植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ

タグ:源流イワナ釣り ( 20 ) タグの人気記事


2012年 05月 07日

1919 源流イワナ

d0134473_1622423.jpg

ヤマブキ開花、いよいよ源流イワナ釣りができる季節となる。
d0134473_1675297.jpg

渓沿いに自生するマムシグサ。
d0134473_1683314.jpg

コナラ新緑。
d0134473_169116.jpg

源流イワナは奥山にいる。
d0134473_1693793.jpg

d0134473_169476.jpg

d0134473_1610054.jpg

d0134473_16101244.jpg

源流のイワナたち。
d0134473_16103681.jpg

滝を6個越えた奥地にある魚どまり。

 奥地イワナを求めて単独入渓、今年の初イワナ釣行を期待していたが、イワナポイントに魚影がなく、連休釣行があったようでアタリはない。年に一度、同一渓流釣行を実施すれば、イワナが釣り人の存在を教えてくれる。1番手イワナは持ち帰られてしまい、2番手、3番手イワナしかいない。それにしても連休釣行者の腕は良く、越冬大型イワナの姿がないことで、明らかに私のイワナがそれを証明してくれる。
 2年ぶりとなった滝上イワナ釣行に遅れをとってしまった。いつものイワナがいなくなってしまい再会を果たせず残念、釣り人の執念は侮れない。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-05-07 16:34 | 下野・会津だより
2012年 05月 05日

1917 源流イワナ釣り

d0134473_1534466.jpg

廃道になった林道を歩く。
d0134473_15353462.jpg

開花したヒトリシズカ。
d0134473_15361155.jpg

沢沿いに自生するミヤマキケマン。
d0134473_15365763.jpg

歩行2時間、源流部に到着。
d0134473_15374892.jpg

今年も健在源流居つきイワナ。
d0134473_15382087.jpg

職業イワナ漁師だった時代、「平瀬を制することだ。」と、老職漁師から教わった平瀬攻略で攻める。
d0134473_1542292.jpg

d0134473_15422116.jpg

d0134473_15423598.jpg

d0134473_15424949.jpg

d0134473_1543487.jpg

源流イワナたちとの再会を果たす。
d0134473_1544846.jpg

イワナの棲む落ち込みを丹念に釣る。
d0134473_1545492.jpg

今日の最終落ち込み淵。
d0134473_15462323.jpg

ヤブレガサ。
d0134473_15464542.jpg
 
コゴミ。
d0134473_15471123.jpg

ミヤマイラクサ。
d0134473_15473353.jpg

タラの芽。

 釣行5時間、納得できる釣技を披露することができた。今年も源流釣りができる体制を整え、奥山釣行をやるつもりでいる。
 帰路、山菜を摘みながらのんびり歩いた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-05-05 15:54 | 渓流釣行記
2011年 07月 12日

1553 イワナ釣り源流へ

d0134473_1952775.jpg

3日間お世話になったキャンプ地。
雑魚寝、蚊の襲来を受ける。
d0134473_19531638.jpg

居つきイワナ。
d0134473_1953507.jpg

スノーブリッジ、下を潜る。
d0134473_19543028.jpg

雪渓は続く。
d0134473_19545785.jpg

滝を越える。
d0134473_19552190.jpg

ビタミン源のウルイ。
d0134473_19554985.jpg

落下寸前スノーブリッジ。
素早く越える。
d0134473_19564420.jpg

納得できるイワナ魚体。
d0134473_19571730.jpg

最奥にある魚どまり。
d0134473_1958992.jpg

夕食のおかず、タチアザミ。
d0134473_19591071.jpg

3日目、再度源流へ。
d0134473_2005771.jpg

雪渓は多い。
d0134473_201275.jpg

遡上止め滝。
d0134473_20156100.jpg

ワンタッチ地下足袋スパイク付きテスト報告。
頑丈すぎて縫い目が当たり参った。
左は当たりなし、右は小指外側の当たりあり。
つま先部マジックテープ着脱しやすい。
写真の地下足袋先端部テープは外れている。
中段、上段はスパッツ着用で着脱防止。
いまひとつ工夫がほしい。
商品化したからにはフィールドテストすべきだ
d0134473_2032648.jpg

大型イワナながら痩せていた。
d0134473_2041098.jpg

雌イワナ。
d0134473_2044415.jpg

ガイドの私。
反省
今回、同行者の痛めていたネンザが悪化、テン場を上部に上げられず、消化不良の源流行となってしまう。
テン場付近釣行地点終了に伴い、4日間釣行であったが3日目午後帰還する。
今回の失敗を教訓に再挑戦しかない。

源流イワナ
残雪の影響と思われるエサ不足があって、痩せ身魚体イワナ。
体力回復は夏以降となりそうだ。
釣り上げイワナはすべて再放流する。

装備
かなりの軽量化を図ったつもりであったものの、ザック重量15㎏、更なる節約をしなければパーティー源流釣行は難しい。
結果的には荷物の重さに負けてしまい敗退を生む。
今後、40ℓザックに納まる工夫を取り組む。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-12 20:08 | 渓流釣行記
2011年 07月 04日

