植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:岩魚サミット( 15 )


2010年 11月 20日

1279 第3回岩魚サミット

第3回岩魚サミット
イワナを殖やす試み
荒川水系渓流保存会と自然遊悠学による討論会

開催日
2010年11月20日(土)実施

開催場所
自然遊悠学の家

討論会メンバー
d0134473_1735021.jpg


プログラム

秩父イワナ
d0134473_1813476.jpg

体側に散りばめたオレンジ色の朱点。
荒川水系源流に住処のある、居つきイワナ魚体。

昭和30年代の荒川水系には写真のようなイワナがあちこちにたむろしていた。
それが高度成長期における、車道開設、原生林伐採、源流イワナ釣りブームも手伝い、あっという間にイワナは減少してしまう。

秩父イワナ健在の昭和30年代後半、トロッコ列車に乗せてもらい、奥秩父全流域のイワナ釣りに没頭した。
「炭俵サイズ」夢の超大型イワナを求めて、入川渓谷、滝川渓谷、大洞川などの本流に足繁く入山し、奥秩父イワナ釣りに挑戦した。
当時、40センチイワナは珍しくなく、50センチ級イワナとの対戦にイワナ夢を託した。

それから、奥秩父の盟主である和名倉山全山伐採時代に入り、奥秩父流域の名渓は消滅、現在に至る。

d0134473_184645.jpg

奥秩父を去ってから、かなりの年月が過ぎている。
数年前、ブログで知り合った、荒川水系渓流保存会。
「秩父イワナ」という小冊子をいただき、奥秩父イワナを採卵から成魚まで養殖、今年の春、秩父まで出向き養魚場を拝見、成育中のイワナをみれば、そこには奥秩父イワナが育っていることに対して、驚きを隠せなかった。

d0134473_1901770.jpg

奥秩父源流で確保したイワナ。
d0134473_192457.jpg

荒川水系渓流保存会による、採卵から受精。
d0134473_1952266.jpg

秩父イワナ稚魚。
順調に成長中だ。

d0134473_1982557.jpg

親魚に育ったイワナたち。
d0134473_1993674.jpg

イワナの滅び去った渓流へ歩く。
d0134473_1911994.jpg

会有志によりキャンプ放流記。

以上、会の親魚釣りから養殖、放流までを簡潔に記した。
ボランテアによるイワナ養殖、採算を考えることなく、純粋秩父イワナはこうして彼らの手弁当で見事に復活、やがて当たり前に秩父イワナとの対峙は現実になろうとしている。
会の皆様の行動に、もろ手を挙げて賛同する。

今回、荒川水系渓流保存会から、書上氏、厚目氏との討論を実施、有意義なイワナ談義となる。
自然遊悠学の家までご足労かけ、ありがとうございます。

まとめ
1 イワナの持ち帰り~釣り人の良識ある判断を期待する。
2 イワナ遺伝子強化~定期的なイワナ交流を計る。
3 各水系ごとのイワナ保存~地元有志による保存会の立ち上げを望む。
4 イワナ自然遺産~純粋居つきイワナを育て、未来の釣り人へバトンタッチする。
5 イワナ釣りの心得~イワナを釣る前に、人としての行動を再確認する。

d0134473_2004289.jpg

荒川水系渓流保存会、会報。
d0134473_201444.jpg

荒川水系全図。

荒川水系渓流保存会との討論会を終えて
青春の岩魚情熱熱中時代、奥秩父イワナ豊産のころ、お世話になった荒川水系、おそらく奥秩父の良きイワナ時代を経験した生き証人である拙者にとって、生まれ故郷の水源地として、くまなく荒川水系イワナ旅を果たしたが、押し寄せる自然破壊から、止むを得ず、故郷奥秩父と惜別する。
30年余、奥秩父への入山はない。
その後の故郷の遥かなる山々に変化が訪れようとしている。
荒れ放題の山に多少ながら、樹木が育ち、奥秩父復活の足がかりは荒川水系渓流保存会の面々による、イワナ放流が実を結びつつある。
彼らの緻密なイワナ放流行動に、ただただ感謝するのみである。
奥秩父イワナ減少に対して、多大な責任が拙者側にあるのも確かであろう。
本来、イワナ消滅地へ、イワナ補給の役を拙者が担うのが筋だ。
「いつかきっとやる」
その役目を地元の有志による行動がイワナ復活のきっかけとなった。
いつかある日、奥秩父再訪を果たしたい。
「歩いても歩いても岩魚のいる風景が好きだ」
その夢も遠くない時期に実現することになるかもしれない。
岩魚とは人と拘りがあって存在するものだ。

