2008年 01月 01日

6 大雪がふっている。今年は山の幸の当たり年?

山の幸を占う 
大晦日から本格的な冬型気圧配置になって、連日の雪日だ。元旦から玄関の雪かき、それでも風雪のやわらぐとき、近くの具現神社に初詣。

 雪。都会人には珍しいが雪国には厄介な存在だ。けれども、この積雪による雪面下で越冬している菌類、植物にとって有り難い保温効果をもたらす。それは雪による凍結を防止してくれる最大のよさを生んでいる。

2005年、近年になく大雪の年になり、山菜、きのこ、イワナは大豊作。本年の雪も降った。これで山は豊かになること間違いない。こんな期待に応えてくれる年になりそうだ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2008-01-01 21:37 | 身辺雑記


<< 7 仕事始め      5 モチがやってきた  ... >>