植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:健康いきいき( 99 )


2012年 03月 24日

1849 イチゴジャム

d0134473_15395550.jpg

古い友人今井氏のもらった冷凍イチゴ。
そのまま鍋にかける。
d0134473_15411664.jpg

溶けたらイチゴをつぶす。
d0134473_154225.jpg

アクが出てきたら掬い取る。
d0134473_15424043.jpg

イチゴジャムの出来上がり。
d0134473_15432079.jpg

冷めるまで待つ。
d0134473_15435184.jpg

保存は冷蔵庫へ。
合成保存料がないから早めに食べる。

およそ1ヶ月保存できる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-24 15:45 | 健康いきいき
2012年 03月 17日

1843 塩麹

d0134473_16102717.jpg

塩、米麹。
d0134473_16123225.jpg

定量の塩を量る。
d0134473_16132584.jpg

米麹を手で細かく砕いてから塩を入れる。
d0134473_16151747.jpg

素材をよく混ぜ合わせ、ひたひた程度に水を注ぐ。
d0134473_16174546.jpg

よくかき混ぜてから、ラップで蓋をする。

1日1回、かき混ぜる。
塩麹が浮いて頭をだしてしまったら、水を追加いれひたひた状態を保つ。
日が経つと米粒が溶けてアメ色トロトロに変化する。
発酵は10日~2週間、和洋中料理の隠し味に使う。

注意
発酵及び保存の際、麹菌生育限界温度60度を超えないように保つ。
塩麹塩分目安30割、かなりの塩味であるから、塩麹塩味を加味した料理をする。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-17 16:21 | 健康いきいき
2012年 03月 15日

1841 ハクサイ漬物

ハクサイ本漬け

d0134473_17333479.jpg

材料
タマネギ
ニンジン
ユズ
昆布
d0134473_1734787.jpg

トウガラシ
d0134473_17343520.jpg

シイタケ昆布
d0134473_17351795.jpg

材料を刻む。
d0134473_17354812.jpg

下漬けハクサイを水洗い。
d0134473_17363030.jpg

ハクサイの上に刻んだ材料を振り入れる。
d0134473_17372873.jpg

仕上げに出汁の素を注ぎ入れる。
d0134473_17411117.jpg

落とし蓋を入れて軽量重石をする。
保存は冷暗所。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-15 17:43 | 健康いきいき
2012年 02月 25日

1822 漬物

d0134473_1162127.jpg

d0134473_116356.jpg

明け方から雪が降っている。
牡丹雪だ。
我が家の室内温度3度、初春特有雨と雪のせめぎあいだから、今日はかろうじて雪になっている。
牡丹雪となればまもなく春がやってくる。
初冬に仕込んだハクサイダとイコンの漬物が残りわずかになった。
野外に出かけられないから、3月4月分の漬物をやる。
d0134473_1114935.jpg

春さん、洋さん、会津屋から、雪堀をやって取り出したハクサイ。
d0134473_111647.jpg

4等分して容器に入れる。
塩分は3パーセントを目安とする。
塩ふり後、ハクサイの2倍の重石をかける。
呼び塩水5リットルを加える。
ハクサイ下漬け完了、水揚を待つ。

d0134473_11193284.jpg

ダイコンのべったら漬けを仕込む。
ダイコン半割りする。
d0134473_11202899.jpg

米麹、塩、砂糖を定量入れる。
ダイコンの2倍の重石をかける。
漬け液が上がったら重石を半分にする。
2週間程度で熟成、そのまま洗うことなくダイコンを食べるので、素材は丁寧に洗ってから仕込む。
d0134473_11252113.jpg

冷暗所で保存する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-02-25 11:32 | 健康いきいき
2012年 02月 12日

1809 マムシ話

再び冬、雪化粧。
午前中、会津屋へ。
三依原発風評被害について記入用紙にアドバイス。
午後、」となりの石川さんちにお邪魔する。
d0134473_16435260.jpg

昭和10年生まれ、当年76歳。
だるまストーブにあたりながら四方山話に興ずる。
今日はマムシについての講和だ。
春さん
毎年マムシ3匹食べる。
こうすると、身体の若返り、元気でいられるよ。
植野
滋養の一番はどの部位。
春さん
何つった手「肝だ」。
青色の肝をナマのまま飲み込む。
コツは肝をつぶさないように一気に飲む。

マムシ話の最中、主の清さんが物置小屋からやってくる。

清さん
肝は春が飲み込むから、俺は骨肉をたたいて焼いて食べるよ。
マムシ皮をヤカンに入れてから湯だしして食べると美味い。
植野
マムシは全部食べられる。
清さん
頭は毒があるから切り捨てる、それ以外はすべて食べるよ。
植野
骨は硬くないですか。
春さん
ヘビの中でマムシ骨は一番柔らくて、コクがあるから美味い。
マムシのおかげで、このとしになっての病気無し。
歯医者以外、悪いとこなし、元気そのものだよ。
植野
今年は何匹食べた。
清さん
炭焼き釜で大きいマムシ1匹だけだけれど、腹の中に7匹の子供がいたから助かった。
春さん
生まれたてのマムシをフライパンで焼いてから、醤油味で食べた。
子供は特に美味かった。
植野
毒なかった。
清さん
子供は毒無し、丸ごと食べたよ、こうして元気だから毒はなっかみたい。

