カテゴリ:渓流釣行記( 162 )


2012年 05月 13日

1925 渓流巡行

 イワナ釣りを趣味としている釣り人がやってきた。かれこれ5年程度、自然遊悠学イワナ釣り教室リピーター、今日、ボランテアでガイドすることにした。
d0134473_1935194.jpg

イワナ第一ポイント魚止滝を探る。
d0134473_1944129.jpg

イワナは中型。
d0134473_196689.jpg

居つきのイワナ。
d0134473_1964312.jpg

イワナ第二ポイント。
d0134473_1971357.jpg

魚止滝。
d0134473_1973899.jpg

居つきイワナ。
d0134473_1980100.jpg

イワナ第三ポイント。
d0134473_1983563.jpg

居つきイワナ。
d0134473_199822.jpg

イワナ第四ポイント。
d0134473_1995041.jpg

居つきイワナ。
d0134473_19101337.jpg

魚止滝。
d0134473_19103899.jpg

居つきイワナ、ラストに良型が出た。
d0134473_19112590.jpg

アタリのあったイワナはすべてリリース。

 本日は日曜日、サンデーアングラーたちを横目に、その隙間に入ってイワナを釣ることができた。期待の渓流は釣り人ラッシュ、さほど良くない渓流に人影なし。浮き沈みのあるイワナ物語を実感できた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-05-13 19:14 | 渓流釣行記
2012年 05月 05日

1917 源流イワナ釣り

d0134473_1534466.jpg

廃道になった林道を歩く。
d0134473_15353462.jpg

開花したヒトリシズカ。
d0134473_15361155.jpg

沢沿いに自生するミヤマキケマン。
d0134473_15365763.jpg

歩行2時間、源流部に到着。
d0134473_15374892.jpg

今年も健在源流居つきイワナ。
d0134473_15382087.jpg

職業イワナ漁師だった時代、「平瀬を制することだ。」と、老職漁師から教わった平瀬攻略で攻める。
d0134473_1542292.jpg

d0134473_15422116.jpg

d0134473_15423598.jpg

d0134473_15424949.jpg

d0134473_1543487.jpg

源流イワナたちとの再会を果たす。
d0134473_1544846.jpg

イワナの棲む落ち込みを丹念に釣る。
d0134473_1545492.jpg

今日の最終落ち込み淵。
d0134473_15462323.jpg

ヤブレガサ。
d0134473_15464542.jpg
 
コゴミ。
d0134473_15471123.jpg

ミヤマイラクサ。
d0134473_15473353.jpg

タラの芽。

 釣行5時間、納得できる釣技を披露することができた。今年も源流釣りができる体制を整え、奥山釣行をやるつもりでいる。
 帰路、山菜を摘みながらのんびり歩いた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-05-05 15:54 | 渓流釣行記
2012年 03月 25日

1850 初釣行

d0134473_1832503.jpg

原始林が育むヤマメ。イワナ混生地へ。
d0134473_18342081.jpg

イワナポイント。
d0134473_183572.jpg

初イワナ。
d0134473_18353669.jpg

若手イワナ釣り師誕生。
d0134473_1836869.jpg

ミソサザイ鳴く。
d0134473_18363466.jpg

良型ヤマメの引き。
d0134473_1837531.jpg

天然ヤマメを手にする。
d0134473_18384837.jpg

餌釣り師ながら獲物はすべてリリース、感心感心。
d0134473_1840639.jpg

ヤマメ魚体。
d0134473_1840306.jpg

イワナ魚体。

粉雪舞う寒いなか4名で入渓、ガイドの私以外、天然物を初釣りながら物にする。
2012年、今年もイワナを元気にスタートできた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-25 18:42 | 渓流釣行記
2011年 09月 01日

1636 イワナ釣行

イワナ釣行ツアー
9月2日、3日、4日、5日、台風に負けることなく、計画通りイワナ釣行を決行します。
この間、ブログは休みます。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-09-01 18:23 | 渓流釣行記
2011年 07月 26日

1579    源流へ

d0134473_16414088.jpg

2時間歩行、イワナポイントへ着く。
d0134473_16423894.jpg
d0134473_16424995.jpg
d0134473_16434100.jpg

d0134473_16431747.jpg

今日のイワナたち。
d0134473_16434662.jpg

ゲリラ豪雨で増水、逃げ帰る。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-26 16:44 | 渓流釣行記
2011年 07月 25日

