カテゴリ:自然遊悠学( 32 )


2011年 12月 03日

1736 去る年来る年その総括と展望

3.11東日本大震災からスタートした2011年、それは激動元年という日本列島悪夢といえる、1000年に1度の有史まれな大地震から始まるり、福島原発事故を生む。
それはたった一人で下野三依地域主催で実施する、我が自然遊悠学にも多大な影響を及ぼす。
地震による何かしかの影響があって、山人生産者を生活の糧とする者すべてに、山の幸不作を露呈する結果となる。

渓流釣り
d0134473_100714.jpg

居つきイワナ、我が伴として、しばし折れかけた精神を救ってくれる。
d0134473_1064250.jpg

山岳地イワナ釣行、このときばかりは、すべてのことを一瞬のあいだ忘れさせる、癒しの時間となる。

イワナ釣り源流行、岩魚5カ年計画2011年度釣行はすべてキャンセル、大半は次年度先送りとなる。
2012年新計画は中止、今年のイワナ課題をそのまま持ち越しとする。
それでも、かつての源流遡行パートナーである、齋藤氏、柚本氏を合流させ、再び源流イワナアタックへの希望を見出す。

2011年新潟福島局地的大豪雨
今夏、只見・越後における降水量600ミリを超える集中的豪雨の被害は自然遊悠学ホームグランド渓流を襲い、壊滅的破壊を与えた。
源流イワナは一部を除き全滅状態、6月イワナ釣行における豊漁に対して、同一渓流
再釣行結果はツアー報告のように、無残な釣行を終始させた。
「イワナよ永久に」を合い言葉として、源流イワナ愛好家協賛のもと、10年を目安に渓魚復活運動を推進させる。

源流イワナ生育道はかなりしんどうものの、自然遊悠学における根幹をなすイワナ釣り中心思想はいささかなブレはない。

山菜摘み
d0134473_1044478.jpg

癖のない万能山菜コゴミ。
d0134473_10442311.jpg

良質な山菜収獲。
下野における山菜採集は例年並みだ。
しかし、会津における山菜場消失は計り知れない。
それに放射線セシウム問題に対して、安全地帯を新たに開拓、新フィールドでの山菜摘みを実施したい。
2012年、山の幸直売所への出荷を一部山菜採集計画実施を試みる。

きのこ狩り
d0134473_10543754.jpg

下野名産チチタケ、自然遊悠学資金として2012年度も量産に取り組む。
d0134473_10593966.jpg

マイタケ、2012年インターネット販売計画がある。
d0134473_111327.jpg

良好な出汁きのこナラタケ。

樹木との共生関係を結ぶ菌根菌きのこ発生不作は想定外、不作というより凶作状態となり、マツタケ、ホンシメジ、はほとんど発生を見ない。
2012年における豊作を願うばかりだ。

登山
d0134473_1175240.jpg

自然遊悠学では未知なる山を歩くことを信条としている。
d0134473_1194731.jpg

一人会員である60・60・60の会を主宰する私。

目的への最短ルートを地底図から読み取り山を歩く。
人の歩かない山斜面探索、これからも積極的に実行する。
山中奥山キャンプを季節ごとに実施、山への憧憬を世に示す。

2011年、さほどの朗報無しに終わりかけている。
これからまだ見ぬ夢に向かって希望を抱きながら、つつましい生活の中を邁進したい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-12-03 11:25 | 自然遊悠学
2011年 07月 07日

1549 みのるスペシャルザック限定発売

最強バックと名付ける、イケテイ遊悠学グッズシリーズ、ミノルスペシャルブランドバック類補強の一環として、新開発ザック新発売。
d0134473_13344592.jpg

ミノルスペシャルシリーズ。
ミノルパートナーリュック。
上からウエストバック、背負いバック、山菜・きのこ手さげバック。
右、新製品ザック。
ザックの登場でみのるスペシャル充実なる。
定価22000円(税込み)

新製品紹介
d0134473_13394415.jpg

背負いザック。ミノルパートナーリュック。
外ポケット付きであるから使いやすい。
色、ブラックとベージュ。
ハードな山行に耐えられる、軽量中空ナイロン糸使用、水、油などの汚れを寄せ付けない、特殊加工生地が威力を発揮する。
開発コンセプト
今回、BEーPАL読者向け限定50個発売
トレッキング&タウン、両者に使用できるザックを今回試作を重ね商品化しました。
d0134473_13413861.jpg

