カテゴリ:山菜の保存( 24 )


2011年 07月 28日

1582 山菜本漬け 

ワラビとフキの本漬け

d0134473_1161624.jpg

下漬けワラビ12キロを洗う。
d0134473_1172047.jpg

過飽和塩とする。

差し水、1.5ℓ。
重し4キロ。

d0134473_1193581.jpg

下漬けフキ15キロを洗う。
d0134473_11101189.jpg

過飽和塩とする。

差し水、2ℓ。
重し5キロ。

本漬け終了、これをやれば厚い夏でも腐敗無し。
d0134473_11152022.jpg

保存は冷暗所。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-28 11:14 | 山菜の保存
2011年 06月 27日

1530 フキ採集から保存

d0134473_16214146.jpg

朝ごはん、たっぷり食べてスタミナアップ。
d0134473_16224390.jpg

山道を歩く。
d0134473_16231825.jpg

フキ摘み開始。
d0134473_1624827.jpg

予定していたフキ摘み終了。
d0134473_16251366.jpg

フキを背負い帰路に着く。
d0134473_1626983.jpg

フキの塩漬け保存。
d0134473_16264190.jpg

キャラブキに使うフキ。
d0134473_16272679.jpg

塩漬けフキは冷暗所で保存。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-06-27 16:28 | 山菜の保存
2011年 06月 02日

1504 山菜保存

山菜ミックス漬け

d0134473_1635342.jpg

簡易保存した山菜は流水で洗う。
d0134473_1638636.jpg

シドケ、下葉を除く。
d0134473_16385481.jpg

茎下をカット、シドケ先端葉は残す。
d0134473_16402273.jpg

イヌドウナ、大葉を除く。
d0134473_16413296.jpg

ウドの皮剥き。
d0134473_16421451.jpg

山菜をさらす。
d0134473_16433816.jpg

山菜先端部をカット。
d0134473_1644996.jpg

山菜を食べやすい大きさに切る。
d0134473_16445524.jpg

山菜葉を湯がく。
d0134473_16453256.jpg

茹で上げた山菜葉を直ちに冷水で冷やす。
d0134473_16472297.jpg

ウド湯がき。
d0134473_16475258.jpg

山菜茎を冷水で冷やす。
d0134473_16483481.jpg

山菜の水切り。
d0134473_1649586.jpg

ウド、シドケ、イヌドウナの保存漬けと山菜葉の出来上がり。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-06-02 16:51 | 山菜の保存
2011年 06月 01日

1503 ワラビ採集から保存

d0134473_8521280.jpg

早朝、ワラビ畑へ。
d0134473_8534855.jpg

「早起きは3文の得」の例え通り、ハルゼミ羽化に立ちあうことができた。
d0134473_8562494.jpg

タワーのように突き出るワラビ。
d0134473_8565884.jpg

ワラビ収獲。
「ボキッ」とワラビ茎を折る音が良い。
d0134473_8584268.jpg

ワラビ自生地。

d0134473_8592259.jpg

今日の収獲。

ワラビ塩漬け保存

d0134473_901461.jpg

前回のワラビ上に摘んだワラビを入れる。
d0134473_91881.jpg

塩ふりは多目とする。
d0134473_914120.jpg

重石を載せる。
d0134473_92671.jpg

蓋をして冷暗所保存。

d0134473_935988.jpg

昨日採集した山菜、水入容器に入れれば数日鮮度を保てる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-06-01 09:06 | 山菜の保存
2011年 05月 23日

1494 山菜採集から保存

「3日空けたらだめだ」
日々移行する山の幸状況を山先達から教わった格言をそそうのないように守り、今日に至っている。
今日はその3日目、山菜生長具合を見に行く。
d0134473_1522359.jpg

だましだまし動かしているマイカーを駐車、山菜アプローチ短縮には欠かせない。
d0134473_1571774.jpg

理想的な山菜場。
下野三依地区在住以来、先達が守ってくれた山菜フィールドを私が受け継いでいる。
d0134473_15112340.jpg

山菜場を守っているものの、他人の侵入はあるから、タラの芽は2番芽は何者かに採られてしまう。
私は1番芽しか採集しない。
残りの3番芽を採られてしまうと、タラノキは枯れてしまう。
d0134473_15184429.jpg

コゴミ全草採集、やめてもらいたい。
d0134473_15204594.jpg

ミヤマイラクサ、まだ食べられる。
d0134473_1521204.jpg

生長したシドケ。
先端部を裏折りする。
高級山菜であれば、食べられる先端をとる行為を「みちのく」では裏折という。
山菜シーズンが進んでしまったら、しばしこの手を使う。
d0134473_15255028.jpg

ウルイ、食べごろだ。
d0134473_15262938.jpg

ウド、裏折りする。
d0134473_1527985.jpg

本日の本命山菜、ワラビ。
d0134473_15275178.jpg

摘みごろワラビ。
d0134473_15285320.jpg

ちょうど良いワラビを摘むことができた。

More続きはこちらをクリック
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-05-23 15:53 | 山菜の保存
2011年 05月 17日

