈し、その特徴ある山体から東西南北どこから眺めても男鹿山塊名峰を知らしめれれる。
 長いことイワナ釣りをやっていたから、ピークアタックは縁なく尾根から山頂への登山は少ない。28,29,30日、遅れていた渓流の幕開けに伴い釣り人ラッシュを避け、連休前半の3日間、忘れかけた登山をやることにした。生憎の曇り空ながら、雨降りは心配ない。登山口駐車場を提供してくれる小山宅から出発。勿論本日も単独気ままな一人旅となる。
 心中事件
 今から6年前の10月、季節外れの雪となる。その影響と思える日留賀岳遭難事故が発生、3日間遭難者を探す。
d0134473_1453899.jpg

遭難者テン場となった鳥居地点。
登山道空き地に張ったテントに住人なし。最初、ここの鳥居から男鹿岳アタックを試みた最中、想定外の降雪に見舞われ、登山道を見失い遭難、こんな予想のもと捜索は続行された。しかし、避難したと思われる稜線プレハブ小屋に携帯電話を放置、事件は思わぬ方向へ。1週間後、小屋から少し下った場所で、2人並んだ男女遭難者を発見。
 70歳代登山家男子、顔は黒く変色、病人風。40歳代美人女性。妻子ある病気男に惚れ同情する中年女との心中であった。この世で添い遂げられないなら、いっそうあの世でと睡眠薬を飲む覚悟の自殺、悲しい事件となった。男女の最後の場所を男鹿山塊としたのは想いである山だったのであろう。
 この心中事件、動物に荒らされることなく遺体は無傷だったことに対して、山の神様からそれぞれの家族へ橋渡しを授けたのだと、私は理解した。

 2012年4月30日登山実施。
 
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-05-04 15:33 | 登山
2011年 01月 29日

1364  パワースポット探検

2011年7月 自然遊悠学プログラム 夏のスケジュール

日光連山知られざるパワースポット登山
~太郎岳お花畑、男体山コメツガ、奥白根山高山帯植物を見る~
~亜高山帯から高山帯へ移行する植物群観察~

今回の植物たち
森林限界地自生植物のありのままの姿を垣間見る。。

■開催日 7月16日(金)~17日(土)~18日(日)

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 19:34 | 登山ツアー
2011年 01月 29日

1354 男鹿岳登山ツアー

2011年4月 自然遊悠学プログラム 春のスケジュール

早春雪山男鹿岳登山ツアー
~初春残雪をラッセルし、男鹿山塊男鹿岳を登る~
~300名山、シラビソ森林探訪&野鳥を見る~
d0134473_1046436.jpg

今回の主な樹木
シラビソ、ブナ、イヌブナ、ダケカンバ、サワラ、アスナロ、ミズナラなど。
今回の野鳥
シジュウカラ、エナガ、ヒガラ、コガラ、アカゲラ、クマタカなど

■開催日 4月3日・4日・9日・10日の晴れた日
d0134473_10485130.jpg


More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 10:56 | 登山ツアー
2009年 12月 10日

824 無名沢から滝向山へ

沢を登り滝向山へ
自分の住んでいる周辺の山を登ることを目標に地形図、五十里湖、荒海山に記されている、主要ピークをすべて登るかとが、今年におけるシーズンオフの目標である。
下野中三依地区に住んで4年、大方の1等3角点、3等3角点は登り終えている。
今日はお膝元にある、滝向山に行く。
d0134473_14534261.jpg

年末にかけて、お月様は次第に痩せていく。
d0134473_14552099.jpg

ヒレンジャクなどの野鳥によって種が撒き散らかせて、樹上に根を張るヤドリギ。
今年は黄色い実を結ぶことはなかった。
d0134473_1459364.jpg

印象的なカヤトのあるピーク、滝向山が本日の山登りコースだ。
夏のチタケシーズンでは山頂直下まで行くことがあるものの、未だに山頂を踏んでいない山である。
d0134473_1532732.jpg

小沢を遡る。
d0134473_1552560.jpg

今年初、ニホンリス発見。
盛んに越冬するために貯蔵する、木の実を漁っている。
d0134473_1582247.jpg

採集水場、一軒家の引き水となっている。
d0134473_15101297.jpg

テンの糞。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-12-10 15:43 | 登山
2009年 08月 26日

729 三依富士、芝草山登山

コナラからブナ山となる芝草山
夏きのこから秋きのこへ移行するまでだいぶ時間がある。
ほとんど出なかった下野チタケの影響で、体重は春のまま体力消耗がないから、身体がなまくらになっている。
これからマイタケまでの間、予定通り、イワナ釣行を実施する。
我が体力テストを兼ねる登山をやることにする。
d0134473_13411629.jpg

芝草山登山入り口。
d0134473_13433493.jpg

東電33鉄塔への巡視路を歩く。
d0134473_1346034.jpg

秋の花、萩は登山道沿いに多数咲いている。
d0134473_1348246.jpg

良く手入れされている巡視路道。
d0134473_13511079.jpg

巨木となった赤松。
尾根を好んで自生地としている。
d0134473_13531595.jpg

秋花が登山道にあり、退屈な山道を飾る。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-26 14:39 | 登山
2008年 12月 04日

