<   2010年 02月 ( 30 )   > この月の画像一覧


2010年 02月 28日

925 イワナ飼育

天然イワナを殖やす試み
d0134473_15535241.jpg

荒川水系、入川、大洞川、滝川といえば、イワナ釣り入門の際、足繁く通った渓谷だ。
当時、渓流沿いにトロッコ列車が走り、荷物代わりに台車に乗せてもらい、イワナ場までのアプローチを短縮、トロッコ列車終点から、奥山へ向かい、奥秩父イワナを求め、荒川の渓谷を釣行、原全教「奥秩父」、武田久吉「渓谷」、清水武甲「秩父」などの山岳名著を読みあさり、一喜一憂しながら山先達の足跡を追い求めた。
特に、原全教の奥秩父Ⅰ・Ⅱにおける荒川水系源源流域を完全網羅していて、拙者の単独源流イワナ調査に対し、バイブルみたいな本となり、大いに釣行参考資料として欠かせない存在であった。
当然、荒川水系イワナ調査手引書が拙者側にあり、名だたる渓谷探訪が終了した。
若かりし頃の奥秩父こそ、拙者の岩魚原点があり、しばらく奥秩父イワナとの戯れを愉しんだ。
その後、奥秩父における自然環境破壊(森林伐採)からの影響で、先達者から愛されていた、名渓谷が土砂に埋まり、一部を残して、渓谷は消滅してしまう。

かつての奥秩父渓流消滅に伴い、拙者の出で立ちは奥秩父から消えたのである。
およそ30年余の歳月が過ぎようとしている

それからの奥秩父渓流は知らない。

2009年11月、第2回岩魚サミットが只見で開催され、その時、奥秩父をホームグランドとしている、荒川水系渓流保存会の某氏が拙者主催の岩魚サミットに参加され、イワナ移殖放流に関して貴重なご意見を頂戴した。
聞けばイワナ親魚の確保、採卵ん受精、孵化、成魚イワナ飼育、拙者の岩魚観と相通じる部分があって、一度、イワナ飼育場へお邪魔することに決めていた。


荒川水系渓流保存会のイワナ愛好家の皆様と、記念撮影する。

d0134473_1785718.jpg

親イワナのいる池。
d0134473_16452275.jpg

雄親種イワナ、奥秩父いつきイワナだ。
d0134473_16473336.jpg

拙者がかつて親しんだ、奥秩父源流イワナの子孫に似ている魚紋である。
d0134473_1650457.jpg

2010年誕生したイワナ稚魚。
d0134473_16512269.jpg

稚魚から成魚イワナまで飼育する池。

1998年スタートした、奥秩父イワナ稚魚誕生プロジェクトがここに成功している。
イワナ絶滅地区へのイワナ稚魚放流に対して、荒川水系渓流保存会が育てたいワナであれば、拙者が認めたいワナであるから、誰一人異論を唱える人はおるまい。

かつての奥秩父イワナを再び復活させる、荒川水系渓流保存会の諸氏の試みに対し、心から拍手をおくりたい。
ご活躍を期待しております。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-28 17:03 | 身辺雑記
2010年 02月 26日

924  冬終わる日 

春が見えた下野中三依
d0134473_1402729.jpg

d0134473_141042.jpg

d0134473_141241.jpg

d0134473_142316.jpg


このところの暖かさで、拙者の住んでいる自然遊悠学の家に積もっていた屋根の雪が消えている。
未だ2月なのに、この辺りの雪風景は少なくなり、山斜面積雪は斑模様になっている。
やはり近年の暖冬傾向は続行中のようだ。
これで3年連続の冬季暖かさが、現在もある。
珍しく気象庁長期天気予報が当たり、貧乏人にとっては朗報だ。

このままの状態が続行されると、渓流釣り解禁における、雪なし渓流釣りとなるかもしれない。

いつもなら今頃の季節であれば、雪降りになるところだが、今日の午後から雨が降り出す。

季節はもはや疑いなく春傾向、およそ、半月速い春到来になっている。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-26 14:20 | 下野・会津だより
2010年 02月 25日

