タグ:山菜狩り ( 17 ) タグの人気記事


2009年 11月 14日

799  自然遊悠学実施総括

2009年度自然遊悠学総括
月めくりカレンダーの枚数が1枚となった。
今日は11月14日。明日15日から全国的に狩猟が解禁となる。
ヤブ山が多々ある下野、会津の山地も一斉に獲物を求めて山狩りが行われる。
「ズドーン」一発発射された砲弾が、ツキノワグマ、ヤマドリ、ウサギ、ニホンジカを襲う。
『殺生は岩魚だけ』こう決めた我が人生だから、私の獣狩りは一切ない。
素人狩猟家による誤射、毎年、当たり前にマスコミから報道されている。
狩猟解禁山入りで、無駄死には避けたい。
まだまだ無限大に山学をやらなければ、自分の生涯を賭ける仕事の大願成就はないのだ。
だから今日で自然遊悠学プログラムは事実上、終了する。

還暦を半ば過ぎ、かなり年をとっている。
それでも、渓のおきな現役75歳宣言をしている。
私は80歳まで、イワナ釣り師として役目を担ってほしいと、渓のおきなに申し上げた。
これまで、606060(ろくまるろくまるろくまる)運動を自分のノルマとした。
60歳まで、60リットルのザックを背負う、60センチのイワナを釣る、こんな目標を持って半生をおくった。
今、人生の折り返しに当たり、606060から、806060運動に切り替えている。
私のイワナ熱は衰えを知らず、未だ20歳台のイワナ情熱を持っている。
渓のおきなも同じことを言っていた。

さて今年の山の幸狩りをみていこう。

イワナ釣り
岩魚5ヵ年計画初年度、目標の渓入りは5割程度、ほとんど目的を達成されることなく終わった。
世の中不景気嵐が、我が自然遊悠学スケジュールをあっとゆうまにのみ込み、半数程度の実施と相成ったことが影響し、遠征釣行を計画倒れにした、経済的理由による。
それでも3本の主要渓流を調査できた喜びはある。
60イワナを釣ることが岩魚浪漫であったのが、36どまり、人跡まれなゴルジュ突破挑戦できなかったからだろう。
2010年、我がイワナ旅50年、記念の年になる。
そこで新たなイワナ旅として、これまでにイワナ移殖放流源流地へのイワナ釣行を決行する決意で望む。
それは老体に鞭打つ過酷な源流遡行になり、新たなイワナ放流を実施するイワナ旅でもあるから、未来のイワナ釣り師へのイワナ自然遺産を我が手でやることにした。
乞うご期待ください。

山菜狩り
山間部積雪量減少が響き、山菜発生の盛り前倒しがあって、一斉山菜発生となってしまい、良質山菜出番、採集時期がずれてしまう。
それは結果的には山菜採集不能となり、山菜を休める年になった。
毎年、同一場所での山菜狩りとなれば、山菜枯渇に陥ることがあるから、そのことを考えれば良かったのだろう。
幻の山菜、ギョウジャニンニク自生地新天地を執念で発見、今年の山菜狩りにおける唯一の朗報となる。
2010年、新天地ギョウジャニンニク自生地候補地があるから、これは確実にものにしたい。

薬酒
サルナシ、マタタビを仕込めた。
念願だったチョウセンゴミシを長野県で採集、幻のチョウセンゴミシ薬酒をつくることができた。
また、きのこの珍種、チョレイマイタケを下野で発見、早速薬酒にして、植野稔薬酒コレクションの輝かしい1ページを飾る。
2010年、幻の薬酒づくり、あと1個。未だ挑戦は継続する。

