2008年 10月 19日

385 きのこ差し入れ

きの好き友人がやってきた
日曜日の早朝、突然、電話が鳴り、友人が自然遊悠学の家にやってきた。
不意の来客は大歓迎、我輩もきのこマニアなので、きのこ好き友人とのきのこ情報は大いにきのこ狩りに役立つ。
友人が持ってきたダンボールに中身、茨城県出身らしく、イッポンシメジ(ウラベニホテイシメジ)が新聞に包まれてぎっしり入っていた。
このきのこは丁寧に持ち帰らなければ、傘が壊れてしまい、見栄えが悪くなる。
さすがきのこマニア、保存状態の良好なきのこっをもってきてくれた。
今日9時から、きのこ狩りをやるので、お土産とすることにした。
ありがたく頂戴する。
さらに、いイッポンシメジが出た後に発生する、食毒不明のきのこを持参してきたが、鑑定は難しい。
それに好物のモチのから揚げ、これは間違いなく食べられる。
実家近くの幼馴染の家で、十八番、モチのから揚げを帰郷すれば揚げてくれる代物だが、このところの燃料高騰で、生まれ故郷には帰れなく、友人の差し入れをみて、望郷のねんとしなければなるまい。
d0134473_7455725.jpg

茨城県ではイッポンシメジと呼んでいる、ウラベニホテイシメジ。
d0134473_7474938.jpg

大型きのこに生長するイッポンシメジ。
傘はほろ苦いが、茨城・埼玉・群馬ではきのこの王様と珍重している。
バター炒めで食べると美味い。
d0134473_7535734.jpg

色の黒いムラサキシメジに似ているきのこ。
これは食毒不明ながら、このきのこを採って食べたと、隣のバ様が言っていた。このきのこ投稿中、我が家にやってきて自信たっぷりに断言した。
しかしながら、我輩は今のところ、食べる気にはならない。
きのこ横のモチのから揚げは我輩の胃の中に収めたい。

追伸
自然遊悠学ではきのこ鑑定も無料で実施しておりますので、我が家の庭にマイカー駐車していれば、我輩は在住しておりますので、気楽に声をかけてください。
お待ちしております。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-19 08:06 | 身辺雑記


<< 386 アカマツ尾根を目指す...      384 ホンシメジ狩り&シモ... >>