<   2009年 08月 ( 35 )   > この月の画像一覧


2009年 08月 31日

735 ブログは5日間休み

今年最後のイワナ釣行
遠征イワナ釣行のため、9月1,2,3,4,5日の5日間、ブログは休みます。
ラストイワナぐらいは充実した渓流釣りをやってきます。
今回は2名で源流釣りです。


新ホームページ出来ました。
携帯でも見られます。
http://yuyugaku.com/
自然遊悠学教室スケジュール
お申し込み・お問い合わせ
他、現在追加中です。

9月6日以降、マイタケ狩り
9月20日からマツタケ狩り
9月25日からはブナハリタケ狩り
9月28日ごろはホンシメジ狩り

9月はきのこシーズン、全力投球いたします。
皆様のご参加をお待ちしております。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-31 17:23 | 身辺雑記
2009年 08月 31日

734 源流釣りの遡行、幕営、料理を学ぶ

新ホームページ出来ました。
携帯でも見られます。
http://yuyugaku.com/
自然遊悠学教室スケジュール
お申し込み・お問い合わせ
他、現在追加中です。

安全帰還のための技術講習会
源流釣りに強く憧れを抱く釣り人は多数いると思われる。
「あの滝を越えたら」
「ゴルジュを越えればイワナ桃源郷」
「不意の増水」
計算外のファーストビバーク」
渓谷にはイワナの釣り人を阻止する、様々な出来事が起こることがある。

今回、「あと一歩の技術」をマスターするための講習会を会津のとある場所で、1泊2日コースで実施する。

8月29日(土) 天気 小雨のち曇り
d0134473_1324948.jpg

雨の沢を遡行する。
沢遡行での基本歩行を学ぶ。
雨のため、滑る岩、滑らない岩の見分けをしながら、スタンスを決め、リズムカルに歩く。
d0134473_139624.jpg

技術講習会ながら、釣り人なので当然良好なイワナポイントでは釣りをやる。
d0134473_13111784.jpg

今回の最重要課題である、現地調達でのキャンプ料理、そのためにはそこ宇宙で出会う、きのこは絶対見逃せない。
ブナ倒木に出ていた、ヒラタケを採集する。
ヒラタケの上にツキオダケ(毒キノコ)があるから、採集する際の注意点を教える。
d0134473_13175597.jpg

沢遡行の場合、歩きやすい側を選ぶ、ルートファインデングが不可欠である。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-31 14:22 | 自然遊悠学レポート
2009年 08月 28日

733 ブログは休み

29,30は沢登り講習
ビバークイワナ釣行に役立つ、焚き火、現地調達食料、沢登り技術、懸垂下降、安全なテント設営、地形図読図、現在地確認、滝の登り方、安全帰還ルートファインデングなどの講習を会津で実施します。、
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-28 18:22 | 身辺雑記
2009年 08月 28日

732 下野チタケ狩り総括

新ホームページ出来ました。
携帯でも見られます。
http://yuyugaku.com/
自然遊悠学教室スケジュール
お申し込み・お問い合わせ
他、現在追加中です。
2009年チタケ悲喜交々
チチタケ
ベニタケ科
ほぼ全国的に分布、低地から中腹まで、その生息地は広い。



大きさ
大は15センチメートルぐらいに生長する。
傘の色
黄色から赤。ビロード色もある。
傘の特徴
始めは円盤型、生長すれば中央がへこむ傘型。
老菌になると、反り返り、傘周辺は波状に扁平する。

軸(茎)
太さ
最大は3センチメートル。
軸色
傘と同じ色。
軸の特徴
中空から充実。

チチタケの特徴
傘、軸に触れると、白い乳液をだし、しばらく放置すれば黒いしみとなる。
チチタケは良質な出汁が出る。
栃木県北部、茨城県水戸、土浦ではチタケと呼ばれていて珍重しているが、その他の地方ではほとんど賞味しない。

チチタケの仲間
ヒロハチタケ。
このきのこは傘に触れても変色しない。
下野では男チタケと呼ばれている。
チリメンチタケ。
下野ではクロチタケと呼ばれているきのこ。
クロチタケ
奥山に発生するきのこ。
きのこに触れれば赤く変色する。
その他、チチタケ発生初期に出る黄色チタケ、ビロードチタケ、いずれも下野でのチチタケ愛称である。

下野でのチタケ狩り
初期
初物は7月23日に採集。
早出チタケ場での採集ながら4個しか取れなかった。
初期なので、キイロチタケ、ビロードチタケを採集する。
盛期
8月3日~15日。
この間、最高収穫4キログラム、会津では8キログラム。
これは例年の半量である。
晩期
8月16日~20日
この間はチタケプロとしての出番はなかった。
事実上チタケ狩りは15日で終了していた。