きのこ狩り
8月のチタケ(チチタケ)、9月のマイタケ、10月のマツタケ、ホンシメジ、コウタケ(シシタケ)いずれも不作。
山入りしても、毒きのこすら発生しない凶作年が今年のきのこ事情だ。
当てにしたきのこが出ていないので、現金収入が半減、自然遊悠学運営に支障をきたす結果に、改めて自然が恵んでくれる、山の幸狩りの不安定さに一喜一憂した。
いまどき大量の雨が今降っているが、もっと早いきのこ時期に降ってもらいたかった。
2010年、平年並みの雪、平年並みの雨、平年並みの晴れ間がバランスよく安定した天候を願うばかりである。
きのこ最終章、ナメコ狩り、何とか平年並みの収獲があり、来年に向けた希望のきのこ狩りで今年は終わった。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-14 15:28 | 自然遊悠学
2009年 06月 13日

640 奥山の山菜摘みツアー

標高1500メートルでの山菜狩り
奥山編、山菜摘み
2009年6月13日(土)AM07:00~PM15:00実施
場所 自然遊悠学選抜山菜場

■概要
標高の高いブナ帯に入山、森林浴を浴びながら深呼吸、鮮度のよい酸素を吸いながら山岳部をトレッキング。
山菜場で旬の山菜を摘みました。

■今回のツアーポイント
思い切り深呼吸、ストレス解消
ブナの恵み、フィットンチッドを体験。
心身ともにリフレッシュする。

旬の奥山山菜摘み
ウド、イヌドウナ、ネマガリタケなどの山菜を収穫できた。

■実施スケジュール
07:00 自然遊悠学の家、集合。自己紹介。
07:10 出発。
08:45 林道終点の山菜場、着。
09:00 山菜トレッキング開始。
09;10 タラの芽、アザミ、ミヤマヨモギ発見採集。
09:20 ウド採集。
d0134473_16275872.jpg

奥山だけに自生する、ヤマソテツ。
山菜珍味料理が仕込める。
d0134473_16302770.jpg

渓斜面の山菜場でウルイを摘む。
d0134473_16321434.jpg

おなじみの山菜、イヌドウナ。
d0134473_16334139.jpg

丁度食べごろのウド。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-06-13 16:57 | 自然遊悠学レポート
2009年 06月 12日

639 ブナからの恵み

奥山が育む山菜
暖冬、少雪、少雨、当たり前の季節における山事情は最近目立つように異なってきた。
北海道を除く日本列島に梅雨入り宣言が気象庁から発表されている。
しかし、今日は晴れている。
半月ぐらい季節が先行しているようで、本日のブナ帯における奥山山菜摘みに影響を与えている。
私の山菜狩りメモ帳によれば、今日の山菜狩りは旬の山の幸をいただける日になっている。
けれども目指す奥山に残雪は少なく、山菜はすでに生長している予感が、渓入り口の自生山菜から判断できる。
d0134473_14404511.jpg

ブナ帯の奥山山菜を求めて、渓を歩く。
d0134473_14421060.jpg

渓際にフキがある。
d0134473_14442717.jpg

フキのある渓歩きは楽しい。
d0134473_14463883.jpg

トチ、サワグルミ、ブナ、原生林の森トレッキングとなる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-06-12 15:17 | 山菜教室
2009年 06月 07日

632 新しい山菜フィールド

新天地の山菜場を探る
当たり前であるが、山菜自生地に発生している山の幸における異常といえる略奪は林道開発における、山菜場アプローチが短縮された現在、有望山菜の減少は我が目を疑ってしまうくらい、毎年その数を減らしている。
山菜教室における参加者へのマナーとして、自生地保護を心がけている。
例えば、5本あるウドを摘む場合、3本までとして、山菜を残らず採集することは控えている。
ところが、私たちの後発パーティーが我々が残した山菜をすべて持ち去ってしまった現場をたびたび確認している。
このような山菜現場はどこの山菜場でも同じ現象が続いている。
今日、新しい山菜フィールドを拡大するため単独で山菜を発見するトレッキングを行った。
5時出発したおかげで、他の山菜マニアはいなかった。
予定の駐車場へマイカーを置いて出発。
帰路、3名、2名の山菜狩りの人とすれ違った。
駐車スペースには3台のマイカーがあり、すべて山菜摘みの人たちの車に違いない。
うんざりしながらマイカーを下山させた。
すると林道脇の空きスペースにマイカーが合計8台、すべて山菜摘みの車だろう。
このペースで山菜を持ち去ってしまえば、数年後には山菜が枯渇してしまう。