923 持丸山登山

樹木ウオッチングしながら持丸山へ
d0134473_17375717.jpg

まっさらな雪面をスノーシューで歩く。
誰もいない山は快適である。
d0134473_17394817.jpg

ケヤキ巨木が沢沿いにある。
d0134473_17404053.jpg

ケヤキが天を突いている。
d0134473_17423229.jpg

早朝の陽光が雑木林一隅を照らす。
この場に立ち合えたものしか、ドラマチックな風景は拝めない。
d0134473_17453868.jpg

沢と別れ、ここから尾根を登る。
d0134473_17464481.jpg

下野だから出会える、イヌブナ。
d0134473_174803.jpg

イヌブナ原生林があって、雪斜面は急勾配となる。
本日は残雪が不安定で、非常に登りにくく、スノーシューが雪団子になるから始末が悪く難儀する。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-25 19:04 | 登山
2010年 02月 24日

922 山師集う

山賊集団の本音
d0134473_15234199.jpg

左から菊亭親父、中はもみじ亭夫妻、右は会津屋老父妻。

下野上三依に越冬中の会津屋にある薪ストーブをあたりながら、下野会津を中心としている山の幸ハンターが一同に会する。
集まれば当然、今年の獲物の話しになる。
地元営林署退職者、菊亭親父が先に来ていて、会津屋老父妻と四方山話に夢中だ。
あとから下野当地が気に入り、もみじ亭を自力で建てた、下都賀在住、もみじ亭夫妻、そして拙者が遅れて到着。

貧乏人代表、植野
昨年、山菜、きのこが不作、ここまで去年の稼ぎ残りで何とか越冬できた。
「今年はきのこが出てくれ」と懇願している。

会津屋老夫妻
一昨年は道路工事、昨年はきのこ不作、2年連続売り上げ急下降のダメージがあり、
今年に賭ける期待は相当なものがある。

菊亭親父
山のものは3年連続不作はこれまでにないから、今年は大丈夫だ。
きっと、山菜、きのこは出るよ。

もみじ亭夫妻
今年はマツタケに期待している。
それに今年は山菜保存漬けをやりたい。
特にゼンマイを漬けたい。

貧乏人代表・植野
もみじ亭さん、拙者の家に漬物塩あります、60キロ、これだけあれば沢山でしょう。

もみじ亭夫妻
いや、助かるよ。
樽はあるから、それに仕込むよ。

貧乏人代表・植野
拙者も協力します。
しかし、拙者の経験で山菜漬けはできたが、まったく利用していないから、結局全部腐敗してしまった。

一同大笑い。
山の幸を無駄にしてしまい、反省しております。
二度とこんな事態が起きないように、もみじ亭さん、頑張って食べてください。

貧乏人代表・植野
皆様、イワナ釣りはやらないの。

会津屋老父妻
昔はやったが、今は年でだめだよ。

菊亭親父
今はやっていない。

もみじ亭夫妻
イワナやったことない。
1回イワナのいるところへ、連れて行ってよ。

貧乏人代表・植野
いいけど、いっぱい歩けますか?

やはり遠方までの奥山イワナ釣りは無理のようだ。

話はきのこへと。

貧乏人代表・植野
下野といえば、チタケだ。
今年への意気込みは果てることなく、期待を超えて、出てくれと、切望を山の神様にお願いしているところです。

会津屋老父妻
今年チタケが出なくては大変なことになる。
チタケ商売があって、きのこ屋としての意味があるからね。

菊亭親父
最近、宇都宮、鹿沼、土浦方面からのチタケマニアが押し寄せて、私のチタケ場を荒らしているよ。
こっちも負けないで採るしかない。

もみじ亭親父
山形狙いねいきます。
今年は雪があるから出るよ、期待している。

もみじ亭親父は大物一発勝負し、会津屋売り子のなべちゃん、同行をお願いしていた。

貧乏人代表・植野
チタケは8月まで、9月からはマイタケだ。
このきのこも昨年はまったくだめだった。
舘岩マイタケ、今年は出てほしい。

会津屋老父妻
マイタケは会津屋の十八番、店にずらっとなれべたい。
これがないと飯食えない。

ここで、貧乏人代表・植野はマイタケ情報を会津屋から仕入れる。

菊亭親父
地元のマイタケ、ここでも大勢のマイタケファンがやってきて、小型マイタケを片っ端から採ってしまい、大物マイタケはないのが残念だ。

貧乏人代表・植野
下野マイタケ名人、塩原在住遠山氏、膝を痛めて医者へ、今年も頑張ってほしいが、病気には勝てない。
だいぶ良くなったと聞いている。

会津屋老夫妻
遠山さんには元気でマイタケを採ってほしい。
宜しくお伝えください。

もみじ庵夫妻
マイタケはやらないが、運転手できるから、1回同行お願いする。

貧乏人代表・植野
10月からの、マツタケ、ホンシメジ、これも昨年はゼロ状態。
一同、豊作を願うという話で、この場を閉めることにする。

皆様お疲れ様でした。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-24 16:01 | 下野・会津だより
2010年 02月 23日