1576 源流へ

d0134473_1652225.jpg

珍しい無班イワナ。
d0134473_1674749.jpg

d0134473_168350.jpg

源流イワナ。
d0134473_1682930.jpg

魚止め滝以遠の滝。
d0134473_169770.jpg

巨岩のゴーロ。
d0134473_1693698.jpg

ミソサザイの巣。

歩行3時間、源流に着く。
イワナ釣りより歩く時間が長い釣行になった。
それでも減水中だから、イワナ食いは悪い。
鬼チョロエサをポイントへ落とす、イワナは逃げてしまう。
夏イワナ釣りは難しい。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-25 16:14 | 渓流釣行記
2011年 07月 23日

1574 源流へ

d0134473_17324493.jpg

歩行3時間、源流へ着く。
d0134473_1733342.jpg

1年ぶり再会の滝だ。
d0134473_17341340.jpg

ゴーロのイワナ釣りとなる。
d0134473_17345311.jpg

奥山の滝。
d0134473_17352442.jpg

d0134473_17353965.jpg

d0134473_17355459.jpg

d0134473_173652.jpg

今日のイワナたち。

およそ8時間連続歩行に挑戦、何とかノルマを達成する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-23 17:36 | 渓流釣行記
2011年 07月 22日

1573 源流へ

d0134473_16512358.jpg

源流らしいデブリ。
d0134473_16521284.jpg

支流魚止め滝のイワナ。
中ほどの黒い魚体が浮上する。
d0134473_16542715.jpg

居つきイワナ。
d0134473_16552331.jpg

渓を塞ぐ雪渓の残骸。
d0134473_16561838.jpg

源流最奥部イワナ止め滝。
d0134473_16571984.jpg

良型イワナ。
d0134473_16581715.jpg

不安定なスノーブリッジ。
d0134473_16585780.jpg

崩壊寸前、ここは右岸を高巻く。
d0134473_16595780.jpg

イワナの群れ。
d0134473_1721019.jpg

雪渓したに出ていたウド。
d0134473_1724876.jpg

高山チョウ。
d0134473_1733094.jpg

ランチタイム。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-22 17:04 | 渓流釣行記
2011年 07月 18日

1565 源流へ

d0134473_17541923.jpg

デブリが渓を塞ぐ。
d0134473_17551414.jpg

スラブヤセ尾根が見える。
d0134473_17561858.jpg

花崗岩の渓相。
d0134473_17572037.jpg

廊下状の渓を歩く。
d0134473_17582367.jpg

イワナ止めの滝。
d0134473_17584865.jpg

渓イワナ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-18 17:59 | 渓流釣行記
2011年 07月 12日

1553 イワナ釣り源流へ

d0134473_1952775.jpg

3日間お世話になったキャンプ地。
雑魚寝、蚊の襲来を受ける。
d0134473_19531638.jpg

居つきイワナ。
d0134473_1953507.jpg

スノーブリッジ、下を潜る。
d0134473_19543028.jpg

雪渓は続く。
d0134473_19545785.jpg

滝を越える。
d0134473_19552190.jpg

ビタミン源のウルイ。
d0134473_19554985.jpg

落下寸前スノーブリッジ。
素早く越える。
d0134473_19564420.jpg

納得できるイワナ魚体。
d0134473_19571730.jpg

最奥にある魚どまり。
d0134473_1958992.jpg

夕食のおかず、タチアザミ。
d0134473_19591071.jpg

3日目、再度源流へ。
d0134473_2005771.jpg

雪渓は多い。
d0134473_201275.jpg

遡上止め滝。
d0134473_20156100.jpg

ワンタッチ地下足袋スパイク付きテスト報告。
頑丈すぎて縫い目が当たり参った。
左は当たりなし、右は小指外側の当たりあり。
つま先部マジックテープ着脱しやすい。
写真の地下足袋先端部テープは外れている。
中段、上段はスパッツ着用で着脱防止。
いまひとつ工夫がほしい。
商品化したからにはフィールドテストすべきだ
d0134473_2032648.jpg

大型イワナながら痩せていた。
d0134473_2041098.jpg

雌イワナ。
d0134473_2044415.jpg

ガイドの私。
反省
今回、同行者の痛めていたネンザが悪化、テン場を上部に上げられず、消化不良の源流行となってしまう。
テン場付近釣行地点終了に伴い、4日間釣行であったが3日目午後帰還する。
今回の失敗を教訓に再挑戦しかない。

源流イワナ
残雪の影響と思われるエサ不足があって、痩せ身魚体イワナ。
体力回復は夏以降となりそうだ。
釣り上げイワナはすべて再放流する。

装備
かなりの軽量化を図ったつもりであったものの、ザック重量15㎏、更なる節約をしなければパーティー源流釣行は難しい。
結果的には荷物の重さに負けてしまい敗退を生む。
今後、40ℓザックに納まる工夫を取り組む。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-07-12 20:08 | 渓流釣行記