植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 31日

625 イワナ釣り&山菜摘み

1年ぶりの再会、浜ちゃんとの奥山キャンプ
クライマーの浜ちゃんと再会。
「イワナ&山菜を同時に楽しみたい」
こんなご希望を適えられる奥山ツアーを計画、実施した。

イワナ&山菜トレッキング奥山編
2009年5月30日(土)AM5;20~31日(日)PM1:00実施
場所 自然遊悠学特選フィールド

■概要
残雪ある奥山渓流イワナ釣り、同時に渓谷沿いの山菜を摘み賞味しました。
1日目は収穫山菜をつまみながら、イワナ談義。クライマーの浜ちゃんの語る、最新クライミング談義を楽しむ。
イワナ釣りが終えれば、待望の焚き火をテン場で満喫する。
2日目は奥山の山菜狩りに挑戦する。
自然観察、2日間、ブナ情報、野鳥観察ができた。

■今回のツアーポイント
イワナ釣り
奥山に棲むイワナ釣り、雪シロが入りアタリはほとんどなかった。
昨年の実績があるイワナ渓ながら、時期尚早のようでした。

山菜摘み
お目当ての奥山山菜を収穫できた。

自然観察
野鳥ウオッチング、今年は豊作? ブナの実を発見観察できた。

焚き火
キャンプではお決まりの焚き火を囲みながら、山談義が面白かった。

森林浴
黒木、ブナ。サワグルミ、ダケカンバの森に侵入、その真っ只中で、深呼吸する。
心身ともにリフレッシュできた。

■実施スケジュール
2009年5月30日(土) 天気 曇り時々雨
05:20 自然遊悠学の家、集合。
05;30 自然遊悠学、山菜、イワナ、フィールドへ出発。
07:40 イワナ場、着。
d0134473_2071325.jpg

夢山語りの舞台、それは残雪のある奥山である。
d0134473_20101618.jpg

イワナ場へ向かう山道を歩く。
d0134473_2013214.jpg

現役クライマーである浜ちゃん、20年のキャリアを持つフライフィシャーマンでもある。早速、フライフィッシング開始の試し釣り。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-31 21:20 | 自然遊悠学レポート
2009年 05月 29日

624 マイカー点検

マイカーのシャーシーボルト破損
数日前、ワラビ狩りの際、でこぼこ岩混じりの林道で、シャーシー受けボルトを岩にぶつけたらしく、車体トラブル。
針金で応急処置をして林道を脱出できた。
知り合いの自動車修理工場に依頼して、は損部品を取り寄せてもらう。
今日の午後3時、部品が入る予定なので、雨の中修理屋へ。
d0134473_16453782.jpg

運が良いのか悪いのか、出っ張っているボルトがないから、シャーシー受けはふらふら状態だ。
d0134473_1648252.jpg

どうにか部品を換えて、元のおんぼろ自動車に復元できた。

「自動車修理屋さん曰く」乗用車なのだから、悪路はゆっくり走ってください。
しかし、釣り人気質とでもいってよかろう、なるべく人様よりは薬林道終点につかねば、遅れをとる。
我がマイカーは自動車底部、岩に当たり岩をこすり、でこぼこ状態である。
それでも何とか目的地まで我が身を安全に、走り続けることができている。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-29 16:56 | 身辺雑記
2009年 05月 29日

623 男鹿川&湿生園

雨模様の男鹿川
d0134473_1350756.jpg

中三依芹沢橋からの男鹿川。
昨夜からの雨にも拘らず、男鹿川は平水だ。
5月に入って雨らしい雨が降らないから、今日のあめは山が水分を吸収してしまった。
もう少し雨がほしい。
d0134473_13504354.jpg

男鹿川下流。
d0134473_13513293.jpg

今日の湿生園。
久しぶりに参道を歩く。
緑がだいぶ豊かになっている。
d0134473_13522023.jpg

ショウブ、ツツジは満開である。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-29 13:56 | 下野・会津だより
2009年 05月 28日

622  珍しい山菜を賞味する

山菜の名品、アマドコロを食べる

d0134473_20513919.jpg

昨日の山菜狩りで見つけた、アマドコロを茹で上げ、冷水にとり、水切り。
器に盛り付けした賞味した。

山菜の大先達、清水大典が山菜の王者と言わしめたのがアマドコロである。

年に数回しかお目にかかれない、山菜だから、じっくり味わってみる。


癖がなく、しゃきしゃきした歯応えがある。
噛んでいると、茎から甘味が出てくるから美味いと絶賛してしまう。
天下一の山菜、こう申し上げてよかろう。

d0134473_21111392.jpg

山菜の珍品、アマドコロ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-28 21:01 | 山の幸料理
2009年 05月 28日