921 健康に酔う食事

元気で病気知らぬ食事法
きのこ狩りが終了となってから、3ヶ月が過ぎた。
還暦半ばの拙者の体力維持に気を配っている。
油断すれば瞬く間に、体重が増えてしまう。
毎日やっている山岳トレーニングは欠かせないが、なんといっても生活習慣における、適度な食事法が大切になって、何を食べるかががこれからの目標である、源流イワナ釣行への良否に影響を与える。
以前なら、スタミナのつく脂っこい食事が主であった。
それを菜食中心の食べ物に換えてから、体重増はなくなり、これからスタートする山菜摘みスタンバイは出来上がっている。
d0134473_19121178.jpg

今日の昼食。
タジン鍋中心の食事となる。
d0134473_19135739.jpg

今日のタジン鍋。
ハクサイ、ゴボウ、ホウレンソウ、タマネギ、サツマイモ、ブロッコリー。
豚コマ切れ肉、エビ、アサリ。
味付けは日本酒。
蒸し時間11分で出来上がり。
食べる特は鰹昆布出汁でいただく。
d0134473_19201951.jpg

米団子あんこかけ。
米を粉にしたものを熱湯でといで団子にする。
米団子は15分蒸す。
d0134473_19233420.jpg

おしんこ
カブ、ダイコン、ニンジンの即席漬け。
シーチキンで和えれば食べられる。
焼き物
サワラ西京漬け。
煮物
ヒジキ・ホタテヒモの甘辛煮。

料理品を良く噛んで食べる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-23 19:34 | 健康いきいき
2010年 02月 22日

920 会津の渓流

残雪の伊南川
おんぼろマイカーの具合が悪く、知り合いの自動車整備工場へ。
そのついでに半年振りとなる、伊南川とその周辺山岳地積雪状態を偵察する。
d0134473_1472365.jpg

天下の名渓といわれて久しい、伊南川。
しかし、現在の伊南川ときたら、永遠と平瀬が連続する、埋もれ川となってしまった。
昔の伊名川を知るものにとって、我が身を疑うようなただの平川に、失望を抱くのは拙者だけではあるまい。
それでも、今、河川として、渓流は上流から下流へと流れ続けている。
d0134473_14142071.jpg

雪を抱く尾白山。
近年、登山道が敷かれ、残雪期なら登頂できるようになった。
d0134473_1416714.jpg

綿帽子雪渓流。
ほのかな安らぎを与えてくれる。
d0134473_14171549.jpg

会津駒ケ岳遠望。
ベットリした積雪が岳人の侵入を許さない。
5月からの山岳トレッキングが待ち遠しい。
d0134473_14205054.jpg

伊名川から舘岩川となれば、渓流らしくなる。
d0134473_14221352.jpg

足繁く通った奥会津の原生林。
ブナ、ミズナラが茂る森があって、きのこ豊産地ながら、昨年はまったくの不作、今年に賭けた拙者のテリトリー巡回に、稼ぎ頭位置を保ってほしいものだ。
d0134473_1426563.jpg

支流を合わせ、次第にイワナ渓となる、舘岩川。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-22 14:28 | 下野・会津だより
2010年 02月 21日

