タグ:スノーシュー ( 22 ) タグの人気記事


2012年 01月 25日

1790 しぶき氷

自然遊悠学の家、室内温度ー6度、外気温ー12度、今年最低気温を差す、寒い日となる。
そこで野外に出て、渓流氷を見に行く。
d0134473_1732649.jpg

渓流をスノーシュートレッキング。
d0134473_1741825.jpg

雪綿帽子を被る渓流。
d0134473_1751587.jpg

ツララ、地上に届く。
d0134473_1761040.jpg

発達する氷。
d0134473_1764077.jpg

寒冷洞窟と同じ氷。
d0134473_1774658.jpg

極度の冷えないと見られない氷の塊。
d0134473_178415.jpg

しぶきがまとわりつく。
d0134473_1793948.jpg

渓流は凍ってしまう。
d0134473_17101839.jpg

静寂なる淵。
d0134473_17105139.jpg

しぶき氷。
d0134473_17112119.jpg

落下するしぶきで渓流は寒く感じられる。
d0134473_17125667.jpg

d0134473_17131159.jpg

d0134473_17133133.jpg

d0134473_17134764.jpg

しぶき氷の渓流淵。

d0134473_1714369.jpg

これから歩ける稜線。
d0134473_17151832.jpg

一人マタギと出会う。

寒波襲来、いよいよ本格的冬がやってくる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-25 17:17 | 下野・会津だより
2012年 01月 24日

1789 蔓性植物

d0134473_1754918.jpg

午後から晴れた、スノーシュー開始。
d0134473_1833097.jpg

風紋。
d0134473_1841020.jpg

雪面が締まりスノーシューは沈まない。
d0134473_185945.jpg

夏になればヤブ斜面となるが、積雪で藪はなくなるから今時のトレッキングに適している。
d0134473_1872694.jpg

獣あとを辿ればイノシシの仕業穴。
d0134473_1885835.jpg

蔓性植物ヤマフジ、回転しながら茎は生長する。
d0134473_18104813.jpg

蔓植物生育地を歩く。
d0134473_18113296.jpg

蔓締め付けそれは強力である。
d0134473_18125990.jpg

蔓に巻き疲れてしまえば樹木はたまったものでない。
d0134473_18134957.jpg

落葉しない蔓植物もある。
d0134473_18142889.jpg

かつて日本経済を担ったクワ林。
現在その役目は終り放置された。
蔓に覆われてしまう。
d0134473_18163114.jpg

クワはやがて蔓に負けて枯死、その馴れの果てにクズにのっとられる。
d0134473_1819844.jpg

蔓の天敵、シカに皮を食われてしまう。
こうなっては蔓は枯れてしまう。
d0134473_1821344.jpg

フジツル、かなり太く生長する。
d0134473_1821503.jpg

樹齢100年樹であっても巨大蔓にまとわりつけられれば、やがて樹は枯れる運命にある。
d0134473_18241556.jpg

休憩に役立つ蔓。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-24 18:25 | 下野・会津だより
2012年 01月 17日

1782 渓流ウオッチング

d0134473_17462191.jpg

ダイナミックに流下する奔流。
d0134473_17483796.jpg

渓魚越冬淵。
d0134473_1749775.jpg

渓流沿いをスノーシュートレッキング。
動物足跡がある。
d0134473_17503584.jpg

落葉溜まる長淵。
d0134473_17511291.jpg

深くえぐれる大淵。
d0134473_17514625.jpg

柔らかい雪に難儀する。
d0134473_17522697.jpg

ぶつかり淵。
d0134473_17525898.jpg

落ち込み淵。
d0134473_17532382.jpg

渓流ゴーロに現れる綿帽子雪。
d0134473_1756024.jpg

まもなく開花するネコヤナギ。
d0134473_17564742.jpg

今日の折り返し地点淵。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-17 17:59 | 下野・会津だより
2012年 01月 16日

1781 スノーシュー

d0134473_17281790.jpg

スノーシュー開始。
d0134473_17284882.jpg

イノシシの足跡を辿る。
d0134473_17291836.jpg

クズの根をあさった跡。
d0134473_1730966.jpg

今だから歩けるヤブ山。
d0134473_17305677.jpg

しか足跡、これはどこでもある。
d0134473_17313219.jpg

イタチ足跡。
d0134473_17315774.jpg

まだあった木の実。
d0134473_1732268.jpg

渓流、穏やかに流れている。
d0134473_1733927.jpg

ツタウルシ、雪面に落下している。

夏であればヤブに覆われているが、今は積雪があってスノーシューは勝手放題にできるから嬉しい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-16 17:36 | 下野・会津だより
2012年 01月 13日

