カテゴリ:きのこの保存( 28 )


2011年 10月 26日

1698 ナメコ醤油漬け

ナメコの醤油漬け

d0134473_1673677.jpg

ナメコを流水で洗い熱湯で湯がく。
d0134473_1683434.jpg

ザルに上げ、水切り、冷めるまで待つ。
d0134473_16101161.jpg

保存ビンを35度のホワイトリカーで消毒してから、ナメコを8分目まで入れる。
醤油をビン口元まで注ぎ入れる。

保存は冷蔵保存。

消費期間 3ヶ月を目安に食べる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-10-26 16:14 | きのこの保存
2011年 10月 05日

1673  きのこ保存

d0134473_16423394.jpg

シシタケは天日乾燥させる。
d0134473_16431719.jpg

マイタケ、半干ししてから冷凍保存。

今日は雨、きのこにとって恵みの雨になってほしい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-10-05 16:45 | きのこの保存
2011年 09月 29日

1665 きのこ狩り

マイタケ2連敗、今日は目先を変えて会津へ。
午前中マイタケ探し、午後からマツタケ、ホンシメジ下見をする。
d0134473_17463815.jpg

尾根とり付きまでの沢であるが、渓相一変、ただに小沢が深い沢に変身していることに、驚きを隠せない。
今夏における集中豪雨及び台風被害がこのような結果を生んだ。
d0134473_17502215.jpg

渓荒れはかなりのダメージを受けたことに対して、原生林内ミズナラ林は健在だ。
d0134473_1752187.jpg

7キロマイタケ収獲ミズナラ、今年はまだ出ていない。
d0134473_17531959.jpg

帰路に見つけたマイタケではあるが、流れている。

d0134473_17543091.jpg

午後マツタケ山へ。
異常乾燥中、きのこ類は全くなし。
d0134473_17563945.jpg

ホンシメジ斜面、ここもきのこ発生はない。

現在、雨待つ状態だ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-29 17:58 | きのこの保存
2011年 09月 22日

1656 きのこ保存

d0134473_19291625.jpg

収獲したシシタケは天日乾燥させる。

生シシタケを乾燥させれば、味は良くなる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-22 19:32 | きのこの保存
2011年 08月 27日

1629 雑木林トレッキング

珍しく雨は降っていない。
朝、チタケの発生終了した雑木林へ向かう。
d0134473_16422293.jpg

1本目の雑木林。
d0134473_1643071.jpg

1本木イヌブナ。
d0134473_16434834.jpg

マイタケは出ていないミズナラ。
d0134473_16444771.jpg

猛毒御三家ドクツルタケ。
d0134473_16454325.jpg

ホトトギス秋を告げる。
d0134473_16462195.jpg

ツチアケビ。
d0134473_1647250.jpg

下山中見つけたチチタケ。

午後、2本目の尾根を歩く。
d0134473_164739100.jpg

落差50mあるナメ滝。
d0134473_16491274.jpg

主尾根は開けている。
d0134473_16493918.jpg

下山中、見つけたツチアケビ。

d0134473_16504941.jpg

3本目の尾根。
d0134473_16512389.jpg

マスタケ。
d0134473_16514337.jpg

ハナホウキタケ食べられません。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-08-27 16:52 | きのこの保存
2010年 10月 10日

1226 きのこ保存

収穫きのこが溜まれば、なるべく早く保存する。
今日は雨、その時間を利用して、きのこを保存する。
d0134473_14501471.jpg

ナラタケ、収獲の際、軸を折ってしまえば、きのこ下処理は簡単だ。
ほとんどゴミ付着はない。
d0134473_1452584.jpg

あっさり湯がき、アク抜き。
d0134473_14541892.jpg

酒、ミリン、砂糖少々、醤油で甘辛仕上げとする。
冷蔵保存で数ヶ月食べられる。
d0134473_1456545.jpg

きのこ狩りで得た、きのこたち。
下ごしらえする。
d0134473_1458878.jpg

ヤマブシタケ、スライスしてから湯がく。
d0134473_14591620.jpg

クロカワ、流水でゴミを除き、食べやすい大きさに切る。
d0134473_1504241.jpg

あっさりクロカワを湯がく。
d0134473_153590.jpg

成長していないマスタケをスライスしてから湯がく。
d0134473_154136.jpg

きのこが冷めるまで待つ。
d0134473_1561349.jpg

きのこをビニール袋に入れて、冷凍保存。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-10-10 15:07 | きのこの保存
2010年 10月 08日

1223 マイタケ保存

d0134473_163128.jpg

マイタケを天日乾燥させる。
ほほ半日、天日干しすれが出来上がり。
保存はラップで1個1個包み、保冷パックに入れて冷凍保存。
数ヶ月保存できる。
天日干しすると、生マイタケより味が良好となる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-10-08 16:34 | きのこの保存
2010年 10月 07日

1221 きのこ保存

d0134473_16272354.jpg

採集したシシタケを天日干し。
乾燥させれば風味が良好となる。
完全乾燥させれば2年間常温保存できる。
d0134473_16292857.jpg

天然マイタケを天日干しする。
味が一段とよくなる。
半干し後、冷凍保存する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-10-07 16:32 | きのこの保存
2010年 09月 29日

1210 アミタケ保存

d0134473_5373988.jpg

アミタケの茎をハサミで切り、付着ゴミを流水で水洗い。
傘のゴミは手で落とす。
ザルに上げて、きのこを湯がく。
d0134473_5472376.jpg

きのこを湯がくくと紫色に変化するきのこがアミタケである。
d0134473_5494325.jpg

保存ビンをホワイトリカーで消毒、粗熱をとり更に冷めたきのこをビンに入れる。
ビンに9割ほどきのこを入れてから、醤油を注ぎ、仕上げは日本酒少々加える。

保存は冷蔵庫へ。
およそ3ヶ月を目安にいただく。

食べ方
大根おろし和え
鍋の具
味噌汁の具
※生醤油なので味は濃い、その分を見計らってきのこ料理を実施すること。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-09-29 05:59 | きのこの保存
2010年 09月 25日

1201 きのこ整理&料理保存

朝から台風9号の影響があり、雨が降っている。
きのこにとって、雨不足解消に役立つ降雨である。
きのこ収穫後、冷蔵保存すればある程度、きのこ鮮度を保つことができる。
一般にきのこ保存は早めの処置を実施しなければだめだ。
けれども拙者の場合、天気が良ければきのこ収獲を第一としている。
きのこ狩りたけなわのこの頃、冷蔵保存きのこが溜まっているから、野外に出られない日があれば、一斉にきのこを下処理後、冷凍保存することにしている。

マツタケ保存
d0134473_16522526.jpg

収獲マツタケ、一級品だから売り物にはしない。
流水でさっと洗い、水切り。
軽く水分をふきとり、ラップに包む。
ジッパーつき保冷パックに入れて、冷凍保存。
数ヶ月保存できる。

ブナハリタケ保存
d0134473_16573860.jpg

短い茎をハサミで切り、水洗い、きのこをしぼる。
きのこを食べたすい大きさに手で裂く。
フライパンにサラダ油を入れて炒める
d0134473_1723293.jpg

きのこから水分が出たら、酒、ミリンで味付け。
d0134473_1735370.jpg

十分に炒めたら、醤油で好みの味付けをする。
d0134473_179912.jpg

きのこが冷えたら、1回分づつナイロン袋に入れる。
袋ごと、冷凍保存する。
数ヶ月保存できる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-09-25 17:12 | きのこの保存