919 関健介さん逝く

関さんとの想いで
■出会い
杜の都、仙台。
東北最大の都市だ。
釣り趣味における仙台といえば、カレイ釣りであろう。
カレイに始まりカレイで終わる。
こんな釣り格言が今も生きている。
海釣りにおける、仙台釣りファンを魅了している。
当然、仙台市内における釣具店に入れば、巨大カレイの魚拓が店の壁一面を飾り、仙台海釣り師の真骨頂がここにある。
仙台市内、ケヤキ通りにある一角を占める、「釣り小舎・天狗屋」がある。
海釣り一般普及にも拘らず、渓流釣りを主とする釣具店が天狗屋で、拙者の行きつけの店であった。
仙台では珍しく、イワナ、ヤマメ、アユで生計を建て、人気のカレイ道具は店の隅に追いやる、店主、松田茜にほれ込んで、東北イワナ釣行の際、店に立ち寄り、イワナ釣り情報を入手していた。
主の松田さん、当時東北ではほとんどなかった渓流魚餌、川虫、天然ミミズを常備していた。
特に大物イワナ釣行には欠かせない、ドバミミズを用意していたから、それには拙者も感心していた。
また、ヤマメ、イワナの餌として、最上級キンパク(カワゲラに一種)もあり、イワナマニアの要求に応えてくれた。
何度目かの天狗屋訪問のとき、仙台在住の渓流釣り人との交流があって、その際、関健介さんを松田さんから紹介してくれた。
この関さん、仙台市街地に店舗を構える、そばの店、「松美庵」店主であり、ちょうど、渓流釣り会を立ち上げ、イワナ、ヤマメ釣りにおける源流志向を目指す釣り人若手がいた。
「仙台源水会」が関さん主宰の渓流釣り若手集団であった。
それは関さんとの出会いとなり、今から20年余の歳月が過ぎようとしている。
■交流
関さんとの出会い以来、毎年、松美庵にお邪魔して、自慢の手打ち蕎麦をご馳走になり、店終いとともに自宅にまぬかれ、1夜の宿を提供してくれて、東北源流イワナ釣行の疲れを癒す、定宿になったのである。
この間、何度かイワナ釣行をお願いして、仙台源水会諸氏との同行釣行をともにして、
恥ずかしながら、源流イワナ釣りの面白さを披露、渓流会の顧問の役をこなした。
あるイワナ釣行の際、関さんにお願いして、現地蕎麦打ちをやってもらった。
蕎麦打ち名人、関さんでも、道具がないからまいってしまったようだが、出来上がりの手打ち現地蕎麦は絶品に仕上がり、同行者を納得するないように、異論なく、一同、感謝しながらご賞味させてもらった。
拙者の源流イワナ釣りと共感する部分があって、10年余、関さんとの交情を保った。
■空白の10年間
拙者の渓流本、山釣りシリーズ3出版から1年後、松美庵は仙台中心部に店舗をオープン、関さんとしては新規巻き直しの策に出て、蕎麦店としてはかなり繁盛したようだ。
勝手ながら、バブル崩壊に伴う出版業界不況のあおりで、拙者の軍資金が底をついた。
当然、親しい古いイワナ釣友との付き合いが閉ざされ、仙台在住の関さんとて例外なく
ご無沙汰していた。
その間、拙者のほうは自然遊悠学の家を立ち上げ、これまでの経験を活かし、イワナ釣り、山菜摘み、きのこ狩り、登山などの山案内業で生計を何とか運営し、たった一人で、ガイドをこなす。
最低生活ながら、下野北部の限界集落中三依の一員となり、イワナ釣り探訪基地がどうにか出来上がってくれた。
■関さんの訃報
相変わらず貧乏生活だけど、昨年から立案したイワナ5カ年計画の2年目、これまでご無沙汰していたイワナ友人との再会を果たすとの決意で望む、2010年イワナ源流釣行計画があり、皆様との交流を楽しみにしていた。
「便りがないのは元気な証拠」
拙者より年少の関さん、仙台原水会釣友。彼らはどうしているのだろうか。
元気でイワナ釣りをやっているだろうか。
北海道、青森、秋田、岩手、山形、宮城、拙者の釣り人は多々いる。
皆に会える日を待っていた矢先、拙者のブログメールに突然、関健介氏亡くなる。
予想もしない関さんの訃報が舞い込んだ。
2月9日、イワナ釣りを終えることなく、天国へと旅立ったのだ。
拙者より年齢が低く、未だやりたいことがあったのに、関さんはあっけなく逝ってしまった。
10年余、当然、元気で暮らしていると思っていたが、関さんはこの間、病魔に取り付かれていた。
天狗屋松田さんも亡くなり、関さんもこの世からいなくなった。
この世で生きていてほしいとの願いもむなしく、古い釣友は拙者から離れていく。
関さんのご冥福を心からお祈り申し上げます。
合掌、そしてお疲れ様でした。
d0134473_1757181.jpg