1778 渓流スノーシュー

d0134473_17175690.jpg

人は誰でも二面性を持つ、今日、やる気のある自分がここにある。
d0134473_17194770.jpg

雪面は新雪でスノーシューでもかなりつらいラッセルとなる。
d0134473_1721556.jpg

渓流を育む巨木。
d0134473_17214743.jpg

ゴルジュ入り口。
d0134473_17222431.jpg

長淵、寒さで凍りつく。
d0134473_17232893.jpg

d0134473_17234278.jpg

d0134473_17235379.jpg

ゴルジュ帯。
d0134473_17244028.jpg

d0134473_17251423.jpg

渓流沿いをスノーシュートレッキング。
d0134473_1726079.jpg

ゴルジュ出口は開ける。
d0134473_17263260.jpg

冬渓流風景。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-13 17:27 | 下野・会津だより
2012年 01月 11日

1776 スノーシュー

d0134473_17131911.jpg

今日も元気にスノーシュートレッキング。
d0134473_1714229.jpg

三依のシンボル「太郎桜」。
春が待ち遠しい。
d0134473_17161084.jpg

ニホンリス足跡。
d0134473_17164514.jpg

主幹は枯れてしまったクワ。
d0134473_17175514.jpg

男鹿川沿いに歩く。
d0134473_17182087.jpg

冬の男鹿川本流。
d0134473_17184638.jpg

ニホンカモシカ足跡。

自由に歩くことができるスノーシュー。
今日は雑木林をトレッキング。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-11 17:20 | 下野・会津だより
2012年 01月 09日

1774 スノーシュー

d0134473_1724437.jpg

晴れ間を利用してスノーシュー。
d0134473_17263981.jpg

タヌキ足跡。
d0134473_17275082.jpg

動物の足跡だらけ湿生園。
d0134473_17323633.jpg

早朝だけ見られる雪花。
d0134473_17332414.jpg

イタチ足跡。
d0134473_17335182.jpg

ウサギ足跡。
d0134473_17341544.jpg

シカ足跡。
d0134473_17344995.jpg

テンの糞。
d0134473_17362317.jpg

春を待つ蟷螂の巣。
d0134473_17365833.jpg

キツネ足跡。

来たるイワナ釣りのためトレーニング中。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-09 17:38 | 下野・会津だより
2011年 12月 29日

1763 渓流スノーシュー

d0134473_15442221.jpg

今日のスノーシュー渓流コース。
d0134473_15462537.jpg

積雪ゴルジュ。
d0134473_15472651.jpg

イワナ越冬場、大淵。
d0134473_15475679.jpg

L字状に曲がる渓流。
d0134473_15491067.jpg

夕日を浴びる。
d0134473_15493946.jpg

活動するニホンカモシカ。
d0134473_15501197.jpg

新雪なのでスノーシューは沈んでしまう。
d0134473_15505435.jpg

ブナ、コナラが渓流を育む。
d0134473_15512768.jpg

イノシシ餌を探す。
d0134473_15521460.jpg

渓魚の越冬場。
d0134473_15525430.jpg

なるべく渓流沿いを歩く。
d0134473_15533469.jpg

渓流紋様、冬。
d0134473_15541814.jpg

渓流を歩くも、スノーシューは団子になり歩きにくい。
d0134473_15553557.jpg

急激な冷え込みがあって渓は綿帽子だ。
d0134473_1557285.jpg

雪で埋まる渓流。
d0134473_15574490.jpg

もう一人の自分、これがなかなか厄介。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-12-29 15:58 | 下野・会津だより
2011年 02月 10日

1391 アカマツ尾根へ

d0134473_1559275.jpg

芝草山山麓にあるアカマツ尾根へ。
d0134473_1603067.jpg

ウソの番を発見する。
d0134473_1613138.jpg

スノーシューシーズンがやってきた。
雪面は硬く、さほど沈まない。
d0134473_1631993.jpg

今日の目的地、アカマツ尾根に到着。

帰路は往路を戻る。

明日から天気は下り坂、現在さほど積雪はないから、明日からの豪雪を期待したい。
現在の積雪量では雪不足、まだまだ雪は降ってほしい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-02-10 16:07 | 身辺雑記
2011年 02月 08日

1389 芝草山山麓スノーシュー

d0134473_14504437.jpg

早朝の冷え込みで雪面は固い。
d0134473_14534662.jpg

コナラ林を歩く。
d0134473_14542885.jpg

スノーシューのビンヂングを上げて斜面トラバース。
d0134473_14565290.jpg

芝草山山麓はコナラが多い。
d0134473_1459665.jpg

ひこばえで生長するコナラ。
d0134473_15004.jpg

コナラ林床にあるヤマツツジ。
d0134473_1513615.jpg

夏葉で越冬するヤマツツジ。
d0134473_15362.jpg

ニホンリスの足跡。
d0134473_1543573.jpg

遊悠学グッズのザック。
d0134473_1554694.jpg

芝草山、太郎岳が見える。
d0134473_1565075.jpg

快適に歩けるスノーシュー。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-02-08 15:11 | 登山