石川夫妻、恐るべし。
雪降りの最中、面白い話は続く。
話は尽きない、夕方になったので帰宅する。
帰り際、マムシ獲得を約束させられた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-02-12 17:14 | 健康いきいき
2012年 02月 09日

1806 保存食

d0134473_1639395.jpg

下漬けした白菜を本漬けしたもの。
重石はハクサイが浮きあがらない程度の重石をしておく。
d0134473_16413971.jpg

本漬けしたハクサイ。
出汁、ニンジン、タマネギ、昆布で仕上げてある。
d0134473_16434545.jpg

ダイコンのべったら漬け。
d0134473_16441949.jpg

米麹、塩、砂糖で仕上げてある。
d0134473_1645595.jpg

着け床から引き上げ、食べやすい大きさに切る。
d0134473_1646699.jpg

保存は冷蔵庫に入れる。

冬野菜の漬物として、ハクサイとダイコンがある。
先人の知恵プラス、仕込み人の工夫を加えて、素材を活かす。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-02-09 16:49 | 健康いきいき
2012年 01月 31日

1797 三依難民救済

40年に及ぶ古い友人、今井私宅へお立ち寄り。
食料品多数いただきました。
つつましい生活を全うするものにとって、ありがたい助け舟となる。
d0134473_1522298.jpg

サラダに使えるオリーブオイル、香り良いごま油、ユズジャム。
d0134473_1544669.jpg

子供の頭ぐらい大きいナシ。
宇都宮産高級品。
d0134473_1563655.jpg

下野人なら誰でも知っている醤油。
d0134473_1593585.jpg

チャーハン類多数。
d0134473_1510232.jpg

砂糖、ノリ。
d0134473_1511160.jpg

蕎麦、ソーメン。
d0134473_15113841.jpg

モチ、シャケ瓶詰め。
d0134473_15125973.jpg

鮟鱇スープ、鶏肉タマゴ。
d0134473_15143948.jpg

から揚げ類。
d0134473_1515958.jpg

大洗産魚ミリン干。
d0134473_15162510.jpg

ジャムに加工できるイチゴとブルーベリー。
d0134473_15172418.jpg

ハム類。

これがあれば長期間の食料となる。
せっかくの頂き物であるから、食品に合うベスト仕込で食べ尽くしたい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-31 15:22 | 健康いきいき
2012年 01月 26日

1791 ホキョクイワナ南蛮漬け

d0134473_151430100.jpg

熟成した南蛮漬け、1日1回食べる。
d0134473_15151483.jpg

なるべく多種の食品を食べれば身体に良い。

今日は雪日、よく噛んで食べる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-26 15:21 | 健康いきいき
2012年 01月 23日

1788 保存食

d0134473_14273695.jpg

牛肉佃煮
牛肉を食べやすい大きさに切り、酒、砂糖、ミリン、醤油で味付け。
冷蔵保存で10日間、食べられる。

お袋の味ニンジンの卵とじ
d0134473_14331284.jpg

千切りしたニンジンを炒める。
d0134473_14335048.jpg

酒で痛め。
d0134473_14344431.jpg

ミリンを入れる。
d0134473_14352686.jpg

醤油を入れる。
d0134473_14355494.jpg

タマゴを入れる。
d0134473_14363529.jpg

だし汁がなくなるまで炒める。

保存は冷蔵庫、10日間ぐらいを目安に食べきる。

d0134473_16252730.jpg

[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-23 14:39 | 健康いきいき
2012年 01月 19日

1784  南蛮漬け

d0134473_16243563.jpg

古い友人、今井氏からいただいたホッキョクイワナ。
d0134473_16262024.jpg

フィインランド産、降海型オショロコマに似ている。
この切り身を活かすには南蛮漬けであろう。

d0134473_16291991.jpg

出汁材料。
d0134473_16294843.jpg

昆布を入れる。
d0134473_1631275.jpg

けずり節を入れる。
d0134473_16325868.jpg

こす。
出汁の出来上がり。
d0134473_16385444.jpg

昆布とけずり節はおでんに入れる。
d0134473_16345998.jpg

引き立てやく具材。
d0134473_16361973.jpg

細く切る。
d0134473_16371469.jpg

出汁汁を作る。
d0134473_16411939.jpg

ホッキョクイワナ食べやすい大きさに切る。
d0134473_16423161.jpg

塩コショウで下味をつける。
d0134473_16443116.jpg

小麦粉衣。
d0134473_16451460.jpg

揚げる。
d0134473_16453876.jpg

沈んだ素材が浮き上がったら引き上げのタイミングだ。
d0134473_1647826.jpg

揚げたてを出汁汁に入れる。
d0134473_16485621.jpg

レモン、タマネギ、ニンジンを上部に入れる。
仕上げは赤唐辛子をまぶす。
d0134473_16505068.jpg

保存は冷蔵庫へ。
2~3日後が食べごろ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-01-19 16:52 | 健康いきいき