拙者から関さんへの贈り物、釣り影。
d0134473_1758694.jpg

フキノトウ、今年も芽が出た。
■関さんの業績
仙台原水会を主宰、立ち上げはお粗末であったが、次第に若手源流イワナマンが育った。
ひとえに関さんが長期にわたり会長職にあって、若手の指導に明け暮れた結果、一丁前のイワナ釣り人をこの世にリリースできたのだ。
おそらくひと月に1回の例会を松美庵でやっていたと思われるが、関健介氏がなくなり、集会場の消滅が現在あって、拙者の失望は隠せない。
仙台原水会の皆様、関健介のイワナ魂を受け継いでほしいと拙者は望んでおります。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-21 17:54 | 身辺雑記
2010年 02月 20日

918 渓流ウオッチング

スノーシュートレッキング
d0134473_15555785.jpg

残雪期だから、渓流を自由にトレッキングできる。
d0134473_164562.jpg

冷え込みがあって、雪シロは出ていない。
d0134473_16175947.jpg

渓畔林があるから、渓流が構成される。
d0134473_16191036.jpg

渓流沿いに欠かせない、サワグルミ。
d0134473_16203198.jpg

ホウ葉焼きに使用できる、ホウの木。
d0134473_1626757.jpg

イワナ、ヤマメ釣り解禁を待つ渓流。
d0134473_1628370.jpg

只今の積雪70センチ、このまま解禁までそのままの雪であってほしい。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-20 16:56 | 登山
2010年 02月 19日

917 男鹿川スノーシュートレッキング

アニマルトラッキングしながら渓流観察
久しぶりで天気回復、朝の陽射しを浴びながら渓流へ向かう。
このところ、目的地へのアプローチをほとんど徒歩、化石燃料を使用することなく、健全なエコトレッキングとなる。
d0134473_16215155.jpg

スノーシュートレッキング起点となる、廃屋がスタート位置だ。
ここまで足慣らしの除雪ロードを歩く。
d0134473_16244580.jpg

ミズナラ尾根を眺めながらスノーシューを操る。
連夜の冷え込みがあって、雪面は凍っているからスノーシューが雪に埋まることなく快適に歩ける。
d0134473_16275099.jpg

上空を滑空する猛禽類、クマタカ。
しばらく旋回し、会津方面へ向かったようだ。
なかなか発見できないクマタカに出会えて、幸先の良い渓流観察となる。
d0134473_16302581.jpg

1頭で行動中のニホンザル、足跡は今朝のようで渓谷を横断した足跡が雪面に記されている。
d0134473_16342144.jpg

イワナの棲む大淵。
d0134473_16351760.jpg

誰もいない雪面スノーシューとなり、なんとなく嬉しさがこみ上げてくる。



More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-19 17:03 | 登山
2010年 02月 18日

916 2010年度山の幸

今年の山菜、遠山・植野対談

■山菜
植野
2009年、史上最悪の山の幸狩りは終了、今年に賭ける期待は大きいですね。
幸い、冬雪がたっぷりあり、下野・会津の山々を積雪が被っていている。
このぐらいの雪であれば、昨年より山のものは豊産、かなりきたいできそうですが・・・。
遠山
一昨年、昨年、連続する山のもの不作で軍資金不足はそうとうなもの、なんといっても今年は山の幸が多産してほしいよ。
植野
もうすぐ3月、そろそろフキノトウから始まる、山菜シーズンスタート、春が待ち遠しいね。
遠山
雪がまあまああるから、こんな年の春は良いよ。
植野
山地にある積雪を陽射しが少しずつ雪解けして、解けた雪斜面あとに山菜が芽を出します。
積雪が大量にあれば、当然、雪解けは長く続き、山菜摘みシーズンは長期間楽しめる。
遠山
特に会津が良いよ。
たっぷりの雪があるから、山菜生長は良好となると思う。
今年の狙い目は会津の奥山、6月まで良さそうだから、稼ぎが楽しみだ。
5月からは下野山地が開きます。
そこで、ウド、シドケ、イラクサ、タラの芽、それとギョウジャニンニク、山行きに弾みをつけてくれる。
植野
山菜ファンがふえて、主要山菜が枯渇していますね。
今年は山菜を移植しながら採るようにしたい。
遠山
賛成だ。
自分でとった山菜と同じぐらい、山菜を植えつけたい。
植野
お世話になった、下野・会津に山菜空白部があります。
その地に適した山菜があるから、山菜を植えればそこにはやがて山菜王国が誕生します。
山菜という雪国山の幸をこれから始める山菜ファンに私たちからの贈り物としたい。
遠山
協力してやっていきたい。
頑張ります。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-18 18:02 | 下野・会津だより