自然遊悠学では山菜場への入山の場合、1年に1回を原則にしている。
それでも確実に同一山菜場は山の幸が減少の一途を辿っている。
もはや1年に1回では入山が過多となるとの危機感から、今日は新しい山菜場をみつけることにした。
d0134473_16461859.jpg

新天地、山菜場の山々を望む。
付近はブナ、ミズナラ、サワグルミ、トチ、サワラ、シラビソの原生林帯である。
d0134473_16501166.jpg

ミヤマイラクサが生長していた。
d0134473_16514938.jpg

奥山の山菜、ヤマコゴミ。
かなり水源まで自生地を拡大している。
和え物に仕上げれば絶品である。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-06-07 13:55 | 自然遊悠学
2009年 05月 31日

625 イワナ釣り&山菜摘み

1年ぶりの再会、浜ちゃんとの奥山キャンプ
クライマーの浜ちゃんと再会。
「イワナ&山菜を同時に楽しみたい」
こんなご希望を適えられる奥山ツアーを計画、実施した。

イワナ&山菜トレッキング奥山編
2009年5月30日(土)AM5;20~31日(日)PM1:00実施
場所 自然遊悠学特選フィールド

■概要
残雪ある奥山渓流イワナ釣り、同時に渓谷沿いの山菜を摘み賞味しました。
1日目は収穫山菜をつまみながら、イワナ談義。クライマーの浜ちゃんの語る、最新クライミング談義を楽しむ。
イワナ釣りが終えれば、待望の焚き火をテン場で満喫する。
2日目は奥山の山菜狩りに挑戦する。
自然観察、2日間、ブナ情報、野鳥観察ができた。

■今回のツアーポイント
イワナ釣り
奥山に棲むイワナ釣り、雪シロが入りアタリはほとんどなかった。
昨年の実績があるイワナ渓ながら、時期尚早のようでした。

山菜摘み
お目当ての奥山山菜を収穫できた。

自然観察
野鳥ウオッチング、今年は豊作? ブナの実を発見観察できた。

焚き火
キャンプではお決まりの焚き火を囲みながら、山談義が面白かった。

森林浴
黒木、ブナ。サワグルミ、ダケカンバの森に侵入、その真っ只中で、深呼吸する。
心身ともにリフレッシュできた。

■実施スケジュール
2009年5月30日(土) 天気 曇り時々雨
05:20 自然遊悠学の家、集合。
05;30 自然遊悠学、山菜、イワナ、フィールドへ出発。
07:40 イワナ場、着。
d0134473_2071325.jpg

夢山語りの舞台、それは残雪のある奥山である。
d0134473_20101618.jpg

イワナ場へ向かう山道を歩く。
d0134473_2013214.jpg

現役クライマーである浜ちゃん、20年のキャリアを持つフライフィシャーマンでもある。早速、フライフィッシング開始の試し釣り。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-31 21:20 | 自然遊悠学レポート
2009年 05月 26日

619 ワラビ狩り

ワラビを保存する
午後から時間が空いたので、行きつけの山菜場へ、ワラビ摘みをやる。
d0134473_18101091.jpg

イヌドウナが出ていた。
d0134473_18113914.jpg

小一時間歩けば、ワラビ自生地となる。
d0134473_18132513.jpg

ワラビは丁度収穫時期だ。
ありがたく摘む。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-26 18:19 | 山の幸料理
2009年 05月 23日

616 山菜狩り

奥山の山菜摘み
d0134473_1763270.jpg

裏日光連邦の懐に山菜を求める、今日のコースである。
d0134473_1782182.jpg

スパイク地下足袋を装着して出発する。
d0134473_17102389.jpg

今日の山菜場は遥か遠く、稜線の直下である。
d0134473_17123233.jpg

廃道の林道を歩き、山菜場へ。
d0134473_1714035.jpg

渓斜面を登り、良質の山菜を摘む。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-23 17:39 | 山菜教室
2009年 05月 21日