最後に二つのお願いを両氏にした。
拙者の願いが適えられたときが奥秩父再会を果たすこととなる。
頑張って宿題を解いてほしい。
勝手なお願いながら、拙者の夢を実現させてください。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-11-20 20:03 | 岩魚サミット
2010年 11月 07日

1263 第3回岩魚サミット

第3回岩魚サミット
荒川水系渓流保存会、自然遊悠学との討論会

概要
イワナを殖やす試み 
荒川水系渓流保存会による、イワナ養殖の実践公開
奥秩父渓流水系渓魚の現実とその課題
イワナ放流記

開催日
11月20日(土) AM09:00~

開催地
自然遊悠学の家

プログラム

イワナとは

自然遊悠学イワナに関する基本姿勢

荒川水系渓流保存会イワナに関する基本姿勢
d0134473_816354.jpg


回想奥秩父イワナ 

秩父イワナの現実

秩父イワナ、採卵からの養殖

実践イワナ放流記

秩父イワナの未来その課題

まとめ

討論会メンバー
自然遊悠学
植野稔

秩父渓流保存会メンバー&プロフィール
d0134473_802814.jpg

左、書上正
埼玉県在住。奥秩父をはじめ全国各地の滝を巡る傍ら渓にサオを出す滝見人。2001年荒 川水系渓流保存会に入会。工学博士。

中、厚目順
埼玉県比企郡在住。1970年代より柳小屋に泊り荒川源流を歩く。2001年荒川水系渓流保存会に入会。会社員。

右、須崎武男
埼玉県秩父郡在住。幼少期より秩父に暮らし渓魚と親しむ。長年にわたり荒川水系渓流保存会会長をつとめ現在に至る。秩父漁協総代。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-11-07 08:17 | 岩魚サミット
2009年 11月 08日

794  第二回岩魚サミットiN只見

イワナ愛好家による移殖放流
第二回岩魚サミット
200911月7日(土)AM12:00~8日(日)PM12;30実施
場所 福島県只見町 叶津番所

■概要
イワナ釣り人の交流会、イワナの移殖放流シンポジューム。

■今回のツアーポイント
イワナ愛好家の懇親会
2009年度源流イワナ釣りは終了、新たなる源流イワナを求める最新情報を知る。

イワナの移殖放流の是非
新天地イワナについて話し合いをする。

■実施スケジュール
2009年11月7日(土) 天気 晴れ
12:00 受付開始。
17:00 懇親会開始。
d0134473_1762773.jpg

d0134473_177929.jpg

d0134473_1775014.jpg

叶津番所内、囲炉裏を囲んで、今年のイワナ釣りを語る。
料理 瀬畑氏による献立
きのこ鍋
きのこご飯
ゼンマイ炒め
ウド炒め
コンニャク味噌
ダイコン鶏肉煮
23:45 1日目プログラム終了。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-08 17:35 | 岩魚サミット
2009年 10月 27日

782 第2回岩魚サミット


第2回岩魚サミット
イワナ愛好家、募集中
岩魚討論会8日のみ参加OK
プログラム
1日目   イワナ釣り人、親睦会
2日目   イワナの現状と未来・イワナの移殖放流の是非
場所    叶津番所跡
       福島県南会津郡只見町叶津字居平456
開催日   2009年11月7日(土)~8日(日)
集合時間  11月7日(土)12:00~17:00
終了時間  11月8日(日) 14時ごろ
料金     1泊2日 2食付 6000円
当日は天然きのこ天ぷら、きのこ鍋、きのこご飯、食べ放題
※酒、嗜好品は各自持参ください
申し込み&問い合わせ
植野稔   電話 090-9018-3118
瀬畑雄三  電話&ファックス03-3823-6678
叶津番所  電話0241-82-2407
参加者申し込みは開催日当日まで受付
発起人   植野稔  瀬畑雄三 以下パネラー追加中
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-10-27 08:01 | 岩魚サミット
2008年 12月 28日

