植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2011年 05月 16日

1487 山菜摘み

下野三依に住んで8年目となる。
この間、山菜、釣り、きのこにおける当地データはある。
その資料を使い、山の幸自生地発生目安はある程度予定を決められる。
けれども、当年度における山の幸収獲はやはり、気温、降水量によって山のもの発生時期を左右されてしまう。
昨年と比べて、およそ10日遅れで山菜は芽を出す。
山菜を摘む場合、特に優良品となれば、空振り覚悟で下見をすることによって、物にできるのだ。
今日、タラの芽を摘む。
すでに1週間前、山菜場下見を済ませているから確実に採れる。
d0134473_1415870.jpg

森林を伐採してから15年、そのまま放置すれば、イバラ、タラノキ、シラカバなどの二次林となる。
この山菜場、主にタラの芽を摘める。
d0134473_14183128.jpg

目的のタラの芽。
d0134473_14191871.jpg

フック棒でタラの芽を引き寄せる。
d0134473_14205142.jpg

採集終了、一休み。
d0134473_16262220.jpg

今日の収獲。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2011-05-16 14:20 | 下野・会津だより


<< 1488 山菜保存漬け      1486 イワナを見ながら山菜摘み >>