440 北尾根から芝草山へ

初冬の芝草山へ登る
「晴れていればアウトドア」
この方針には変わりはないが、生憎、中三依地区に朝から霧がかかっていて、50メートル程度しか視界がきかない。
そこで、時間調整に都合の良い、隣の家に薪ストーブがあって、朝から火が入っている。
我輩は典型的な超貧乏人。
めったに石油ストーブには手を出さない。
最近流行している、地球に優しいエコを実践している。
というのは建て前で、本音は家を暖めることに対して、多少の抵抗があって、無駄な石油浪費を避けるための節約なのである。
然るに、今朝の我が家の室温は2度。
最近朝飯は7時過ぎ。
ゆっくり時間をかけて玄米をかんでいる。

朝食が終われば隣の家に行く。
霧が過ぎ去るまで、我輩の冷え切った身体を暖める、薪ストーブのあるところへ避難する。
すると、我輩のためにバーちゃんは薄めのコーヒーを入れてくれる。
お茶菓子はせんべい。
ストーブの上には蒸かし鍋があって、ベニサツマが蒸しあがっている。
それを戴きながらバーちゃんと世間話。
結構ストレス解消になって、馬鹿馬鹿しい話しながら面白い時間が経過していく。
こんな冬の一時を我輩は秘かに楽しんで、3年が過ぎているのだ。

10時。霧が止んだ。
山に呼ばれているコールがあって、我輩は腰を上げた。

d0134473_1624396.jpg

入山沢林道をマイカーで走り、芝草山北尾根登山口に着く。
ここから東電の送電線巡視路を歩く。
d0134473_16281884.jpg

芝草山北尾根に残されている、天然ヒバ林。
ヒバはアスナロのことで、男鹿山塊にまとまった自生地がある。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-04 17:24 | 登山
2008年 12月 03日

439 高瀬山に登る

ネマガリタケを掻き分け、3等3角点へ
雲ひとつない快晴の中、念願の山へ出かける。
高瀬山(1276.4メートル)、山頂に3等3角点が設置されている、登山道のない藪山だ。
道がないから、稜線に雪が残っている落葉期、初冬にしか登頂のチャンスはない。
これまでに、白倉沢、鬼怒木集落からマイタケ狩りに2回、高瀬山直下まで詰め上がったことがあるが、きのこ狩りなので、山頂を踏むことはなかった。
我輩の住んでいる、中三依地区における主要ピークであるから、登らなければいけない山であった。
d0134473_17252966.jpg

放射冷却のせいで、雑木林斜面に霜柱があちこちに点在している。
d0134473_17293562.jpg

ガマズミの赤が殺風景な山風景にアクセントを誇示している。
d0134473_17322525.jpg

青葉で冬越し、春を待つのか、ウワウチワ。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-03 18:44 | 登山
2008年 11月 29日

433  持丸山

気にかけた山に登る
2万5千分の一地形図「五十里湖」上段に我輩が住んでいる自然遊悠学の家所在地、中三依地区がある。
左に芹沢、真ん中に入山沢、右に男鹿川本流が中三依で合流している。
西に日光連山があって、有名な日光雷の本場がある。
北には太平洋と日本海を分ける分水稜線を従わせ、この地理的条件で雪と雨の山地でもある。
山地に降る雨のおかげで、渓魚の発育はすこぶる順調だ。
加えて、意外に雑木林があるから、きのこの豊山地になっている。
雨が降らなければ植物は育たない。豊かな雨があってこそ、渓魚が繁殖できて、植物と共生している、きのこが生まれるのである。
この中三依地区、住んでみるとなかなか面白い部分を内臓している。

今日は未だ登る機会が無かった、持丸山(1365.5メートル)登山を試みた。
この山には正式な登山道は無い。
けれども地元の山岳愛好家の手で、稜線に刈り払いした山道が開設してあるので、地形図を読みながらの雪山トレッキングになった。

d0134473_14222979.jpg

ヤマドリのオスが4羽持丸林道にいた。
ハンターから逃げ延びた集団だろう。
ガラス越しからの撮影だから写りは悪い。
ヤマドリを身近で見られた、幸先の良い山歩きになった。
d0134473_14262764.jpg

持丸沢林道終点にマイカーを駐車する。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-11-29 15:23 | 登山
2008年 11月 18日

418 弥太郎山

男鹿山塊を眺望する、塩原自然路
巨額の税金を投じて完成させた、塩原温泉と板室温泉を結んだ観光目的の塩那スカイライン、なりの果ては廃道、結局税金は無駄になった。
その代償が、男鹿山塊を鉢巻のように山岳道路が山頂部斜面を破壊、現在、渓斜面を岩雪崩が直撃、崩壊を繰り返している。
塩那森林管理所の粋な計らい? 申し訳ないとの反省? それが土平まである期間限定の車道開放だ。
この舗装道路を使えば、あまり感心しないが手軽に塩原温泉側に残されている、今では貴重になったブナ、ミズナラ、ダケカンバ、モミ原始林を見ることができる。
今回は触れないが、塩原温泉と弥太郎山の中間に存在しているモミ林は素晴らしい。

本日、弥太郎山(1392メートル)に登ってから、塩原自然路を辿るブナ林トレッキングを実施することにした。
d0134473_14334778.jpg

土平駐車場から送電線巡視路を利用、全景カラマツ帯の水平道なので徒歩は楽だ。
d0134473_14382685.jpg

土平から塩原温泉を結ぶハイキング道、現在は廃道になってしまった。
古い地形図に山道の記号が示されている。
d0134473_14422593.jpg

巡視路から外れた位置に弥太郎山がある。
指導票はない。
d0134473_14455745.jpg

弥太郎山の山頂。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-11-18 15:07 | 登山