2008年 10月 01日

361 男鹿川定点観測

中三依芹沢橋からの男鹿川
久しぶりにじっくり男鹿川を見た。
昨夜からの降雨でやや多めの本流の水量だ。
すでに渓魚釣りは禁漁だから、これからヤマメから続いてイワナへと始まる産卵準備に、今回の雨は朗報だろう。
8月の集中豪雨で、男鹿川流域の渓相は岩盤地帯を除いて一変された、渓魚にとって、かなりのダメージを受けてしまったが、それからの男鹿川はさほどの混乱はなく、禁漁後に見かけた渓魚の確かな手ごたえを確認しているから、子孫を残す産卵には豪雨渦の影響を最小限にとどめられたことは良かった。

この豊かなる渓水を遡るイワナ、ヤマメに対して、エールを贈ると共に、「しっかり産卵しろ」と励ましの一言をかけたい。
d0134473_1514567.jpg

豊かなる男鹿川の渓水はイワナとヤマメを育んでいる。
d0134473_1516089.jpg

身置きしておいたアケビ。
そろそろ収穫に時期がやってきた。
秋は手の届く位置までやってきている。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-10-01 15:20 | 下野・会津だより


<< 362  マツタケ情報解禁      360 マイタケ狩りの総括 >>