1488 山菜保存漬け

d0134473_16425565.jpg

花ワサビから茎ワサビへ移行する。
葉は光合成を受け、地下茎を生長させる。
d0134473_16454944.jpg

タラの芽が好きな檀家さんに贈るもの。
先日収獲した山のものと一緒に宅配便を出す。
d0134473_16465148.jpg

命の源、天然湧き水を確保する。
およそ1ヶ月間飲める。

ワラビの保存
d0134473_16491164.jpg

重曹でアク抜き後、食べやすい大きさに切る。
d0134473_1651510.jpg

タッパーの底に昆布を敷き、その上にワラビを入れる。
ニンジン、ショウガを千切りして入れる。
d0134473_16522378.jpg

酒、ミリン、醤油のたれを入れる。
冷蔵保存する。

山菜ミックス漬け
d0134473_16533310.jpg

ウドの皮剥き、水にさらす。
d0134473_16551852.jpg

食べやすい大きさに切る。
d0134473_16555433.jpg

シドケの先端部はおひたしにする。
d0134473_16564991.jpg

冷蔵保存。
d0134473_16571832.jpg

ヤマソテツ、ウド、シドケ、ミヤマイラクサ、ワサビはサッと湯がき水にさらす。
d0134473_1659373.jpg

山菜はザルに上げて水切り。
d0134473_16593699.jpg

山菜ミック家ス漬けの出来上がり。
冷蔵保存、1ヶ月食べられる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-05-17 17:00 | 山菜の保存
2011年 04月 16日

1455 フキノトウ味噌漬け

d0134473_1621810.jpg

採集したフキノトウ。
d0134473_163470.jpg

花芽をもぎとる。
d0134473_1634231.jpg

花芽は捨てる。
d0134473_1642560.jpg

フキノトウを水洗い。
食べたすい大きさに切る。
d0134473_1653298.jpg

調味料の味噌と酒。
d0134473_1662085.jpg

ボールに刻んだフキノトウを入れる。
味噌と酒で和える。
d0134473_1682125.jpg

ホワイトリカーで保存ビンを消毒し、和えたフキノトウ味噌を注ぎ入れる。

保存は冷蔵庫へ。
1ヶ月を目安に食べる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-04-16 16:10 | 山菜の保存
2010年 05月 16日

1048 ギョウジャニンニク仕込み

山菜を保存する
d0134473_1418290.jpg

採集したギョウジャニンニクを水洗い。
d0134473_14194090.jpg

地面と接する茎皮を外す。
d0134473_1421489.jpg

食べやすい大きさに切る。
水分をふきとる。
d0134473_1423520.jpg

切り終えたギョウジャニンニクを保存容器に入れる。
醤油を注げば出来上がり。
保存は冷蔵保存。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-05-16 14:25 | 山菜の保存
2010年 03月 12日

948 フキノトウ味噌漬け

初物フキノトウを摘み、保存する
フキノトウ味噌漬けを仕込む

d0134473_1324376.jpg

春雪を突き破り、フキノトウが芽を出す。
d0134473_1335143.jpg

まさに春を先取り、フキノトウ摘み。
d0134473_1354845.jpg

フキノトウ外皮をむしりとり、水洗い。
たっぷりの熱湯でフキノトウをさっと茹で上げる。
d0134473_1385337.jpg

茹で上げたフキノトウを冷水にさらす。
d0134473_1394650.jpg

フキノトウを包丁で細かく切る。
d0134473_13105323.jpg

味噌、酒、砂糖を合わせ、中火であっさり煮る。
刻んだフキノトウを搾り、味噌床と和える。
d0134473_13132811.jpg

ホワイトリカーで保存ビンを殺菌、和えたフキノトウを容器に入れる。

冷蔵保存で1ヶ月間食べられる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-03-12 13:15 | 山菜の保存
2009年 07月 22日

683 フキ摘み

夏の山菜、フキ
西日本では梅雨末期の集中豪雨により土石流が特別養護老人ホームを襲い、多数の死者を出した。
また弱者が犠牲となり、気の毒としか言いようもない。
またせっかく休暇をとって悪石島へ出向き、ダイヤモンドリング撮影、あるいは見学としゃれ込んだ観光客期待の皆既日食となる天体ショーなのに。朝から雨が降っている。
それでも9時に雨がやんだ。
気がかりだったフキ採集ができそうなので会津へ出かける。
d0134473_14225655.jpg

夏に収穫期を迎える、フキ。
d0134473_14262123.jpg

廃道の車道を歩く。
d0134473_14273777.jpg

車道から山道となる。
d0134473_14285960.jpg

沢沿いを歩き、フキ場へ。
d0134473_1430462.jpg

収穫したフキ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-07-22 14:32 | 山菜の保存