タグ:ハナイグチ狩り ( 8 ) タグの人気記事


2010年 03月 16日

957 ホンシメジ・コウタケ・ハナイグチ狩りツアー

2010年10月自然遊悠学プログラム、秋のスケジュール
ホンシメジをめがけてアカマツ林トレッキング
~秋の味覚、ホンシメジ狩り~
~香りのコウタケ狩り、雑木林を歩く~
~カラマツ林でのハナイグチ狩り~

開催日  10月9日(土)~10日(日)~11日(月) 3日間 
d0134473_935284.jpg

d0134473_943056.jpg

d0134473_95871.jpg


More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-03-16 09:20 | きのこ教室
2009年 09月 29日

761 きのこ狩り

ハナイグチ狩り
前日きのこ狩りのキャンセルがあったが、今日予定しているハナイグチ狩りに出かける。
先週、下流のきのこ狩りで、ハナイグチをものにしているから、今日はその上流できのこ狩りを実施する。

d0134473_15362356.jpg

カラマツ植林地にイグチ類は出る。
d0134473_15375235.jpg

シロの強いきのこ場における、ハナイグチはしばし群生する。
d0134473_1539109.jpg

やや盛りを過ぎたハナイグチ。
このぐらいであれば食べられる。
d0134473_15403832.jpg

ハナイグチ同様、カラマツ林に出る、キノボリイグチ。
ハナイグチより味は劣るものの、食菌である。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-29 15:46 | きのこ研究
2008年 10月 19日

386 アカマツ尾根を目指すきのこ狩り

マツタケを採る
d0134473_1572815.jpg

1000メートル級の尾根に紅葉前線がやってきた。
深まる秋、きのこ狩りはこれから本格的に展開する。
d0134473_15102335.jpg

カラマツ林は落葉が始まった。
d0134473_15115387.jpg

切り株にクリタケが出ていた。
d0134473_1513583.jpg

カラマツ林の華、ハナイグチ。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-19 15:36 | きのこ研究
2008年 10月 17日

383 シモフリシメジ狩り

深まる秋、きのこ狩り
マツタケ、ホンシメジ2大里きのこはほぼ終了してしまったが、これから盛りとなるシモフリシメジは旬を迎える。
d0134473_15173521.jpg

今年は早いスタートとなった、シモフリシメジ。
良質なきのこ出汁が期待できる。
d0134473_15201319.jpg

シモフリシメジ狩りはアカマツのある尾根を中心に探す。
d0134473_15221587.jpg

高級きのこ入りしたシモフリシメジ。
きのこを手にする喜びがある。
d0134473_15244293.jpg

我輩は今生きている瞬間が、きのこ狩りにおける一時だ。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-17 16:00 | きのこ研究
2008年 10月 15日

380 マツタケ下見&ハナイグチ狩り

アカマツ林からカラマツ林へ
6度目のマツタケ下見に行く。
地元のマツタケ3代目から、我輩にバトンタッチされたマツタケ場ではあるけれど、一向にマツタケは出てくれない。
秋に入って、少雨の影響でマツタケ殿は今日も機嫌が悪い。
今年で5年、マツタケは不作が続いている。
d0134473_1439359.jpg

アカマツ主体の雑木林、ここが4代目となった我輩のマツタケシロだ。
d0134473_14411496.jpg

早出のシモフリシメジ。
d0134473_14423384.jpg

地上から6メートル、樹幹にヤマブシタケがついていた。
残念ながら採集はできない。
d0134473_14442470.jpg

カエデの紅葉が始まった。
d0134473_14474643.jpg

マツタケにとって理想的なアカマツ林ではあるけれど、自然条件が合わなければ、マツタケ姫様は現れない。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-15 15:04
2008年 10月 13日

377 秋きのこ狩りツアー3日目

きのこ狩り3日目は雑木林探索
きのこ狩りツアー最終日、我輩の隠しきのこ場へ案内する。
08:10 自然遊悠学の家、出発。
08:55 雑木林入り口、着。
09:15 きのこ場での探索開始。
d0134473_16174061.jpg

コウタケ発見。
d0134473_16191072.jpg

初のコウタケ採集、嬉しさがこみ上げてくる。
d0134473_16205148.jpg

ホンシメジ。
1株あった。
d0134473_16221993.jpg

初物のホンシメジ。
おめでとう。
d0134473_16241281.jpg


More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-13 16:38 | 自然遊悠学レポート
2008年 10月 03日

365 ハナイグチ狩り

イグチを採る
北海道に住んでいたことのある、きのこ好きの人がやってきたので、それであれば、イグチのある山へ案内することにした。
道内ではイグチを珍重する傾向にあり、今から始まったイグチ狩りが良かろうとの相談がまとまった。
現在、イグチが出ている山へ向かうことになるが、中三依山麓にイグチの姿はない。
そこで我輩しか知らない、イグチ山をすでに掌握済みゆえ、イグチファンに応えることにしたのである。
まず雑木山、アカマツのあるコナラ林へ。
d0134473_15243140.jpg

三杯酢で戴けば酒のつまみになる、、ハナビラニカワダケ。
d0134473_1527468.jpg

アカマツを好んで共生している、ヌメリイグチ。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-03 15:47 | きのこ研究
2008年 09月 25日

347 マイタケ狩り

マイタケを主とするラストのきのこ狩り
絶不調のマイタケ狩りは本日で終了させる。
以降は雑きのことマツタケを主とするきのこ狩りに切り替える。
今年のマイタケ狩りは最悪で、平年のマイタケ収穫量を大幅に下回り、マイタケにしがみついていては、以降のきのこ狩りに差し支えてしまう。
d0134473_1763999.jpg

マイタケの発生するミズナラはあるけれど、マイタケ場に日参しているマニアによって、大方のマイタケはすでに捕獲されてしまっている。
入会権のないよそ者に、山の幸を徹底的に奪われることに対して、先手を打ちたいが、良作はなかなか見つからない。
d0134473_17131699.jpg

先行者の見逃す、尾根末端、地タケの繁る中に、かろうじてマイタケを発見するる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-09-25 17:44 | きのこ研究