不作の原因
最大の問題、それは冷夏である。
チタケというきのこ、暑い最中に出る典型的な夏きのこなのに、きのこが生長する一番大事な時期にチタケ場には直射日光がほとんど差さない7月、雨ばかり降ってしまった8月、その影響がなんと言ってもチタケ発生を抑えてしまった。
その証拠として、低地山斜面西ではある程度チタケ発生があった。
それに引き換え山斜面東ではほとんどチタケ発生はなかった。
標準きのこ発生メカニズムにおけるチタケの場合、いかに地面温度が大切であることを実感させられた。

今年の教訓
チタケプロとして、都合4箇所のチタケ場を設定しなければ話にならないということを自然から学んだ。
それは自然遊悠学の家100キロメートル圏内に北チタケ場、東チタケ場、南チタケ場、西チタケ場を相手にしなければチタケ狩りはできないということを意味する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-28 13:51 | チタケ戦争どまんなか
2009年 08月 27日

731  チタケナス油炒め

チタケでスタミナを蓄える
d0134473_16433423.jpg

手でちぎったチタケをサラダ油でじっくりいためる。
d0134473_16451689.jpg

ナスを入れ、更に炒める。
酒、ミリン醤油で味を整える。
d0134473_16474084.jpg

ナスがしんなりしたら下野郷土料理の出来上がり。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-27 16:49 | 山の幸料理
2009年 08月 27日

730 チタケ新天地調査

東会津方面のチタケ場探し
d0134473_1613337.jpg

地形図で見つけたチタケが出そうな山岳地。
全山コナラ林になっている。
d0134473_1642580.jpg

苦労して発見したコナラ林への踏み跡。
チタケアプローチに大変役に立つ道となる。
d0134473_1681418.jpg

国有林になっているから、堂々と山に入れる。
南会津のような立ち入り禁止看板がないのは嬉しい。
d0134473_16104665.jpg

山道は沢まである。
d0134473_16125338.jpg

チタケが出そうな斜面である。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-27 16:27 | 下野・会津だより
2009年 08月 26日

729 三依富士、芝草山登山

コナラからブナ山となる芝草山
夏きのこから秋きのこへ移行するまでだいぶ時間がある。
ほとんど出なかった下野チタケの影響で、体重は春のまま体力消耗がないから、身体がなまくらになっている。
これからマイタケまでの間、予定通り、イワナ釣行を実施する。
我が体力テストを兼ねる登山をやることにする。
d0134473_13411629.jpg

芝草山登山入り口。
d0134473_13433493.jpg

東電33鉄塔への巡視路を歩く。
d0134473_1346034.jpg

秋の花、萩は登山道沿いに多数咲いている。
d0134473_1348246.jpg

良く手入れされている巡視路道。
d0134473_13511079.jpg

巨木となった赤松。
尾根を好んで自生地としている。
d0134473_13531595.jpg

秋花が登山道にあり、退屈な山道を飾る。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-26 14:39 | 登山
2009年 08月 25日

728 下野チタケ狩り

下野県人、兵どもの夢のあと
d0134473_153508.jpg

雑木林尾根にあるチタケ道。
d0134473_156566.jpg

広い斜面を歩きながらチタケを探す。
d0134473_158337.jpg

尾根から渓斜面がチタケ場となる。
d0134473_1510168.jpg

雑木林からブナ中心の原生林内でもチタケは発生する。
d0134473_1512121.jpg

ツキノワグマが地蜂の巣を襲い、地蜂幼虫を食べつくしたあと。

8月に始まったチタケ争奪戦、あちこちにチタケ道ができて、山は大賑わい。
各地は足跡だらけになり、チタケをあさったあとだけが下野山に残されている。
8月25日、下野チタケ場に人影が絶えた。
残りチタケを探しに出かけたものの、1本もない。
さすがに海なし県である「栃木県人」、チタケを残さず漁る手腕に脱帽してしまう。
昨日、会津チタケ場には残りチタケがあった。
今日は何もないチタケ場を歩いたことになる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-25 15:26 | 下野・会津だより
2009年 08月 24日

727 新天地チタケ場を探る

新しきチタケ場
d0134473_1725647.jpg

会津のチタケ場。
下野とさほど差はない。
d0134473_17264386.jpg

下野同様、会津にもあったアカヤマドリ。
d0134473_17282395.jpg

本チタケ。
下野と同じチタケである。
d0134473_17305117.jpg

東斜面を探索。
d0134473_17404023.jpg

採り残しではない、新しく出たチタケ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-24 17:36 | 下野・会津だより
2009年 08月 23日

726  きのこ直売所、会津屋

只今クロチタケ入荷中
d0134473_18523488.jpg

きのこ直売所、会津屋さんご夫妻。
チタケ中心に只今奮闘中だ。
d0134473_1855507.jpg

会津屋スタッフ、なべちゃん。
ご夫妻と一緒に頑張って売り子をやっております。
d0134473_1859927.jpg

路地上トマト販売中。
d0134473_1911233.jpg

高原大根、厳選のダイコン、人気があります。
d0134473_1935583.jpg

ラーメン、うどんなどの軽食も食べられます。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-23 19:18 | 下野・会津だより