2010年 01月 12日

864 買い物

背負いカゴ注文
限界集落中三依における買い物はできない。
ガソリンスタンド、スーパーマーケット、コンビニなどの日用品販売店がないから、1週間に一度、那須塩原から今市方面への買い物をしなければ、下野中三依では暮らせない。
往復100キロ、ほぼ1日を費やす仕事となる。

まずは雑用、遠山私宅を訪ね、湯津上に住んでいる、カゴ名人の家へ。
当地で唯一、カゴ職人、生田目(なめため)氏95歳、かなりの老人ながら、現役カゴ職人だ。
遠山氏ごひいきのカゴ屋さんで、名人カゴ職人が完成させた背負いカゴであれば、ほぼ一生使用できる優れものなのである。
4年前、超特大背負いカゴを編んでくれたが、近年の温暖化あるいは酸性雨、暖冬のどの影響があって、超特大カゴが活躍するマイタケ狩りでの出番はない。
今日は中程度背負いカゴを名人に依頼したいのである。
生きているか、死んでいるか、遠山氏も五分五分と言う、なんとも不安を持ったカゴ名人宅訪問となる。

カゴ名人は健在だ。
前回の訪問時より元気らしく、電気屋を兼ねた自宅には作業済みの各種カゴ(3点のみ)が展示してある。
完成品はやや小型なので、遠山氏愛用品と同じ大きさの背負いカゴを特注する。
『俺が作るカゴなら一生持つ』カゴ名人は老体ながら自信があるようだ。
マイタケ狩り50年、遠山氏ご推薦なので安心して注文できる。
製作には余裕を持って6ヶ月、チタケ狩りには間に合うだろう。

遠山氏を自宅まで送り、那須塩原にある安売り八百屋、ビデオ返却、今市にある業務スーパー、ベイシアスーパー、ガス充填、ガソリン満タン、無難に買い物を済ませ帰宅する。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2010-01-12 16:06 | 身辺雑記


<< 865 今日の朝食      863 獣道を辿る >>