2010年 03月 29日

978 今日の下野三依

寒の戻り三依地区
真冬並みの寒波が三依にやってきている。
雪が降ったり止んだり晴れ間が見えたりと、居この頃に三依は天気に恵まれていない。
渓流に置き換えれば、水温の低下があり、そこの主であるイワナ殿下のご機嫌はよろしくない。
天然イワナの拘っている拙者にとって、最近の天気にはうんざりする。
水温低下でイワナの食い方が芳しくなく、イワナ本来のアタリは遠い。
昨日同様、本日もイワナ釣りを止めた。
今慌ててイワナ釣行をやってみても、イワナ本来の生態勢いはない。
暖かくなればいくらでもイワナ釣行は可能だ。
慌てる必要はなく、「満を持して」改めて釣行チャンスに備えればよい。

雪が止んだ。
三依周辺を歩いてみる。
d0134473_155562.jpg

中三依まるみの湯下の淵。
漁協放流イワナ、ヤマメの魚影なし。
d0134473_15564932.jpg

今日の男鹿川。
雪シロは収まり平水状態である。。
d0134473_15581999.jpg

今日の芹沢。
渓流釣り解禁から1週間経過、釣り人の姿無し。
d0134473_160557.jpg

ミズバショウ、新しい花が咲いた。




d0134473_1631780.jpg

茎葉が育ち、まもなくく花芽が出始める。
d0134473_166158.jpg

クレソン、もうすぐ収獲できる。
青葉の勢いが春を告げている。
d0134473_1673191.jpg

今のも咲き出しそうな、リュウキンカ。
d0134473_1685192.jpg

セリ、早春の山菜だ。
d0134473_1611726.jpg

下野における未採集山菜ながら、拙者は利用している。
d0134473_16152081.jpg

まもなく開花するコブシ。
d0134473_16161879.jpg

フキノトウ、今が旬だ。
d0134473_16175743.jpg

春の妖精といわれている、キクザキイチゲ。
d0134473_1619474.jpg

これから山菜摘みの対象となるノカンゾウ。
d0134473_1620553.jpg

渓流沿いに自生する、スイセン。
d0134473_16215690.jpg

早春の山菜摘みができる、アサツキ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-03-29 16:24 | 下野・会津だより


<< 979  雪舞う三依      977 早春、源流イワナ釣り >>