2009年 06月 30日

658 2ウエイ、バック新製品

アウトドア、インドア両刀使い可能バック
自然遊悠学の前身、遊悠学時代から協賛してくれている、(株)イケテイから、2ウエイ使用可能な改良型新清貧バックが我が家に到着する。
強力テント布機械ミシン加工、最高厚さの生地仕様のバックであっても、我が自然遊悠学フィールドで使用すれば、バック角がヤブコギで擦れ切れてしまう。
そこでテント生地から更に強力な擦り切れにくい新生地使用のバックを製品としたモデルを改良する。
最大の改良点、新生地仕様のバック前蓋を施したことだ。
これならヤブコギでのバックコーナーを前蓋が守ってくれる。
改良1号モデルを自然遊悠学でモニター、岩のところ全製品の欠点であった、擦り切れの兆候がなく、バック中身を前蓋が保護してくれている。

今回到着した2号モデル、生身を紛失しくい、内部チャックが装着された。

d0134473_15381553.jpg

改良された新製品(手前)と旧モデル。
d0134473_154009.jpg

前蓋装着には金具仕様になった。
d0134473_15415721.jpg

マイカー鍵の紛失防止に鍵ホルダーが新たに追加されている。
d0134473_1545581.jpg

バック前室、5箇所の小ポケットがあるから、カード、携帯電話、名詞、印鑑などを収納できる。





d0134473_15492159.jpg

バック本体、濡れにくい生地仕様で防水にある程度耐えるようになっている。
私はこの場所にデジタルカメラ、非常食を入れて使用中だ。
d0134473_15531462.jpg

アウトドアではウエストバック、タウン使用ではショルダーの2ウエイ仕様になっている。
d0134473_15554121.jpg

高額ながら、使用すればバックの値段相応の良さがある。
d0134473_1558411.jpg

(株)イケテイのオリジナル製品の商標登録。
d0134473_1601022.jpg

2ウエイバック、只今進化中、アウトドアでモニターしてみる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-06-30 16:02 | 身辺雑記


<< 659 2009年上半期      657 岩魚王国を釣る >>