476 2009年11月自然遊悠学プログラム

2009年11月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
晩秋のナメコ狩り
~ブナ林トレッキングをしながら、天然ナメコを採集する~
~ブナ、カエデの紅葉を楽しみながら森を歩き、ナメコを見つける~
開催日 11月1日(日)・3日(火)・7日(土)・8日(日)・14日(土)
d0134473_144697.jpg

ブナの倒木に発生する、ナメコ。
d0134473_14484199.jpg

ナメコが持つ、ヌラメキがナメコ狩りの魅力である。


2009年11月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
果実酒&ナメコ狩り
~晩秋の山の幸、木の実の果実酒を仕込む~
~2日目はブナ林でのナメコ狩り~
開催日   11月21日(土)~22日(日)
d0134473_1834076.jpg

歩きやすい林道をトレッキングしながら、木の実を採集する。
d0134473_18385530.jpg

秋が深まればナメコの登場になる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-28 15:20 | 岩魚サミット
2008年 12月 24日

472 自然遊悠学10月のプログラム

2009年10月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
高嶺の華、国産マツタケ狩りに挑戦
~アカマツ尾根をトレッキングする、マツタケ狩り~
~自然遊悠学お勧めきのこ場で、マツタケを探そう~
開催日    10月3日(土)~4日(日)
d0134473_20374773.jpg

アカマツ自生地でのきのこ場がマツタケのポイントとなる。
d0134473_2042973.jpg

マツタケが手に入ると、嬉しさがこみ上げてくる。


2009年10月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
「味シメジ」の本丸、ホンシメジ狩り
~ホンシメジを求めて、アカマツ林トレッキング~
~2日目、ハナイグチ狩り。3日目、クリタケ狩り~
開催日    10月10日(土)~11日(日)~12日(月)
d0134473_613648.jpg

味の王様、ホンシメジ。
d0134473_642161.jpg

カラマツ林に自生している、ハナイグチ。


2009年10月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
シモフリシメジ狩り&ハナイグチ狩り
~アカマツ林でのシモフリシメジ狩り~
~カラマツ林でのハナイグチ狩り~
開催日   10月17日(土)・18日(日)
d0134473_1725946.jpg

カラマツ林に発生する、ハナイグチ。
d0134473_17265891.jpg

アカマツの尾根上に出る、シモフリシメジ。


2009年10月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
自然遊悠学、きのこ感謝祭
~マツタケ・ホンシメジ・マイタケを使用する大パーティー~
~遊悠学グッズプレゼント~
開催日   10月24日(土)~25日(日)
d0134473_19192140.jpg

きのこパーティーが開始された。
d0134473_19213017.jpg

遊悠学グッズがプレゼントされました。
d0134473_19233789.jpg

1日目のナメコ狩り。


2009年10月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
晩秋の天然ナメコ狩り
~きのこ狩りのラストを飾る、ナメコ採集~
~ブナ原生林でのナメコ狩り狩りトレッキング~
開催日   10月31日(土)
d0134473_202356100.jpg

天然ナメコ。
d0134473_2025499.jpg

ブナ林でナメコを採集する。

More 詳細はこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-24 21:25 | 岩魚サミット
2008年 12月 23日

470 2009年9月自然遊悠学プログラム

2009年9月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
トチバニンジン・ツルニンジンで健康回復管理
~野性のトチバニンジン・ツルニンジンを探し、薬酒を仕込む~
~健康を維持するツルニンジン効果のすべて~
開催日    9月2日(水)
d0134473_1972293.jpg

トチバニンジン薬酒。
朝鮮人参同格の薬効成分を秘めている。

2009年9月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
岩魚王国を釣る 11
~バリエーション岩魚釣りの5日間~
~50センチ岩魚を求めて、大滝に挑む~
開催日   9月7日(月)~8日(火)~9日(水)~10日(木)~11日(金)
d0134473_2051039.jpg