ザック中身、イケテイらしい各種ポケットあり。
地図、水筒、弁当、非常食、収納可。
d0134473_1346195.jpg

ザックバンドを留める、ワンタッチジョイント。
d0134473_13482250.jpg

ザックバンド、金具仕上げ。
手さげひも付き。
d0134473_1349552.jpg

ザック雨避け上蓋、皮バンド固定される。

BEーPАL、8月号別冊付録38ページに掲載。

トレッキング使用感は後日フィールドテストしてから報告いたします。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-07 13:55 | 自然遊悠学
2011年 01月 30日

1379 2011年度、ツアー計画にあたって

渓流釣り
イワナ源流挑戦5カ年計画の3年目となる。
会津、奥只見、越後山地、朝日連峰、飯豊連峰この5大山地渓谷を1本ずつアタックする。
これまでに秘密裏に実施した、イワナ放流地点の確認のためだ。
懐かしい渓流との再会を果たしたい。
また地元の渓流へも何度か足を運ぶことにする。
今からイワナ熱がまたまた復活しそうな心境である。
渓谷遡行立案にあたり、気合を入れなおして挑みたい。
古い釣友とのパーティーを組み、できたら水源から山上へと歩く、完全遡行が狙いである。
山菜摘み
昨年は山菜を休ませてある。
山菜資源を枯渇させないように実施する。
山菜環境整備も同時進行、当然乱獲などは一切やらない。
上物山菜だけをほんの少しいただくことにする。
きのこ狩り
イワナ釣り同格扱いできのこを狩る。
奥山針葉樹林発生の特異きのこが今年の本命きのこ狩りだ。
これまで、マイタケに情熱を注ぎ、それなりの成果を収めることができた。
昨年2ヶ月余、アカマツ尾根調査をやったことが、今年のマツタケ狩りの朗報をもたらすと思われる。
きのこ味番付における、西の横綱だから、相手に不足はなかろう。
特にコメツガ林でのマツタケ狩りに、期待しているところだ。
パワースポット探検
パワースポットと題する癒しの地が多々あり、自然遊悠学賛同同士諸君と共に歩きたい。
さほど手垢なしの桃源郷をトレッキングする。
若かりし頃、アルピニストを自負していた時代、その地を探訪した経験がある。
同時にきのこ山菜採集地点でもあるが、今回は山頂ルートを目指す。
最高峰から下界を見下ろす風景も悪くなく心地よいと思う。
計画コースを考えれば、今から心躍る面白さが待っていることだろう。
それはかれこれ30年以上前の出来事だから、ほとんど忘れかけた山岳地探訪になる。
地域研究
三依地区を挟んだ、西の日光山地、東の高原山がある。
ここもかなりの部分は以前お世話になっている。
下野に住んで、改めて両山地を考えれば、意外と山中へ侵入させてしまえば、未だ知られざる秘所が残されていることを最近知った。
下野五十里湖以北調査に、7年間費やされた。
この地とてたやすく物にはできまい。
5年ぐらいかけて再調査を試みたい。

以上、ここに新たな目標到着地点明らかになった。
明日からトレーニングを再会する。
世の中との約束を果たすため、後戻りなどできない。
一歩一歩、ゆっくりあせることなく立案計画を実行したいと考えている。

実施内容の投稿
これまでの如く、具体的な固有名詞使用は控える。
オープンになっている地点その限りではない。
イワナ釣り、山菜摘み、きのこ狩りは特に慎重に投稿したい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-01-30 21:08 | 自然遊悠学
2010年 11月 12日

1270 自然遊悠学お祭り写真館

d0134473_2023578.jpg
d0134473_203567.jpg

d0134473_2033344.jpg

d0134473_2044100.jpg

d0134473_2043411.jpg

d0134473_2051934.jpg

d0134473_2054681.jpg

d0134473_2062771.jpg

d0134473_207553.jpg

吉田カメラマン撮影の写真です。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-11-12 20:08 | 自然遊悠学
2010年 09月 28日

1208  イケテイ遊悠学グッズ

自然遊悠学グッズ到着。
10月早々に実施するメデア向けのものです。
d0134473_10103590.jpg

みのるスペシャル製品
これまでのオリジナル遊悠学グッズを改良しました。
d0134473_10124555.jpg

左、山菜、きのこバック。
中、ウエストバック。
右、肩掛けバック。
モダンに仕上がっております。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-09-28 10:19 | 自然遊悠学
2009年 11月 14日

