2010年 05月 19日

1052 男鹿川河川清掃

川のゴミ拾い
男鹿山塊、男鹿岳(1777㍍)から出(いずる)男鹿川、その渓流にイワナ、ヤマメが棲んでいる。
仔細あって下野三依地区に自然遊悠学の家を立ち上げ4年目となる。
拙者の何番目かのふるさとだ。
長い間渓流釣りに携わり、当地における雑木林の魅力が渓魚を育んでいる。

下野横川に3年、三依に4年、都合7年、三依地区を中心に活動中である。
主に、渓流沿いを歩く機会が多々あり、山菜、渓魚、きのこ、登山を楽しんでいる。
その際、明らかに何者かが故意に放置したゴミが目に付く。

男鹿川流域における、不法投棄されたゴミ処理をやむを得ず担当する地元の会合があり、それに賛同、拙者も及ばずながら参加している。
不法に捨てられたゴミなる厄介者、そのまま放置すればゴミはいつまでもそこにある。
仮に誰かがゴミを拾えば、ゴミはその場所から姿を消す。
ゴミがなければ、かなり以前の渓流風景が戻ってくる。
河川からゴミが消えれば、ゴミ捨て人とて自分のゴミを捨てにくくなるものだ。
徹底して男鹿川からゴミを拾い続ける今回の企画、拙者の人生哲学と共有できる。

今回、今年2回目の男鹿川河川清掃を以下の予定で実施いたします。

日時 平成22年6月16日(水)

集合時間 PM3時~PM5時 

集合地 中三依温泉駅、温泉センター駐車場

問い合わせ 0288 79 0520

ウイークデーですが、皆様のご参加をお待ちしております。

自然遊悠学 植野稔
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-05-19 19:09 | 下野・会津だより


<< 1053 今日の三依周辺      1051 サンショウ摘み >>