2007年 12月 30日

5 モチがやってきた  固まったパソコン

さしいれ

 朝の室内温度3度。いつもの日より暖かい。天気予報が外れた。これも末端で生きている人には有り難い日和だ。

 昨日の夜、モチが宅急便でやってきた。毎年この時期、定期便のようにくる。同封の手紙に「マイタケはどうした」との問い合わせがあった。どうやら、モチ差出人へ[マイタケ贈る]と約束したようだ。本年の山の幸は猛暑の影響で不作だった。それでも、多少マイタケを採集できたのだが、収穫物は市場へ売ってしまった。許せよ、モチ差出人。その場は確かに、友人の面影をチラッと浮かんだ。でも、生活のためにお金に換えてしまった。心からお詫び申し上げます。
来年は必ず贈ると、記憶できる細胞遺伝子に伝えておきます。

 26日にネットを見られるようになった。その影響のようで、パソコンが固まる。パニックだ。それでもパソコン先生の有り難い教え道り「、起動ボタンを3秒押せ」と記したメモ帳をみてマニアルに従い実行したら、パソコン入力が復活。なんとかなったが、その後はやる気をなくし今、日記を書くまでパソコンを放棄していた。機械ものは誠にやっかいだ。

 この文を書いているのと同時に「武士の一文」をテレビで放映中、面白くないと思っていたら、再放送。がっかり。今日はこれで終わり。これから寝ながら、きのこの本を読む。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2007-12-30 22:26 | 身辺雑記


<< 6 大雪がふっている。今年...      4 今日の出来事、反省人間 >>