<   2011年 09月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2011年 09月 30日

1666 きのこ狩り

d0134473_16122717.jpg
早朝、きのこ友人が立ち寄り、15年間きのこ狩りを実施している山へ案内してもらう。
d0134473_1614230.jpg

センボンシメジ。
d0134473_16144182.jpg

シャカシメジらしいセンボンシメジの幼菌。
d0134473_1616789.jpg

流れセンボンシメジ。
d0134473_16164862.jpg

ホウキタケ、久しぶりに見た。

夏から晩秋まで、様々なきのこたちに出会えるアカマツ混じりの雑木林きのこ場を見せてもらった。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-30 16:20 | きのこ研究
2011年 09月 29日

1665 きのこ狩り

マイタケ2連敗、今日は目先を変えて会津へ。
午前中マイタケ探し、午後からマツタケ、ホンシメジ下見をする。
d0134473_17463815.jpg

尾根とり付きまでの沢であるが、渓相一変、ただに小沢が深い沢に変身していることに、驚きを隠せない。
今夏における集中豪雨及び台風被害がこのような結果を生んだ。
d0134473_17502215.jpg

渓荒れはかなりのダメージを受けたことに対して、原生林内ミズナラ林は健在だ。
d0134473_1752187.jpg

7キロマイタケ収獲ミズナラ、今年はまだ出ていない。
d0134473_17531959.jpg

帰路に見つけたマイタケではあるが、流れている。

d0134473_17543091.jpg

午後マツタケ山へ。
異常乾燥中、きのこ類は全くなし。
d0134473_17563945.jpg

ホンシメジ斜面、ここもきのこ発生はない。

現在、雨待つ状態だ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-29 17:58 | きのこの保存
2011年 09月 28日

1664 ミヤマミツバオウレンを求めて

古老曰く「岩場下にある」。
幻の薬草といわれている、ミヤマミツバオウレンのありかを教えてくれた古老はすでに先年他界、古老との約束を果たせないまま、かなりの歳月を費やしている。
標高1300メートルに岩場があり、今日はそこへマイタケ狩りを兼ねて挑戦する。
d0134473_17395215.jpg

朝食は古い友人からいただいた生サンマだ。
d0134473_17412689.jpg

サンマは脂がのっていて美味い。
肉と骨がすんなりはがれ新鮮な証拠。
d0134473_1743023.jpg

昼のおにぎり、シイタケ昆布とキュウリ醤油漬け。
d0134473_17442027.jpg

沢を詰めればブナはやしとなる。
d0134473_17451643.jpg

ミズナラが出てくる。
d0134473_1746164.jpg

目的地は稜線下の岩場。
d0134473_17465418.jpg

ブナ斜面を直上。
d0134473_17475033.jpg

まもなく岩場にいける。
d0134473_17483943.jpg

岩場に着く。
d0134473_17492786.jpg

岩壁は長く続いている。

丹念に探すもミヤマミツバオウレンはない。

d0134473_1750796.jpg

帰路はサワグルミ、トチノキの斜面を下る。

合計8時間歩行にもかかわらず、薬草はなかった。
次回は岩場上に行ってみたい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-28 17:51 | 果実酒・薬酒づくり
2011年 09月 27日

1663 差し入れ

d0134473_1520255.jpg

古い友人から食料物資をいただきました。
これがあればしばらく生きていけそうです。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-27 15:21 | 身辺雑記
2011年 09月 26日

1662 マイタケの贈り物

d0134473_17133667.jpg

15キロのマイタケは前回同様、自然遊悠学ご支援各位に、着払い宅急便で贈りました。
檀家様、天然マイタケをご賞味ください。

山の物は気前よく早期に食べてこそ、美味いものです。

欲張って抱え込むより、自然遊悠学関係者の顔を想い出しながら山に行けば、再び山神様からの恵みは彼方から自分の方へやってくるものです。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-26 17:22 | 身辺雑記
2011年 09月 26日

1661 マイタケ狩り

d0134473_16413793.jpg

スギ林を抜ける。
d0134473_16423624.jpg

ミズナラが出てくる。
d0134473_16431985.jpg

ミズナラ巨木にマイタケナシ。
d0134473_1643503.jpg

昨年マイタケを発生させたミズナラ、今年は休んでいる。

午前中用事があり午後には来客、1時30分から山へ。
今日は空振りに終わる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-26 16:47 | きのこ研究
2011年 09月 26日