1541 源流のイワナ釣り

d0134473_19315452.jpg

源流を釣る。
d0134473_19322526.jpg

d0134473_19324085.jpg

源流、居つきイワナ。
d0134473_19331898.jpg

奥山へ。
d0134473_19334847.jpg

滝を釣る。
d0134473_19341654.jpg

泳ぐイワナ。
d0134473_19344018.jpg

水源イワナを求めて。
d0134473_1935951.jpg

一休み。
d0134473_19353770.jpg

お土産のフキ。

釣り上げイワナはすべて再放流する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-04 19:36 | 渓流釣行記
2011年 01月 29日

1368 源流イワナ釣行

2011年9月 自然遊悠学プログラム 秋のスケジュール

初秋源流イワナ釣りアタック 飯豊連峰編
~大イワナで終わる源流イワナ釣り~
~遥かなる源流イワナとの再会を果たす遡行~

今回の渓魚
源流放流天然イワナ

■開催日 9月2日(金)~3日(土)~4日(日)~5日(月)

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 21:07 | 山釣り教室
2011年 01月 29日

1365  源流イワナ釣行

2011年7月 自然遊悠学プログラム 夏のスケジュール

源流イワナ釣り挑戦 越後山地編
~越後山地が育む秘渓イワナに挑む源流行~
~原始林内でのキャンプ、イワナを釣りながら。放流イワナ師を偲ぶ~

今回の渓魚
天然放流イワナ。

■開催日 7月22日(金)~23日(土)~24日(日)

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 20:03 | 山釣り教室
2011年 01月 29日

1363 イワナの楽園

2011年7月 自然遊悠学プログラム 夏のスケジュール

イワナの王国探訪
~山越え入渓、巨大イワナの楽園を釣る~
~村おこしの成果がイワナ安息地をつくる~

今回の渓魚
天然放流イワナ。

■開催日 7月8日(金)~9日(土)~10日(日)~11日(月)

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 18:27 | 山釣り教室
2011年 01月 29日

1362 源流イワナ釣り釣行

2011年6月 自然遊悠学プログラム 春のスケジュール

源流イワナを求めるキャンプ釣行 奥只見編
~〇〇沢遡行、奥只見山岳ピークを登る~
~イワナ釣りキャンプを重ねながら主峰へアタック~

今回の渓魚
イワナ
今回の現地調達山菜
ウド、ウルイ、シドケ、イラクサ、コシアブラなど

■開催日 6月24日(金)~25日(土)~26日(日)

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-29 17:50 | 山釣り教室
2010年 05月 31日

1067 サンショウウオの棲むイワナたち

遥かなる源流へ
とうとうサンショウウオの産卵シーズンがやってくる。
山地奥山に棲んでいるサンショウウオが、源流の沢に到着、ここで子孫を増やす作業を行う。
今日は際源流イワナ釣りを終えてから、サンショウウオ漁の胴仕掛けを見に行く。
d0134473_16183139.jpg

イワナ止め滝奥地に仕掛けられたサンショウウオ漁の胴。
数日前に仕掛けたらしく、サンショウウオはまだ少ししか入っていない。
d0134473_1621823.jpg

豊かな原生林があり、イワナがいて、サンショウウオも棲んでいられる。
d0134473_16222878.jpg

深山幽谷の主、オスのイワナ。
下あごがしゃくれ上がり、いかつい顔をしている。
d0134473_16242077.jpg

奥山にあるブナ。
原始林の一角を担うブナの森があり、イワナたちを育んでいる。
d0134473_1626150.jpg

落ち込み淵、イワナの住処だ。
d0134473_16273675.jpg

フィッシュオンと同時にイワナがヒット。
1投目、良型イワナに満足、幸先良いイワナ釣りができそうである。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-05-31 17:00 | 渓流釣行記
2010年 05月 29日

1065 リベンジイワナ

一淵、1投目
d0134473_15274451.jpg

数日前、合わせが早く、ハリ掛りの浅さで、イワナを釣り損ねた淵が目の前にある。
今日のイワナ釣り、この淵だけを釣るため、ここにやってきた。
時間の経過で、淵イワナはそのまま淵にいるか、あるいはいないのか。
これから釣れば判明する。
できれば1投目で仕留めたい。
こんな願いでロッドを出す。
d0134473_15351546.jpg

奴はいた。
d0134473_1536820.jpg

1投目でイワナを掛ける。

これで今日のイワナ釣りは終了。
一淵イワナ釣り、こんな釣りもあってよかろう。
上流へ行けば、イワナは釣れるが、同じ行動の一連のイワナ釣りに対して、疑問に思うから、本日の淡白イワナ釣りもあっていいと思う。

釣り上げたイワナを他の釣り人に釣られないように言い聞かせてから、リリースする。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-05-29 15:41 | 渓流釣行記