植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 27日

241 鬼怒川支流、馬坂沢を下降

サンショウウオの棲む源流下降、栃の葉橋まで
田代山(1926.3メートル)、帝釈山(2059.6メートル)、台倉高山(2006.7メートル)に水源を求める、鬼怒川支流の馬坂沢、無砂谷に強い興味を抱いたのは、今から40年以上前の話だ。
当時、アプローチが長く、車道もなく、まさにイワナの別天地であった。
なによりだったのが、イワナ釣りのプロがいて、滝上にイワナを放流してくれたおかげで、私の好きな釣り人の往来がなく、ビバークイワナ源流行に事欠く様子もなく、渓流が明るいので、単独イワナ釣り師にはぴったりの渓流釣り場であった。

日本列島が、高度成長期にかけて、日本経済は右肩上がりの急成長を成し、戦後復興を果たした。
しかし、経済発展の影で、日本列島が誇る、豊かなる原生林帯の活用という、大義名分もあって、経済優先のあおりをまともに受けた結果、各地方の山に車道開設、森林伐採で山は荒れてしまった。我がイワナの故郷、馬坂沢、無砂谷があっという間に、もろくも破壊されてしまった。

自然遊悠学の家を開設して3年、地の利を生かすため、再び那須連邦、男鹿山塊、帝釈山脈の山々を再訪問することにした。
その一環で、今回、馬坂沢のイワナ調査に向かった。
イワナをウオッチングするには、下流から上流へ遡行するのが常道ながら、それでは面白くないので、馬坂沢源頭から本流部を下降することにした。






人気のある馬坂沢、すでにイワナ入渓ポイントへは合計3台のマイカーが駐車してある。
自分の前には地元の軽トラが走っている。
おそらくサンショウウオ漁の人であろう、こんな源流へ釣り人はいないからだ。
それにしても、近年の馬坂林道の手入れはよろしく、崩壊している土砂、岩石をブルトーザーで整備してくれたおかげで、最源頭にある予定下降地点まで、我が旧式ポンコツのマイカーでも到着できた。

マイカーを安全な広い駐車スペースにおいて出発。
幸い、天気は上々、源流部にいることに、一瞬、驚いた。こんな山奥にマイカーを乗り入れ可能になった、新しい時代の到来に、少々、戸惑いを隠せない複雑な心境ではあるが???

馬坂林道からオオイデ沢に向かう山道を歩く。
さすがと思えるフキ採集による、フキ狩りがこんな奥地で実施されている。おそらく地元の人のようである。太いフキだけを狩り、不要な葉をまとめて捨ててある、手際のよさに感服した。

「水のなくなるところまで、イワナがいる」とご教授授かってはいたが、急勾配で競り上がる、源流ではイワナの魚影はない。
けれども所々、ナタ目があるのでここでサンショウウオ漁をやるのか。いや肝心の胴仕掛けが設置されていないから、サンショウウオ漁はもっと奥山のようである。

オオイデ沢二俣までくれば、イワナが走った。
さすがに元イワナ釣りプロのテリトリー、私の期待にかなうイワナの放流に同感してしまう。

ほぼ同水量のジャグチ沢が左岸から出合う。
付近の巨岩帯が岩魚を育てているようだ。

下流を下れば、両岸に岩場のある滝、コビルノ滝、3段になっている。
2段目の滝釜には新しい樹木が入ってしまい、イワナ釣りはできない。
風倒木が岩魚をかろうじて守っているのかもしれない。

しばらく平凡な下降の最中、イワナ釣り師に出会う。
今市からの人で、感じよく私の下降を認めてくれた。さらに、下流でもう一人の釣り人がいるから、その釣り人に自分の車まで、送ってくれる手配をしてくれた。誠に親切な釣り人に感謝しながら、さらに下降を続ける。

渓相のよい、落ち込みの連続する本流を下る。
すると先ほど説明を受けた、釣り人がいた。
理由を話し、自分の車までの送迎をお願いして、先に下る。
二人目に会った釣り人は心臓が悪く心配だが、一緒に下降しようと誘ってみたものの、自分のペースで歩くとの了解があった。

平瀬になれば栃の葉橋に到着。
ここにも3人目の釣り人に会う。
年配の釣り人で、「10年前はよかった」と昔のイワナ釣り話をしてくれた。
「一尾とフキ、ミズナが収穫」老釣り師のけなげなイワナ談義に相槌を打つ。

ジムニーの駐車してある場所で待つ。
10分後に釣り人がやってきて、上流の我がマイカーまで同乗してすれた。
釣り人は鮎の愛好家で、鬼怒川と那珂川の年券を買って、鮎釣り三昧の夢があり、心臓があまりよくないので、休みながら鮎釣りをやるのだと、夢中で話す。
「尺鮎」を掛けた」鮎釣り話はたいくつしなかった。

私のマイカーまで25分。
本当にありがとうございました。
今市在住の人を見たら、敬服してしまいそうだ。

着替えをやっていたら、早朝の軽トラがやってきた。
今日、4人目の人。案の定、サンショウウオ漁を最源流でやったらしく、得意そうにサンショウウオを披露してくれた。
聞けば地元の土呂部の人で、40年前には馬坂沢でイワナ釣りをやったことがあると、イワナ昔話をしてくれた。

今日は華の金曜日、それなのに4人の人に出会った。
車道開設が入渓を安易にさせている。
今後、馬坂沢はどのような運命をたどるのであろうか。
イワナにとって、受難の今日この頃の日和なのだろう。

d0134473_1541581.jpg

馬坂沢の源流から下部を望む。
d0134473_15425387.jpg

オオイデ沢の奥二俣。
イワナを確認する。
d0134473_15443079.jpg

下降すれば淵が出てくる。
d0134473_15454939.jpg

同水量の二俣。
左がオオイデ沢。右がジャグチ沢。
d0134473_15475961.jpg

3段12メートルのコビキノ滝。
d0134473_1549414.jpg

コビキノ滝下部。
小滝が連なる。
d0134473_1551754.jpg

本流のなかほどにある、3メートル滝。
d0134473_15523492.jpg

シシウドをツキノワグマが食いちぎる。
開発されたとはいえ、奥山には野生動物たちの棲家になっている。
d0134473_1555141.jpg

渓相は良好である。
d0134473_15564577.jpg

土呂部在住の人がとった、サンショウウオ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-06-27 15:08 | 渓流釣行記


<< 242 今日の男鹿川&男鹿散歩      240 裏女峰の渓4滝沢釣行... >>