植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 30日

1501 日本樹木図鑑

イヌブナ

ブナ科

ブナ属

別名
クロブナ

分布
本州岩手以西太平洋側山地。四国、九州。
d0134473_16394591.jpg


生育地
太平洋側ブナ帯より南山地。
しばしブナと混生する。

樹形
落葉高木。
高さ25メートル、直径70センチメートルに生長する。
d0134473_16433613.jpg

d0134473_16441995.jpg

主幹が枯れても、ひこばえで生きていける胚芽力は強い。
大方束成する。

樹皮
d0134473_1647286.jpg

イボ状樹皮。
d0134473_16491082.jpg

地衣類に取り付かれる。

根張り
d0134473_17104127.jpg

渓側に主根を張る。


新枝は淡褐色。
d0134473_16522080.jpg

互生するイヌブナ枝。

冬芽
d0134473_16542666.jpg

新芽寸前になれば細長い冬芽は膨らむ。

新芽
d0134473_16564846.jpg

外皮を破り開芽する。


d0134473_1658423.jpg

互生。
d0134473_16585987.jpg

葉裏、葉脈数は16本前後。
ブナより多い。


d0134473_1705911.jpg

雌雄同株。

果実
10月ごろ、柄の先にぶら下がる。

特徴
d0134473_1742971.jpg

小規模ながら群落をつくる。
d0134473_1762272.jpg

1本木もある。

孤軍奮闘記
d0134473_1783181.jpg

イヌブナへの山道を歩く。
d0134473_1792854.jpg

胚芽力で生長するイヌブナ。
d0134473_17115077.jpg

イヌブナ倒木から発生したヒラタケ。
d0134473_17131174.jpg

枯れが強くなるとサルノコシカケが着生する。

昨日同様、傘と長靴で山を歩く。
晴れの日は晴れのアウトドアがあり、雨なら雨でのやることがある。
我が身は川の流れのように、自然に逆らうことなく、自然流で山遊びをするようにしている。
さすれば山そのものが我の問いに答えてくれる。
生まれるときも一人だ。
死ぬときも一人だ。
たった一人ではあるけれど、我が伴である山の神様はそばにいて、常に「同行二人」。
寂しさなどなく、無心に歩けば、山自然は温かく迎えてくれる。

今日、ヤマドリがやかましくなきながら横をすすりぬけた。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-05-30 17:16 | 下野・会津だより


<< 1502 奥山山菜      1500 日本樹木図鑑 >>