2008年 06月 03日

213  定点観測&男鹿の梅雨入り

芹沢橋からの男鹿川、男鹿中三依の自然
6月3日(火)平年より1週間早い梅雨入りとなった。
これから7月20日ごろまで、雨降り模様が続く。
人様にはうっとうしい長雨ながら、自然界にとっては生きていくうえで、大地を潤す、恵みの雨になる。
中三依、自然遊悠学の家の室温は10度。少し寒い陽気だ。
芹沢橋からの男鹿川。
平水よりやや多めの安定した流れがある、男鹿川本流。
d0134473_9323987.jpg





昨夜からの降雨で中三依湿生園の植物群はしっとり濡れている。
雨ながら、なかなか風情がある風景になっている。
d0134473_9375312.jpg

ヤマツツジの花は終了、これから開花するショウブに花便りはバトンタッチされていく。
d0134473_9401950.jpg

これかが見ごろとなる、ショウブ。
d0134473_942985.jpg

樹木にからみつき生長する、ヤマフジ。
d0134473_944289.jpg


梅雨入りの下野
これから40日間、雨が降ったり止んだり、晴れ間の少ない季節がやってきた。
以降は人の立場から、梅雨の功罪を考える。

■良い点
人間の往来が少なくなり、静かな山旅ができる。
渓流釣行では鮎釣りが各地で解禁となり、渓流は静けさが戻ってくる。
■悪い点
他人様をあてにした商売人には、人出がない閑散とした問題の深刻さはj計り知れない。

[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-06-03 09:59 | 下野・会津だより


<< 214 湯西川源流イワナ釣行      212 那珂川源流のイワナ釣り >>