2010年 02月 04日

901 立春

今日の中三依界隈
大寒、暖冬。
立春、寒波。
暦に反する天候に誰でも戸惑ってしまう。
今日から春なので、春らしい自然を求めて下野中三依付近を歩いてみる。
d0134473_152895.jpg

かやぶき民家、雪だらけで寒そうだ。
d0134473_14485520.jpg

今冬、最低気温氷点下7度は自然遊悠学の家室内温度、外気温はマイナス12度ぐらい、寒さで顔の皮膚がつっぱり痛い中、外に出てみる。
報道によれば北海道道央煮て、氷点下34度を記録したように、日本全国今日の気温は今年最低気温を記録しているようだ。
中三依芹沢橋からの男鹿川。
雪解けは無く雪シロは皆無である。
d0134473_150261.jpg

中三依湿生園、雪一色である。
d0134473_1535469.jpg

青葉で越冬するエビネ。
d0134473_1545137.jpg

エビネに新芽が出て、じっと春を待っている。
下野はエビネ天国であったものの、先人ランマニアの乱獲で絶滅寸前、ここにあるエビネを活用して、再びラン世界をこの地で復活を試みるつもりである。






d0134473_159669.jpg

湿生園内の湧き水があるから、雪解けがあって春を感じさせられる。
d0134473_15113531.jpg

青葉のまま越冬するワサビ。
d0134473_15125868.jpg

湿生園のコブシの花、以前より多少蕾が膨らんできたようだ。
d0134473_15153937.jpg

d0134473_1516625.jpg

d0134473_15164312.jpg

本流から沢へ、するとそこには氷世界が展開している。
春はまだ先である。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-02-04 15:19 | 下野・会津だより


<< 902 下野の冬景色      900 飾り台 >>