621 山菜加工

採集した山菜を仕込む
ワラビの醤油漬け
d0134473_2095944.jpg

重曹でアク抜きしたワラビを流水で洗う。
d0134473_201385.jpg

ワラビの穂、硬くなった折り目を切る。
d0134473_20145647.jpg

穂と硬い茎は捨てる。
ワラビ全量の半分はゴミとなる。
私の場合、ワラビ穂は食べない。
d0134473_20174394.jpg

ワラビを流水にさらす。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-28 20:40 | 山の幸料理
2009年 05月 27日

620 山菜トレッキング

山菜を求めて奥山へ
旬の山菜トレッキング
2009年5月27日(水)AM5:30~PM4:00実施
場所 自然遊悠学、山菜場

■概要
旬となった山菜を奥山トレッキングしながら、自然観察&森林浴を実施しました。

■今日のツアーポイント
奥山山菜摘み
今が盛り、奥山の山菜を摘む。

自然観察
新緑のブナ、ミズナラ、サワグルミ、トチ、ダケカンバを観察できた。
野鳥
ミソサザイ、カワガラス、ホオジロを見る。

森林浴
ブナの中に潜入し、フィットンチッドを体験する。
ブナ新緑を浴びながら、リフレッシュできた。

■実施スケジュール
05:30 自然遊悠学の家、集合。
05;50 山菜場へ。
07:30 自然遊悠学、山菜フィールド着。
07:40 出発。
d0134473_16375769.jpg

タラの芽の採集。
d0134473_16391461.jpg

天ぷらにすると味が出る、ハリギリ。
d0134473_16404075.jpg

フキのとう、茎が伸びているが、炒めて食べられる。
d0134473_16424464.jpg

山菜が満開、渓沿いの斜面。
斜面の中から、良質な山菜だけを摘みとる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-27 17:15 | 自然遊悠学レポート
2009年 05月 26日

619 ワラビ狩り

ワラビを保存する
午後から時間が空いたので、行きつけの山菜場へ、ワラビ摘みをやる。
d0134473_18101091.jpg

イヌドウナが出ていた。
d0134473_18113914.jpg

小一時間歩けば、ワラビ自生地となる。
d0134473_18132513.jpg

ワラビは丁度収穫時期だ。
ありがたく摘む。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-26 18:19 | 山の幸料理
2009年 05月 25日

618 山の下見

山岳地のパトロール
d0134473_15174476.jpg

山を越え、遥かなる山地へ、山菜のパトロールをする。
d0134473_1519394.jpg

裏日光の山岳地へ向かう。
d0134473_15204532.jpg

新緑になったミズナラ。
ナラの木を見ればマイタケの期待をかけてしまう。
d0134473_15231854.jpg

薬酒に仕込める、メグスリの木。
d0134473_1524359.jpg

今日の目的の沢出合いに到着する。

昨夜の時雨から、要約天気は回復、晴れ間の中、山菜のパトロールができた。
これから6月にかけて、良質な山菜場となる、山岳地の下見ができた。
今日は山菜を摘むことなく終了、時には山菜狩りではあるが、採集をしないことも、山菜資源保護につながる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-25 15:31 | 下野・会津だより
2009年 05月 24日

617 山菜を保存する

採集した山菜を加工する
採集した山菜、山からの恵みは素早い加工を必要とする。
山菜の折り目から次第に硬くなり、山菜の賞味に不都合をきたす。
昨日摘んだ山菜を本日加工保存することにした。

ウドの長期保存
1回目下漬け加工

d0134473_16352942.jpg

採集したウドを下ごしらえ。
根元を包丁で削り取る。
葉枝を茎下部の方向に皮むき。
d0134473_16391565.jpg

下ごしらえしたウドを漬物容器に並びいれる。
d0134473_16403796.jpg

長期保存は塩を使う。
d0134473_1642581.jpg

ウド全重量の20%塩を目安とする。
d0134473_1648975.jpg

差し水を注ぎ、重石を載せる。
d0134473_16501794.jpg

冷暗所で15日間保存。

本漬けはウドの水分が上がってから実施する。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-24 17:06 | 山の幸料理
2009年 05月 23日

616 山菜狩り

奥山の山菜摘み
d0134473_1763270.jpg

裏日光連邦の懐に山菜を求める、今日のコースである。
d0134473_1782182.jpg

スパイク地下足袋を装着して出発する。
d0134473_17102389.jpg

今日の山菜場は遥か遠く、稜線の直下である。
d0134473_17123233.jpg

廃道の林道を歩き、山菜場へ。
d0134473_1714035.jpg

渓斜面を登り、良質の山菜を摘む。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-05-23 17:39 | 山菜教室