遡行、イワナ釣りの両者が揃う源流行。
d0134473_207237.jpg

イワナ源流釣行を阻む可能性があるスノーブリッジ。


2009年9月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
奥山きのこマイタケ狩り
~マイタケを求めて、奥山トレッキング~
~ミズナラに自生する、天然マイタケ狩り~
開催日   9月19日(土)・20(日)・21日(月)・22日(火)・23日(水)
d0134473_1747578.jpg

ミズナラに発生するマイタケ。
d0134473_21151557.jpg

1日のマイタケ収穫。


2009年9月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
キャンプでの大型マイタケ狩り
~ブナ・ミズナラ原始林での天然マイタケ狩り~
~ベースキャンプ設置、奥山目指すマイタケ狩り~
開催日   9月26日(土)~27日(日)
d0134473_16545458.jpg

天然マイタケの発見は嬉しい。
d0134473_1701243.jpg

味、香り、まさに一級品のマイタケ。

2009年9月自然遊悠学プログラム秋のスケジュール
健康に生きるための果実酒を仕込む
~マタタビ、サルナシを採集する~
~マタタビ薬酒&サルナシ薬酒をつくる~
開催日    9月30日(水)
d0134473_18172896.jpg

マタタビを採集する。
d0134473_18184498.jpg

サルナシを採集する。

More 詳細はこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-23 19:50 | 岩魚サミット
2008年 12月 22日

463 2009年8月自然遊悠学プログラム

2009年8月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
夏きのこ・チチタケ狩り
~下野名物、チタケを採る~
~コナラの雑木林トレッキングでチタケ狩り~
開催日    8月30日(日)
d0134473_9175810.jpg

チチタケ。
暑い最中に発生するきのこ。
下野ではチチタケのきのこをチタケと呼んで、生死を賭けたきのこドラマが展開される、夏きのこの代表である。
ピカイチの出汁が出るきのこだ。
d0134473_9243036.jpg

夏きのこゆえに、大量の水分がほしがるチタケ自生地だから、沢沿いを中心にトレッキングする。

自然遊悠学プログラムツアー内容詳細
夏きのこ・チチタケ狩り
~下野名物、チタケを採る~
~コナラの雑木林トレッキングでチタケ狩り~

■開催日    
8月30日(日)

■開催地
自然遊悠学フィールド

■料金
10000円
1日のガイド、現地移動費。
レジャー保険は各自ご加入ください。

■定員
2~4名

■宿泊
日帰り

■集合地
中三依温泉駅
浅草発、直通電車はありません。
マイカーの場合
東北道、西那須野塩原インター経由で、中三依温泉駅駐車場。

■集合時間
AM5:00
前泊者はご案内いたします。
d0134473_9382061.jpg

「獲物を狩る」この行為こそ、人間が本来持ちえた本能だ。
自然遊悠学でのテーマである、自然回帰がここに集約されている。

■食事
各自ご用意ください。

■終了時間
PM3:00

■装備
スパイク長靴、帽子、軍手、カゴ、新聞紙、ザック、飲料水。
スパイク長靴レンタル可。

■特典
自然遊悠学手作りチタケ濃縮出汁、味見ができます。

■申し込み・問い合わせ
電話     0288 79 7373
携帯     090 9018 3118

メール
お勧めサイト「植野稔へメールを送る」をクリック。

■備考
自然遊悠学チタケ場の個人入山はお断りいたします。
d0134473_9545520.jpg

チタケ採集後、自然遊悠学の家で、きのこ食味鑑定判断をする。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-22 10:00 | 岩魚サミット
2008年 12月 20日

461 2009年7月自然遊悠学プログラム

2009年7月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
山奥でひっそり自生している野生ランを探す
~可憐という言葉を与えられるランの世界~
~誰も知らない山岳地トレッキング~
開催日    7月1日(水)~2日(木)
d0134473_17362513.jpg