614 山菜トレッキング

旬の山菜摘み
旬の山菜を求めて、遊悠学フィールドを歩く
2009年5月21日(木)AM7:00~PM1:30実施
場所 自然遊悠学、山菜場

■概要
自然が与えてくれる山の幸を摘み、ブナ新緑帯でフィットンチッドを体験しました。

■今回のツアーポイント
山菜摘み
奥山編、山菜が旬を迎えている、第一ポイントでウド、ウルイ、タラの芽、シドケ。
第二ポイントで、ミヤマイラクサ、タラの芽を採集する。
森林浴
新緑ブナを眺めながら、新鮮な酸素を腹いっぱい吸い込む。

フィットンチッド効果で、ストレスを発散させた。

■実施スケジュール
2009年5月21日(木) 天気 晴れ
07:00 自然遊悠学の家、集合。
07:10 山菜場へ。
08:15 トレッキング開始。
d0134473_14221233.jpg

ウド、山菜料理の優等生だ。
d0134473_14245150.jpg

ウドは太目が美味い。
皮のキンピラ、新芽の天ぷら、茎の味噌炒め、根元の生食。
どんな料理にもあいます。
d0134473_14274747.jpg

第一ポイントはウルイが本命、早速採集にかかる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-21 14:15 | 自然遊悠学レポート
2009年 05月 19日

612 山菜プロ同行記

山の幸で一家を養う、山菜プロ
d0134473_17141886.jpg

78歳ながら足取りは軽い、遠山氏。
d0134473_17164212.jpg

奥山山菜場だから、山麓ではすでに終了している、コゴミが出ていた。
d0134473_17194279.jpg

シドケ、キド味ながら奥山ムードを楽しめる山菜である。
d0134473_17221352.jpg

沢を厳冬まで突き上げ、稜線に到着。
ブナ、サワグルミ、トチ、ダケカンバの原生林中を歩く。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-19 17:40 | 山菜教室
2009年 05月 17日

608 山菜トレッキング

自然発生の山菜を摘む
本番を迎えた旬の山菜狩りを楽しむ
2009年5月17日(日) AM9:00~PM3:30実施
場所 自然遊悠学選抜山菜フィールド

■概要
春らしい山菜を見つけながら、新緑のブナ、ミズナラ林で森林浴を満喫する。

■今回のツアーポイント
旬の山菜狩り
ブナ、ミズナラの森に潜入、そこに自生している山菜を摘む
森林浴でリフレッシュ
ブナ若葉の発生する、フィットンチド。
思い切り深呼吸すれば、ストレス解消に効果的である。

■実施スケジュール
09:00 中三依温泉駅、集合。自己紹介。
09:10 レンタル長靴手配。山菜場へ。
10;10 自然遊悠学山菜場、到着。山菜トレッキング開始。
d0134473_16243358.jpg

ヨブズマソウ発見、採集。
d0134473_16255736.jpg

シドケを見つける。
d0134473_16273893.jpg

ウルイが群生した場所に興奮する。
d0134473_16292510.jpg

ヤマコゴミ、個体数が少ない幻の山菜である。
13:20 山菜狩り、終了。下山。
14:10 自然遊悠学の家、着。
14:20 クレソン、セリを摘む。
14:30 遅い昼食を食べながら、山菜レシピを学ぶ。
d0134473_16305794.jpg

本日採集した山菜。
ウド、コゴミ、ハンゴンソウ、ヨムギ、ヤマブドウの新芽、アサツキ、シドケ、アザミ、ヤマコゴミ、ヨブズマソウ、サンショウ、セリ、クレソン,タラの芽、ハリギリ。
15:00 反省会、コーヒータイム。
15:30 山菜ツアー終了、解散。

自然遊悠学からのお土産
ミヤマイラクサ、ギョウジャニンニク醤油保存漬け、キャラブキ保存食、天然イワナ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-17 16:43 | 自然遊悠学レポート