2011年 05月 22日

1493 岩魚談義

イワナという渓流魚が縁となり、渓流釣り有望水系釣行を共に歩いた、古い友人との岩魚談義を自然遊悠学の家で行う。

3者紹介

植野稔
栃木県日光市在沖。
慢性金欠病患者。
自然遊悠学主宰、下野・会津をホームグランドとして、山菜摘み、渓流釣り、きのこ狩りツアーを計画。
全天候型365日アウトドア三昧の日々を暮らす。

斉藤宗雄
山形県米沢市在沖。
1984年発刊「源流の岩魚釣り」取材に同行だから40年余、飯豊・朝日渓谷を中心に遡行、ザイル1本を命綱として各地を歩く。
ゴルジュ突破を得意としている。
「飯豊・朝日連峰」全渓流遡行」を目標としている。
山わっしゃこブログ主、生粋のアルピニストながら地下足袋を愛用している。
d0134473_10324753.jpg


柚本寿二
石川県小松市在沖。
「源流の岩魚釣り」生原稿校正依頼、それ以前から各地渓流イワナ釣りに同行。
この間、岩登りに熱中、谷川岳、北アルプス岩壁登攀をこなす。
持病の腰痛対策としての山登り効果で、腰痛完治。
「白山に登ろう」著書がある山愛好家。
d0134473_10331018.jpg


植野
遠路はるばる我が家へのお越し感謝いたします。

斉藤
3時間強、意外と早く来られました。

柚本
10時間かけて到着、仮眠してからゆっくり走ってのんびりやってきました。

d0134473_10422831.jpg


植野
柚本持参のビールで乾杯しよう再会を祝して、、、。

こうして21日4時から酒宴は始まる。

植野
せっかく3名が集まったから、以降、どこかの渓流遡行を年に1回、記憶に残るイワナ釣りをやりたいね。

斉藤、柚本
賛成です。面白そうな渓へいきましょう。

私の提案を賛同してくれる。

植野
渓選びは私に一任、齋藤君には泳ぎ、へつりをやってもらって、柚本君には岩場突破、料理は私に任せてください。
それぞれ自分の役目をこなせば、困難なルート遡行ができそうだ。

柚本
北国新聞社からお願いされている、釣りの本出版があります。
植野さんのご協力をたのみます。

植野
私にできることがあればアドバイス可能です。
頑張ってください。

斉藤
飯豊・朝日の遡行、まだ行っていない渓谷がありますので、植野さん、柚本さん同行で念願だった大峡谷突破やりたいです。

植野・柚本
面白そうだから行きましょう。

こうして渓流遡行計画、柚本釣り本計画はうまくまとまる。

d0134473_1164756.jpg


それにしてもロートルイワナ集団ながら、それなりに遡行計画立案、若年寄トレーニングをやって無事帰還を果たそう。と、相談はすんだ。

釣行地内容についてはすべて秘密岩魚曼荼羅のなかに封印。

メインの打ち合わせから、3氏の近況報告となる。
以降、10時まで雑談は続いた・

斉藤氏からのお土産
d0134473_11193866.jpg

米沢佐藤の黒毛和牛。
やまがたワイン。

柚本お土産
d0134473_11214267.jpg

手取川大吟醸。
d0134473_11223814.jpg

鰤寿し。
羊羹。
d0134473_121990.jpg

九谷焼マグカップ。

ゆっくり味を確かめながらいただきます。
ありがとうございます。

斉藤、柚本は22日10時に帰る。
お疲れ様でした。
またの再会を期待しております。

自然遊悠学から両氏にお土産
山釣りシリーズ1・2・3
遊悠学バック
日本の渓流釣り
イワナに憑かれて
魅せられた山と渓
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-05-22 06:18 | 身辺雑記


<< 1494 山菜採集から保存      1492 古い友人 >>