植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2012年 03月 08日

1834 食料買出し

限界集落に暮らすようになって10年余、どうにかこうにか下野住人との仲間入りができつつある。
この間、2件あったガソリンスタンド廃業、酒屋閉店、雑貨屋はなくなり、24時間営業コンビニは当然ない。
気軽に買える食料店舗となると、会津田島か那須塩原あるいは今市まで、およそ35キロ遠方に行かなければ食料品調達はできない。
1日おきにやってくる移動販売車に頼っても良いものの、希望する食品は少なく、値段は高値だ。
忙しかったとき、一度だけ移動販売車を利用したことがある。
数点購入し、いざ手料理とはりきっていたところ、餃子に胞子カビ発生、また友人と昼弁当である、焼肉弁当とマツタケ弁当を買った。
じゃんけんポンで相方は大当たり、マツタケ弁当を手に入れ、私は豚肉焼き弁当で昼食を済ます。
夕方友人の容姿がおかしい。
下痢嘔吐、おそるおそる弁当仕込み日を調べてみれば4日前の日付、幸い私のほうは賞味期限内だったから事なきを得る。
その事件以降、移動販売車なる人から食品購入は避けている。
また三依住人のある人、毎日うどんだけ食べていた。毎日沢庵ご飯だけで済ましていたが、とうとう両者は栄養失調で歩けなくなりあっけなく死んだ。
両人とも三依における友人であり、人事ではない。

そこでマイカーのある人の食料品買い物となると、北か東か南のスーパーへ行く。

d0134473_14283534.jpg

業務スーパー今市店。
移動販売車の仕入先がここだ。
業務用ながら一般人も買うことができる、只今人気急上昇中。
開店と同時付き合い、安い。
貧乏人であってもこの店なら買える。
開店当時と比べて値段は上がったが、それでもスーパー店舗よりはお買い得。
しかし、ある日突然、お気に入り食品欠品がある。
業務スーパーということで、安い物の中から選ぶのと、高くても美味いものがあるからそれを買う。
だが高いものはしばらくするとなくなってしまう。
「サワラの西京漬け」「シャケかま」「丸ごとシイタケ昆布」「小女子」今市店から消えた食品。
「酵母パン」これは私からのお勧めだ。
d0134473_14533296.jpg

ベイシア今市店。
業務スーパーにあるが業務品では美味くないものをベイシアで買う。
「納豆」「煮物素材」「鮮魚切り落とし」など。
d0134473_1535337.jpg

マルイ野菜店。
生鮮野菜はここが安い。
野菜類最安値といえば、「あさのグループ」、西那須野、黒磯、矢板、鹿沼に店舗あるが、今市には店がないから2番手に安いマルイを利用する。
あさのが大型トラック3台に対してマルイ1台、その差は値段の差として表れる。
両者は生鮮野菜卸し市場でまとめ買いするから、一般小売店から比べれば格段に売価は良好となる。
とてつもない安値品があって見逃せない。
但し、量は多く、一人身である私の場合、安いから買ってみたものの、食べ切ることなく腐敗することがあるから要注意。
「安物買いの銭失い」だけはやってはいけないと、肝に銘じているが、時たま貧乏人の銭失いをやらかして、後悔することがある。

以上、店舗を10日に1度行く。
大体の食品は一見、美味そうに見える。
けれども大量購入は避け、1品を買って試食する。
自分で食べてから、これといった安くて美味い食品を自分の嗜好から最終選択する。
さすればおのずから値段の割にはお買い得食品が手に入る。
食料仕入れ販売メーカーにとって、赤字覚悟の食品もあるのだ。
そんな食べ物をいち早く発見する、貧乏人の生きていく術はその辺にある。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-08 15:36 | 身辺雑記


<< 1835 三依界隈      1833 クリ >>