ランの世界は面白いことが多々ある。
きのこのナラタケに宿主がある、ショウキラン。
無葉ランのなかまである。

2009年7月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
岩魚王国を釣る 9
~険谷を遡りゴルジュを突破する大イワナ釣り~
~サバイバルキャンプの試練体験~
開催日    7月6日(月)~7日(火)~8日(水)~9日(木)~10日(金)
d0134473_19593642.jpg

ゴルジュ帯の釣りでは大イワナがロッドを曲げる。
d0134473_2012156.jpg

滝を越えて岩魚の砦にアタックする。


2009年7月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
高山に咲く、お花畑を尋ねる山旅
~高山植物たちの競演山地をトレッキング~
~イワナ釣りをひとまず忘れ、可憐な花々をウオッチング~
開催日    7月15日(水)
d0134473_2036340.jpg

湿原に咲く、リュウキンカ。


2009年7月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
岩魚王国を釣る 10
~源流のイワナ釣り、キャンプ釣行~
~渓流遡行でのイワナ釣り、サバイバル山行~
開催日    7月18日(土)~19日(日)~20日(月)
d0134473_21165094.jpg

源流行でのイワナ釣りは楽しい。
d0134473_21175855.jpg

源流イワナ釣りだから、良型イワナの出番がある。


2009年7月自然遊悠学プログラム夏のスケジュール
チチタケ狩り戦争、40日間の攻防
~生活の糧、チタケ山を守る~
~たった一人で、大挙して押し寄せるチタケマニアとの戦い~
開催日   7月21日(火)~8月29日(土)

More詳細はこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-20 18:02 | 岩魚サミット
2008年 12月 20日

460  2009年6月自然遊悠学プログラム

2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
岩魚王国を釣る 5
~源流遡行、イワナ釣行~
~キャンプでのサバイバルイワナ釣り~
開催日    6月3日(水)~4日(木)
d0134473_8474025.jpg

新緑になった渓流の遡行。
d0134473_8493744.jpg

いつきイワナを釣ることを目的とした、イワナ釣行になる。 

2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
ワラビ・ゼンマイ採集から保存まで
~ワラビの採集、そのレシピから保存法~
~ゼンマイの採集、そのレシピから保存法~
開催日    6月6日(土)・7日(日)
d0134473_9341729.jpg

かつて山地では貴重な現金収入となった、ゼンマイ。


2009年6月自然遊悠学・男鹿川じねんと倶楽部合同企画春のプログラム
たおやかな宴
~男鹿川クリーン作戦~
~たおやかに男鹿川を清掃する~
開催日    6月10日(水)
d0134473_1434712.jpg

河川が綺麗になることが嬉しい、男鹿川クリーン作戦の意義だ。

2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
岩魚王国を釣る 6
~源流遡行、イワナ釣行~
~キャンプでのサバイバルイワナ釣り~
開催日    6月12日(金)~13日(土)~14日(日)
d0134473_11172172.jpg

イワナを釣る。
d0134473_11185875.jpg

渓流に棲んでいる、イワナは自然そのものである。


2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
岩魚王国を釣る 7
~源流遡行、イワナ釣行~
~キャンプでのサバイバルイワナ釣り~
開催日    6月16日(火)~17日(水)~18日(木)
d0134473_12532287.jpg

イワナと戯れれることが面白い。


2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
岩魚王国を釣る 8
~最源流遡行、奥山イワナ釣行~
~キャンプでのサバイバルイワナ釣り~
開催日    6月23日(水)~24日(木)~25日(金)
d0134473_13231198.jpg

渓相は申し分ない。
d0134473_13244058.jpg

源流遡行では欠かせない、軍手。


2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
フキ・ミズナの採集から保存まで
~フキを採集、そのレシピと保存法~
~ミズナを採集、そのレシピと保存法~
開催日   6月20日(日)・21日(日)
d0134473_14254590.jpg

癖がない山菜ミズナ。


2009年6月自然遊悠学プログラム春のスケジュール
イワナ会席料理を賞味する
~1日目はイワナ釣り~
~2日目は旬のイワナを手料理する~
開催日    6月27日(土)~28日(日)
d0134473_15302413.jpg

旬のイワナを会席料理に使う。

More詳細はこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-20 09:47 | 岩魚サミット