植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 06日

92 今日の下野その近況

 今日の下野

7時7分、只今の室温、-1度。天候晴れ。
 放射冷却で寒い。

自然遊悠学のベースキャンプ地、自然遊悠学の家は中三依という栃木・福島県境稜線近くにある。我が自然と戯れる拠点、会津西街道という下野と会津を結ぶ重要な古道にあたり、中心部に郵便局、温泉、駅を構えている。

衣食住という生活様式のなかで、「食」に関心を示す人は多い。下野で生まれ育った村民であれば、田畑を耕しながら山の幸を採集、それらを保存しながら食を耐えた。

されど現在、山村民でも食料を自給自足している人はほとんどいない。吾輩も一週間に1回、食料の買出しにいく。南下すれば今市まで40キロメートル。北東に向かい西那須野、黒磯まで50キロメートル。いずれも遠地まで出向かなければ、買い物はできない。住まい付近にスーパーマーケットはない。

ない尽くしのついでにもう一つ。家庭ゴミだしは週2回。月曜日が旗日であれば、ゴミ運搬車は休み。郵便物集配は一日2回。パソコンの回線はISⅮNなので立ち上がりは遅くいらいらする。最近まであった酒屋は廃業。とにかく不便極まりない。

 しかし、すこぶる早いことがある。
「人の同行を知る」これは瞬く間に広がる。話題がほとんどないから、誰が今なにをやっているか。密かな隠密行動でも、その行動を瞬時に見破り、丸裸にされてしまう。当然話す人がオーバーに話題を話してしまうので面白おかしな話が、まわりまわって自分のところへは返ってくるから愉快だ。
 吾輩も時々、ガスネタを披露して情報の返答を楽しんでいる。これは他人にはお勧めできないが・・・。

なにもない。不便。うわさ。都会人には理解できない我が住居、中三依ではあるものの、この地には都会にはない、山がある。
 山はなんとなく平凡ながら、「良いところ」としか申し上げられない。


■『植野稔のホームページ』をどうぞ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-03-06 08:54 | 下野・会津だより


<< 93 オランダガラシ      91 ナメコ >>