植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2010年 12月 29日

1318 三依界隈

d0134473_14291690.jpg

主幹は4本の分子し、男鹿川にその存在を示すコブシ。
長い歳月がきのこ菌にとりつかれ、根元が腐りかけている。
d0134473_14321775.jpg

冬芽で越冬中のヤマツツジ。
d0134473_14335066.jpg

湿生園内で1年中、青葉を残すクレソン。
帰化植物ながら、只今ほぼ全国に分布繁殖している。
緑がほとんどない冬季でも、山菜として利用できるからありがたい。
d0134473_14391051.jpg

季節はずれの豪雨から要約本来の清流となった男鹿川。
源流部でのイワナ産卵、中流部でのヤマメ産卵、発眼卵越冬が無事済んでいることを望んでいる。
d0134473_1444763.jpg

d0134473_14444949.jpg

ヤマメ渓、イワナ渓、渓魚は越冬している。
d0134473_14464290.jpg

今日も山は積雪、渓魚、山菜、きのこ、山の恵みは冬季雪に育まれているから、大量の降雪を望むばかりだ。
d0134473_14494532.jpg

首を垂れるカヤ。
下野三依地区に初冬風景をかもしだしている。
本格的冬季はこれからだ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-12-29 14:52 | 下野・会津だより


<< 1319 いただきもの      1317 いただきもの >>