植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 12月 17日

456 我が岩魚哲学

我輩はかく、こうして生きる
雨模様の朝になった。
雨降りでの野外活動も悪くなかろう。
生き物の有るがままの自然風景を見られるのも雨の日が適していることがある。
温度計が4度を指しているから、高山では雪になっているかも知れない。
自分自身を鍛え直す訓練に、霙であれば申し分ない。
寒い試練こそ、生き物が生き物らしく再構築再生させるのに手っ取り早い。
雨でもアウトドア決行も可能であるが、我輩が望んでいる山調査に対して、雪の空にガスがかかれば尾根、支尾根、稜線、渓谷、樹木を確認する手立てがなくなり、ピークハンターになってしまう。
目標を達せられない山登りを避け、たまっている身辺整理、浮世における最低の義理をやることにした。

若かりし頃、自分一人で生きようと決めていたが、棺桶が目の前に迫ってしまえば、勝手放題の生き方は良くないことに気づいた。
人の字を描いた場合、人を支えてくれる他人様が存在してくれるから、人は人らしく生活できるのである。

これまでに我輩と接した人は多々いる。
我輩を踏み台にして出世した人。
我輩を信じたために、路頭に迷った人。
我輩の思想についていけず、精神病になった人。
我輩と同じ年齢ながら、本物の老人になった人。
我輩の岩魚思想に反発して逃げた人。
老いぼれてしまい、イワナ釣りができなくなった人。
多大なストレスを生じ、この世とおさらばした人。
山で遭難事故死をした人。
交通事故で亡くなった人。

人の生死、それはいろいろあるものだ。
生きるか死ぬか、そのドラマチックな分かれ道を考えたとき、強い生の持ち主と、弱い生の持ち主との間で、生死の一部を担ってしまう何らかの差を生じてしまう気がしてならない。
あからさまに生への執念をもやせば、死に直面しても死から脱出するものだと我輩は考える。
これまでに死と対決すること十数回、「死んでしまった」と、記憶が消え三途の川を渡り返して生還したことも何度かある。
生神様がいるとすれば、生の強弱によって、死神様を受け入れさせられたり、受け入れさせなかったりする。
しかしながら、やにくもに生を期待していれば良いことではない。
人それぞれが持っている精神が大切なのだ。
「天世界を突き破る、宇宙の果てまで届く」強力かつ威力のある、精神を宿せねば、生神様の応援を受けることはできない。

「岩魚哲学」なる我輩の岩魚に対する思考がある。
岩魚を中心に天が動くのである。
簡単言えば、イワナが中心にいて、その周辺にあらゆる生きのが生まれ死に、岩魚曼荼羅世界が展開しているのだ。
人とて例外なく、イワナの外に存在し、我輩とて岩魚の下界にこうして生を授かり生活をし暮らしているのである。

我輩が密かに潜入したい「岩魚曼荼羅世界」がある。
これまでの歴代イワナ釣り人とて、岩魚曼荼羅世界の扉をこじ開けた人は皆無だ。
我輩も見果てぬ夢に終わるかもしれない難関が待ち受けている。
岩魚扉を開けるのに、一般の修法では通用しない。
死のぎりぎりまで我輩の身体、精神を追い込み、、岩魚旅の終点に至らなければ、大願成就はままならないだろう。
試練はもうすぐやってくる。
当然、正念場の生への修羅場はこれからだ。
まあ、のんびり気楽にやるしかあるまい。

わけのわからない脱線状態の問題はこれくらいにして、本論に戻る。

老いぼれ我が人生を助けてくれる、奇特の人がこの世の中にいる。
「難民救済」がやってきた。









今回、2名様の援助物資が我が家に到着した。
暖かいセーター、防寒具、下着などの衣類を戴いた。
今年の下野自然遊悠学ホームにおける冷え込みは厳しく寒い。
それを見越して寒さ防止用に贈られてきた品物を我輩は素直に頂戴することにした。
改めて感謝申し上げます。
ありがとうございます。
これで越冬ができそうだ。
d0134473_1614651.jpg

ダンボール2箱、我輩のために贈ってくれた衣類。
d0134473_16161195.jpg

風邪防止用にと、ユズをお返しに。
このユズ、無農薬です。
d0134473_16221718.jpg

我が家の玄関軒下で、天日干し柿。
柿が好きな人なので、我輩の気持ちを受けとってください。
d0134473_16254537.jpg

箱に空きのスペースがあったので、無農薬ニンジンを入れました。
d0134473_16274225.jpg

けして立派なお返しではありませんが、我輩は真心をこめた品々を箱に収めました。

我輩は岩魚の申し子を自認しております。
しかし。我輩とて人の子、親もいれば兄弟だっている。
人と人との付き合いもやる。
けれども、我輩が生きていくための、最低限のノルマだけしか実行できない。
お世話になった人との交流をやりたいけれど、世間並みとはいかない。
「岩魚に食わせてもらっている」これが基本にあって、通り一遍の人との義理はごめんこうむる。この点はお許しいただきたい。と、願うばかりである。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-12-17 16:48 | 身辺雑記


<< 457 ブナの森旅      455 自然遊悠学フィールド新天地 >>