2010年 04月 28日

1030 差し入れ

最新下着
d0134473_14311796.jpg

登山を成功させる秘訣は様々ある。
特にバリエーションルートにおける装備点検が重要だ。
山登りにおける軽く見られがちな一つに、服装がある。
中でも下着は外観から見えないから、軽視されている。
15年ぐらい前まで、拙者に依頼された釣り具メーカーによるフィールドテスト用に、下着衣類を提供された。
その下着をこれまでの源流釣行に使用。
時間経過と製品劣化があり、拙者の下着はボロボロであり、他人様へは見せられない。
それでも新品は買えないから、これまでの下着で頑張って使用中である。

拙者の願望である、岩魚5カ年計画、源流イワナ釣行の2年目だから、その計画に耐えうる、山道具を現在点検している。
すべての装備が古く、特にザイルは20年前のものだ。
長袖シャツは背中に穴が開いている、これは未だ使える。
10年単位で山装備を見直さなければ、イワナ釣行に絶えられないことは承知している。
けれども、軍資金使用の優先順位があり、衝動買いなど許されない事情がある。
自然遊悠学の家を買うための資金を貯めなければいけないからだ。

登山装備購入、これは一般製品に比べて割高である。
そこで最近、ユニクロ、しまむらで人気がある、下着に注目していた矢先、友人から下着テスト用に、写真の製品が贈られてきた。
これからイワナ釣行の際、使用してみる。

余談ながら、登山専門店、ユニクロと価格を比べれば、半値以下となる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-04-28 14:59 | 身辺雑記


<< 1031  ワサビ漬け      1029 毛鉤釣り達人がや... >>