799  自然遊悠学実施総括

2009年度自然遊悠学総括
月めくりカレンダーの枚数が1枚となった。
今日は11月14日。明日15日から全国的に狩猟が解禁となる。
ヤブ山が多々ある下野、会津の山地も一斉に獲物を求めて山狩りが行われる。
「ズドーン」一発発射された砲弾が、ツキノワグマ、ヤマドリ、ウサギ、ニホンジカを襲う。
『殺生は岩魚だけ』こう決めた我が人生だから、私の獣狩りは一切ない。
素人狩猟家による誤射、毎年、当たり前にマスコミから報道されている。
狩猟解禁山入りで、無駄死には避けたい。
まだまだ無限大に山学をやらなければ、自分の生涯を賭ける仕事の大願成就はないのだ。
だから今日で自然遊悠学プログラムは事実上、終了する。

還暦を半ば過ぎ、かなり年をとっている。
それでも、渓のおきな現役75歳宣言をしている。
私は80歳まで、イワナ釣り師として役目を担ってほしいと、渓のおきなに申し上げた。
これまで、606060(ろくまるろくまるろくまる)運動を自分のノルマとした。
60歳まで、60リットルのザックを背負う、60センチのイワナを釣る、こんな目標を持って半生をおくった。
今、人生の折り返しに当たり、606060から、806060運動に切り替えている。
私のイワナ熱は衰えを知らず、未だ20歳台のイワナ情熱を持っている。
渓のおきなも同じことを言っていた。

さて今年の山の幸狩りをみていこう。

イワナ釣り
岩魚5ヵ年計画初年度、目標の渓入りは5割程度、ほとんど目的を達成されることなく終わった。
世の中不景気嵐が、我が自然遊悠学スケジュールをあっとゆうまにのみ込み、半数程度の実施と相成ったことが影響し、遠征釣行を計画倒れにした、経済的理由による。
それでも3本の主要渓流を調査できた喜びはある。
60イワナを釣ることが岩魚浪漫であったのが、36どまり、人跡まれなゴルジュ突破挑戦できなかったからだろう。
2010年、我がイワナ旅50年、記念の年になる。
そこで新たなイワナ旅として、これまでにイワナ移殖放流源流地へのイワナ釣行を決行する決意で望む。
それは老体に鞭打つ過酷な源流遡行になり、新たなイワナ放流を実施するイワナ旅でもあるから、未来のイワナ釣り師へのイワナ自然遺産を我が手でやることにした。
乞うご期待ください。

山菜狩り
山間部積雪量減少が響き、山菜発生の盛り前倒しがあって、一斉山菜発生となってしまい、良質山菜出番、採集時期がずれてしまう。
それは結果的には山菜採集不能となり、山菜を休める年になった。
毎年、同一場所での山菜狩りとなれば、山菜枯渇に陥ることがあるから、そのことを考えれば良かったのだろう。
幻の山菜、ギョウジャニンニク自生地新天地を執念で発見、今年の山菜狩りにおける唯一の朗報となる。
2010年、新天地ギョウジャニンニク自生地候補地があるから、これは確実にものにしたい。

薬酒
サルナシ、マタタビを仕込めた。
念願だったチョウセンゴミシを長野県で採集、幻のチョウセンゴミシ薬酒をつくることができた。
また、きのこの珍種、チョレイマイタケを下野で発見、早速薬酒にして、植野稔薬酒コレクションの輝かしい1ページを飾る。
2010年、幻の薬酒づくり、あと1個。未だ挑戦は継続する。

きのこ狩り
8月のチタケ(チチタケ)、9月のマイタケ、10月のマツタケ、ホンシメジ、コウタケ(シシタケ)いずれも不作。
山入りしても、毒きのこすら発生しない凶作年が今年のきのこ事情だ。
当てにしたきのこが出ていないので、現金収入が半減、自然遊悠学運営に支障をきたす結果に、改めて自然が恵んでくれる、山の幸狩りの不安定さに一喜一憂した。
いまどき大量の雨が今降っているが、もっと早いきのこ時期に降ってもらいたかった。
2010年、平年並みの雪、平年並みの雨、平年並みの晴れ間がバランスよく安定した天候を願うばかりである。
きのこ最終章、ナメコ狩り、何とか平年並みの収獲があり、来年に向けた希望のきのこ狩りで今年は終わった。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-11-14 15:28 | 自然遊悠学
2009年 10月 02日

