2008年 09月 01日

310 男鹿川定点観測&男鹿の自然

水食を取り戻した男鹿川
男鹿川情報
今日の天気  晴れのち曇り
自然遊悠学の家 室内温度  26度 蒸し暑い

停滞してい雨を降らせた前線が移動したため、昨日の昼前後から、久しぶりで晴れ間が続いている。
今日の3時まで天気は上々、晴れていたが、4時ごろになって再び、曇りの空模様になった。
また雨になる情報もあり、雨は当分いらないが、天候は我輩にとって、どうすることもできず、天とう様に任せるしかあるまい。
d0134473_15551957.jpg

増水中の男鹿川ではあるが、徐々に水色を取り戻し、なかなか良好な渓魚釣り条件になった。

今、昨夜までの強雨における、天然渓魚の行方が心配だが、したたかなイワナやヤマメだから、河川上流で、頑張って棲息しているに違いない。




今日から9月。
イワナ、ヤマメ釣りの禁漁まであと20日。
太公望のせわしない季節がやってきている。

d0134473_1611213.jpg

今日の中三依湿生園。
確実に秋景色になっている。
d0134473_1651734.jpg

ガマの穂が目立つ湿原風景。
d0134473_1664834.jpg

ハギの花が咲き始めた。
いつの間にか、知らないうちに、気節は夏から秋へと受け継がれ、すでに
湿原には秋花が彩られている。
知らずは我輩だけかもしれない、今日の湿原光景でした。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-09-01 16:22 | 下野・会津だより


<< 311 ツチアケビ薬酒を仕込む      309 2008年度、最後の... >>