1660 マイタケでスタミナアップ

d0134473_1631143.jpg

今日の朝ごはん。
マイタケ炒め
材料
マイタケ
キャベツ
ピー-マン
野菜ミックス(冷凍品)
魚貝(冷凍品)
豚肉
調味料
キャノーラ油か、ごま油
日本酒


材料をそろえてから、一気に炒める。
素材を活かすには塩味が一番。

マイタケ出汁が活きている一品です。
出来上がり寸前ニマイタケを入れれば出来上がり。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-26 16:39 | 山の幸料理
2011年 09月 25日

1659 奥山マイタケ狩り

無精ひげを剃り落とし、洗濯したての我が出で立ち。
整形美容は時間切れ、久しぶりで顔を洗い、歯を磨いていざ出陣。
マイタケ姫は綺麗好きと聞いているから、今できる精一杯の努力をする。
本日は長丁場の奥山マイタケ狩りであるから、気合を入れて出かける。
d0134473_16542373.jpg
沢沿いの山道を歩く。
d0134473_16561685.jpg

源流の滝を確認。
d0134473_16575710.jpg

自分の中にいるもう一人の自分。
影武者のようにあれこれ指図すから大変だ。
d0134473_16593094.jpg

源流の沢を詰める。
d0134473_170236.jpg

ゴヨウマツに絡んでいるキノボリイグチ。
d0134473_1711382.jpg

沢からツメの尾根を登る。
d0134473_1714392.jpg

稜線直下岩尾根のミズナラ。
d0134473_1725766.jpg

稜線着、尾根はシャクナゲのジャングルでまともに歩けない。
d0134473_1754454.jpg

原生林の尾根歩き。
d0134473_176351.jpg

ミズナラ巨木にマイタケナシ。
d0134473_1771447.jpg

左の急斜面からツキノワグマが駆けあっがて来る。
距離は5m、私目掛けて突進。
杖棒で身構える。
そのまま体当たりされ1回転。
d0134473_17101432.jpg

クマさんはそのまま雑木斜面を駆け下りて逃げる。

空背負い籠がクッションとなり一安心。

d0134473_17125613.jpg

クマ騒動は終り、振り返れば越えてきた主峰が見える。
d0134473_17141816.jpg

ミズナラに出ていたマスタケ。
d0134473_1715071.jpg

マイタケ発見。
d0134473_17154359.jpg

ラストミズナラ、15キロある。
d0134473_17163058.jpg

上下左右マイタケの収獲。

本日身なりをそれなりに整えていたから、マイタケ姫は微笑んでくれた。
クマに体当たりされて大当たり、、マイタケも大当たり、今秋、最高のマイタケ狩りであった。

これからのクマ対策、それはありません。
普通に自然体できのこ狩りをやるだけです。
ただ今年のブナの実、大豊作です。
冬眠までブナの実漁りクマが多くいます。
かかってきたらそのとき考えることとする。
これから最奥のマイタケ狩りに挑戦する。
そこはクマの楽園であり、ブナの実を食っているクマ写真を撮ってみたいです。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-25 17:19 | きのこ研究
2011年 09月 24日

1658 マイタケ狩り

d0134473_16432215.jpg
マイタケ山へのルートは沢を登る方法しかない。
d0134473_16442076.jpg

2時間かけて原生林入り口に着く。
d0134473_1645547.jpg

ここからミズナラ巡行が始まる。
d0134473_16461131.jpg

マイタケ第一ポイントは3日前に入山者あり、やむを得ず、尾根越えでとなりの沢へ移動する。
d0134473_1648145.jpg

マスタケ発見。
d0134473_16482422.jpg

カモシカ君が出迎えてくれる。
d0134473_16485977.jpg

昼間でマイタケナシ、午後から上部へ移動するとマイタケがある。
d0134473_16495826.jpg

2キロクラスのマイタケ。
マイタケ傘全開、食べごろです。

今日もマイタケにありつくことができた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-24 16:51 | きのこ研究
2011年 09月 23日

1657 マイタケ狩り

d0134473_17542434.jpg

針葉樹のヤセ尾根を登る。
d0134473_17551675.jpg

チチタケ、こんな奥山に出ている。
d0134473_1756057.jpg

マツタケの発生する斜面を点検。
d0134473_17564131.jpg

奥山らしいゴヨウマツの尾根。
d0134473_17571722.jpg

ミズナラの根元を丹念に点検。
d0134473_17592472.jpg

マイタケ尾根を望む。
d0134473_180675.jpg

尾根を下降し沢を登る。
d0134473_1812176.jpg

斜面のミズナラ。
d0134473_1815825.jpg

ブナ、ミズナラ稜線を歩く。
d0134473_1831629.jpg

マイタケの華。
d0134473_1835295.jpg

こんな幸運に恵まれることがある。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-23 18:05 | きのこ研究