2012年 03月 03日

1829 三依、冬終わる

例年クリスマス寒波という冬将軍襲来が早めにやってきて、12月15日ごろから本格的な冬となる。
2012年1月、想像していたほど三依地区積雪は記録していない。
積雪記録標柱によれば最大60センチと少なめだ。
けれども連日報道されている裏日本豪雪ときたら、通常積雪記録を大幅にこえ、除雪作業死亡事故が多発した。
いつもの2倍積雪を記録した地方もあって、豪雪地域年配住民の苦労は計り知れない。
以下、2012年1月、2月、我が家の室内温度計記録を示す。
-8度   2回
-7度   2回
-6度   4回
-5度   12回
-4度   3回
-3度   12回
-2度   13回
-1度   2回
0度   6回
1度   2回
2度   1回
3度   1回
毎年室内温度を記録しているが、氷点下8度になった年はなく、今年の寒さときたら極寒に耐える身体適用順応に苦労した。
因みに外気温の場合、室内温度にプラス5度を加えた温度がそれだ。
三依における最低温度記録としてー13度となる。
d0134473_9522491.jpg

パソコン対策。
スーパーコンピュターであれば常に室内温度を一定に保つエアコンをつかう。
しかし我が家にはそんな設備などない。
そこで寝る前に敷布で覆い、姉様からもらった動物の毛皮で大事な本体にかける。
さらに天気情報から冷え込み強となった処理方法には毛布かけで凌いでいる。
余談ながら夏猛暑30度越えの際、網戸で外気を取り込んでいる。
パソコン先生によれば、パソコン機器の天敵として、暑さと露結がパソコンを傷めるとのこと。
従って石油ストーブ使用はなるべく避けるようにしている。

冬の食べ物
d0134473_10145381.jpg

冬になればおでん鍋。
d0134473_101658.jpg

d0134473_10161956.jpg

キムチうどん鍋。
d0134473_10171356.jpg

煮物。
新しい友人及び古い友人からもらった食料品で寒い冬を凌ぐ。
d0134473_10203714.jpg

貧乏人の味方となった、湯たんぽ。
今年の厳冬対策として初使用する。
1度湯を沸かせば12時間ぐらい保温を保てる我が家の新兵器となる。
子供のころ豆炭あんかというのがあって、その代用品が湯たんぽ。
d0134473_10291064.jpg

羽毛布団2枚、綿蒲団1枚、毛布2枚のあいだ足元に湯たんぽを入れておく。
蒲団のサイドにシュラフを備えて寒さ対策とする。
寝床には暖房器具などないから、氷点下の中で寝ることになる。
けれども2階だから1階より室内温度は高いようだ。
d0134473_10363615.jpg

およそ10時間、万年床で暮らす。
特に寒い日になれば12時間ぐらい寝床にいることもある。
睡眠は6時間程度、残りの4~6時間は自由時間だ。
寝床では指向、考察する。
難しい本を読む。
考えながら当日のやりたいことをあれこれ思索。
頭脳で考えること事態、料金無料だからたまらない魅力といえる。
湯たんぽ使用のぬくもりときたら、父親の精子が母親の卵子に到着、自分という他人から見れば理解できそうもない私自身を宿した、母親の胎内生命誕生を体験しているような気がする。
イワナ釣りをほとんどやらない古い友人先輩がいる。
イワナ釣りをやらなくても、イワナ論を文学的表現で知っている人から、寝床思考を教えてもらった。
それは夢だ。
「夢の中に出てくる事象をメモしろ」
彼の教えを守り、私は雑記帳を常にもつことにしている。
現実、非現実、あらゆるものが夢の中にあるから面白い。
「死霊」によれば非現実こそ虚体そのものであろう。
メモがあれば夢物語だって書けるかもしれない。
寝床時間は私にとって貴重な空間となっている。
d0134473_11525617.jpg

水道、凍結防止熱線を巻いて予防する、
湯沸かし器、使用後、必ず水抜きする。
これを怠れば、水道、湯沸かし器は破裂してしまう。
今は亡き和さんから教わった。
d0134473_11571154.jpg

トイレ、水道水接続部を熱線で保護する。
水タンク、便器、寒い日は凍結、お湯で溶かしてから使う。

「寒いね」
こんな会話を終始させた長い厳しい冬に耐えらた。
春さんちの薪ストーブ、温かい薬草茶。
ジ様バ様だらけの元伐採人宅。
日中は他人様の家に遊びに行った。
大変ご迷惑をおかけしました。
どうにかこうにか長い冬を病気怪我栄養失調なく通過させることができた。

三依という下野北部に遊悠学という自然探索基地を設置、この地であれば越後、飯豊、朝日に近くイワナ釣行拠点として都合よい場所だ。
4ヶ月間に及ぶ冬季無収入になっても、春の山菜とイワナ釣り、夏本番にはチチタケ狩り、秋のきのこ狩り、晩秋のナメコ狩り、と、アウトドアは8ヶ月間楽しめる。
厳しい冬が終われば山開きとなる。

3月になった今、我が家の氷点下時間はなくなり、まもなく希望の春だ。
春の来ない山暮らしなどこの世には存在しないのだから。
山国限界集落三依住人への山の幸はまもなくやってくる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2012-03-03 11:24 | 下野・会津だより


<< 1830 春を見つけるスノ...      1828 我が街、三依 >>