<   2009年 09月 ( 27 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 30日

762 採集したきのこを料理する

きのこを上手に保存する
採集済みきのこはなるべく早くに料理する。
余談ながら、きのこは必ず冷蔵保存、この場合、きのこは新聞紙に包み、ビニール袋に入れて、口元を固く結び、きのこを空気に触れないようにすると、鮮度よく冷蔵保存できる。当然、採りたてのまま下処理せず冷蔵庫へ。
自然遊悠学におけるきのこ最終レシプは参加者のみ伝授する。

ムキタケの醤油漬け
d0134473_1473118.jpg

ムキタケの着生部をV字状にハサミで切り、食べやすい大きさに手できのこ先端部から裂く。
数回きのこを水洗いして、ゴミを除く。
d0134473_14121389.jpg

熱湯で湯がく。

ザルにあげ、水切り。冷ます。

d0134473_14135888.jpg

保存ビンにきのこを入れ、醤油を入れる。
保存は冷蔵庫入れる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-30 14:48 | きのこの保存
2009年 09月 29日

761 きのこ狩り

ハナイグチ狩り
前日きのこ狩りのキャンセルがあったが、今日予定しているハナイグチ狩りに出かける。
先週、下流のきのこ狩りで、ハナイグチをものにしているから、今日はその上流できのこ狩りを実施する。

d0134473_15362356.jpg

カラマツ植林地にイグチ類は出る。
d0134473_15375235.jpg

シロの強いきのこ場における、ハナイグチはしばし群生する。
d0134473_1539109.jpg

やや盛りを過ぎたハナイグチ。
このぐらいであれば食べられる。
d0134473_15403832.jpg

ハナイグチ同様、カラマツ林に出る、キノボリイグチ。
ハナイグチより味は劣るものの、食菌である。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-29 15:46 | きのこ研究
2009年 09月 28日

760 きのこ狩り

マイタケ狩り
d0134473_18492385.jpg

マイタケに期待をかけた実績のある森を歩く。
d0134473_18523988.jpg

マイタケ発見? と思って近づけば、ナラタケでした。
d0134473_1855135.jpg

特上のマスタケを採集する。
d0134473_18571340.jpg

シルバーウイークのおかげで山は足跡だらけだ。
50本以上ミズナラを見たがマイタケ姫はお目にかかれない。
d0134473_18594319.jpg

カモシカのヌタ場。
泥水をかぶりダニ退治。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-28 19:12 | きのこ研究
2009年 09月 27日

759 きのこ狩り

マイタケを求めて奥山を歩く
d0134473_16375567.jpg

サワラ、キタゴヨウの森を詰めあがる。
d0134473_16391240.jpg

巨木とて、きのこ菌によって倒されてしまう。
d0134473_16405529.jpg

サルノコシカヘは山の掃除やさんだ。
d0134473_16433449.jpg

稜線に到着すると、イヌブナの森となる。
d0134473_16444563.jpg

スギタケが出ていた。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-27 16:49 | きのこ研究
2009年 09月 26日

758 きのこ狩り

アカマツ林のきのこ狩り
雨不足できのこ狩りは芳しくない。
それでも実績のあるきのこ場へのパトロールは独続行しなければいけない。
「もしかしたら」という期待と、自分のシロをやすやすと他人様に譲ることはできない。
今日はシシタケ(コウタケ)とマツタケ、からまつ林のハナイグチを採集するつもりで、いざ出陣。
d0134473_1432296.jpg

5年前にマツタケを採ったシロ。
今年は出ていない。
d0134473_14334086.jpg

昨年、マツタケを採ったシロ。
今年は出る気配すらない。
d0134473_14351213.jpg

シシタケポイント。
日照りで1本も出ていない。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-26 14:47 | きのこ研究
2009年 09月 25日

757 きのこ狩り

マイタケを探す
d0134473_15471562.jpg

マイタケのでrそうな斜面を歩く。
d0134473_15484770.jpg

ミズナラの根元付近を丹念に探す。
d0134473_15505166.jpg

主尾根から枝尾根に回りこみ、ミズナラを求めて歩き続ける。
d0134473_15521059.jpg

ニホンジカの角。
d0134473_155389.jpg

ナラの倒木に出ていたナラタケ。
d0134473_15545028.jpg

ブナ倒木のブナハリタケ。
d0134473_15553619.jpg

隣の春さんはナラタケの整理中。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-25 15:56 | きのこ研究
2009年 09月 24日

756 幻のきのこを探す

奥山のきのこ狩り
d0134473_19502149.jpg

今日のきのこ場は遠い稜線の奥である。
d0134473_1952711.jpg

幻のきのこが出る森。
d0134473_19534314.jpg

きのこマニアのご夫妻に同行する。
d0134473_19545866.jpg

カンバタケ,薬酒に仕込める。
d0134473_195759.jpg

オオモミタケ、奥山のきのこだ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-24 20:00 | きのこ研究
2009年 09月 23日

755 カゴの活用

用途によって使い分けるカゴの研究
d0134473_142073.jpg

山菜、きのこ用のカゴは多々ある。
d0134473_1426662.jpg

一般のカゴ。
d0134473_14271014.jpg

特性カゴ。
d0134473_1428719.jpg

最小のカゴ。
私の場合、サンショウ摘みとマツタケ狩りで使用している。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-23 14:59 | 身辺雑記
2009年 09月 22日

754 きのこ狩り

マイタケは何処に
d0134473_140789.jpg

コナラ、ミズナラに着生する、野生のシイタケ。
d0134473_1414859.jpg

マイタケは樹の中に隠れたまま動かない。
d0134473_1435527.jpg

ミズナラの生木に出ている、マスタケ。
d0134473_1451667.jpg

ヒラタケを見つける、袁山氏。
d0134473_1462257.jpg

ランチタイムの休憩中。
d0134473_148785.jpg

78歳マイタケプロは滝を登る。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-22 14:20 | きのこ研究
2009年 09月 21日

753 きのこ狩りツアー

マイタケを求めて、原始林探索
きのこ狩りツアー
2009年9月21日(月)AM06:20~PM16:50実施
場所 自然遊悠学特選フィールド

■概要
初秋の原始林をトレッキングしながら、奥山の森を訪ね、ブナ、ミズナラ帯の植物を観察、原生林が育む豊かなる森林を満喫しました。

■今回のツアーポイント
マイタケ狩り
ミズナラの根元に発生する、マイタケを探す。
森のきのこ狩り
森林帯のきのこ狩りを実施する。
森林浴
ゴヨウマツ、サワラ、ブナ、ミズナラの混生林に入山。
森によるフットンチッドを体験する。

■実施スケジュール
2009年9月21日(月) 天気 晴れ
06;20 中三依温泉駅、集合。
06:30 自然遊悠学の家、出発。
07:00 林道終点、着。きのこトレッキング開始。
d0134473_17104449.jpg

マイタケの出る森は遥か遠い場所にあるから、そこまでひたすら歩くしかない。
d0134473_17125960.jpg

原始林帯に到着。
豊かなる森できのこ狩りを開始。
d0134473_17151259.jpg

ヤマブドウは豊作、口にほう場れば、甘い味が心地よい。
d0134473_17171049.jpg

この時期に発生する、オシロイシメジ。
d0134473_17183364.jpg

ブナ帯からの贈り物、ブナハリタケを採集する。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-21 17:46 | 自然遊悠学レポート