764 遊悠学グッズ新製品

ウエストバック、山菜きのこバック新発売

自然遊悠学のお祭り
2009年10月24日(土)~25日(日)
(株)イテテイ協賛
オリジナル商品のプレゼントがあります。
参加人員 あと4名募集中



d0134473_14495881.jpg

上段は従来のウエストバック。
下段が今回開発した中型ウエストバック、&山菜きのこバック。
d0134473_14523358.jpg

実際の自然遊悠学フィールドで使用、身体にヒットして使いやすい。
中型バックと山菜きのこバックを使えば、山菜狩り、きのこ狩りはスムーズにできる。
d0134473_1458181.jpg

山菜きのこバック。
上部にチャック蓋がつき、山の幸落下防止となる。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-10-02 14:58 | 自然遊悠学
2009年 07月 24日

688 第二回岩魚サミット

岩魚サミット開催のお知らせ

第2回岩魚サミット

プログラム
1日目
イワナ釣り人、親睦会
2日目
イワナの現状と未来
イワナの移殖放流の是非
場所
叶津番所跡
福島県南会津郡只見町叶津字居平456
開催日
2009年11月7日(土)~8日(日)
集合時間
11月7日(土)12:00~17:00
終了時間
11月8日(日) 14時ごろ
料金
1泊2日 2食付 6000円
当日は天然マイタケの天ぷら、きのこ鍋、きのこご飯、食べ放題
※酒、嗜好品は各自持参ください
※食料品持ち込み大歓迎
※料理手伝い歓迎
申し込み&問い合わせ
植野稔
自然遊悠学ueno-m@topaz.plala.or.jp
電話 090-9018-3118
瀬畑雄三
電話&ファックス03-3823-6678
叶津番所
電話0241-82-2407
参加者申し込みは開催日当日まで受付
発起人
植野稔
瀬畑雄三
以下パネラー追加中
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-07-24 17:22 | 自然遊悠学
2009年 07月 01日

659 2009年上半期

今年の自然遊悠学、前半期総括
梅雨前線が沖縄から北上、本土を総なめにする勢いで、長々と梅雨前線は停滞、本州における梅雨模様は本格的に活動しそうである。
毎年ながら九州北部にこの時期、梅雨前線が停滞している状態が続き、九州北部に記録的な豪雨をもたらし、各地に水害が起こっている。
我が家のある下野北部、自然遊悠学の居を構えている山地へ、今のところさほどの降雨は記録されていない。
ホームグランドである下野と会津に例年並みの雨が降らないでいるから、山菜の生育は悪い。
特にイワナ釣りは解禁から今まで、山地雨がなく、冬季降雪量の少なさも加味され、4月までまずまずだった渓流釣りが5月、6月、壊滅的な打撃を男鹿川水系に与えた。
このところ多少の降雨があるものの、依然として例年渓水量は半分程度のまま推移している状態が続いている。
d0134473_1432635.jpg

今日の中三依芹沢橋からの男鹿川。
例年平水の半分鹿渓水はない。
7月解禁となる鮎釣りも水不足で苦戦するに違いない。
■上半期のイワナ釣り
男鹿川
4月までは順調だったイワナ釣りが、5月以降の水量不足で芳しくない。
かろうじて漁協の放流魚が頼みではあるものの、天然魚しか興味のない源流釣り師にとっては何の解j決策に役立つことはない。
岩魚王国を釣る
男鹿川から離れ奥地の渓イワナを釣った。
長い渓入渓で希望のイワナに出会えた。
「イワナは足で釣れ」の格言が今も生きているようだ。
d0134473_14502813.jpg

中三依湿生園。
今年2度目の刈り払いが実施された。
確かに手入れされいて綺麗に見える。
けれども可憐な花まで刈り取られているのには失望した。
d0134473_14552456.jpg

湿生園内のショウブ。
大形の花であるゆえに刈り取りをまぬかれて咲いていた。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-07-01 15:40 | 自然遊悠学
2009年 06月 17日

645 下野、樹木観察

森に入り、樹木ウオッチング
d0134473_1822531.jpg

スギ植林地を抜け、雑木林に到着。
心が要約落ち着いてくる。
d0134473_18242564.jpg

ホウの木の樹肌は滑らかである。
d0134473_18255956.jpg

樹幹は二分され、天を突く。
d0134473_18281429.jpg

山道のない斜面に、獣道がある。
獣道を辿ると、意外に歩きやすい。
d0134473_183124100.jpg

ブナ帯にある、老木ブナ。
d0134473_18331823.jpg

ブナ巨樹は大きく枝を広げ、樹冠を覆っている。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-06-17 19:05 | 自然遊悠学