2009年 12月 18日

835 下野中三依界隈

冬の始まり中三依
昨夜からの冷え込みで断続的に降雪がやってきた。
高い山々は根雪となるかもしれない。
我が家、自薦遊悠学の家にも雪が積もった。
この雪で雑木林探索は一時中止、山調査に行く場合、それなりの装備で出かけなければ山歩きはできない。
そんな季節がやってきた。
それにしても気象庁発表の長期予報では暖冬といっていたが、見事期待に反して、今のところ厳しい冬になりそうだ。
ここ何年か、暖冬傾向だった、それが私の希望している本格的厳冬期となる勢いのある冬型気圧配置になっている、今の雪模様にまんざらでもない。
厄介者の雪ではあるが、山地積雪こそ、山の幸をそれを糧にしている山生活者へ、恵みの山菜、渓魚、きのこを約束してくれるのである。
d0134473_16453689.jpg

下野中三依地区に待望の雪がやってきた。
d0134473_16465937.jpg

かやぶき民家に雪が載る。
d0134473_164875.jpg

願いを適えてくれる、示現神社。
d0134473_16491118.jpg

自然遊悠学の家、初冠雪。

我が家の室内温度計は氷点下のままである。
できるだけ石油ストーブは灯さない。
エコを実践しているからだ。
これから2010年春まで、我が家は冷蔵庫の中で生活しなければ、日本国政府の25パーセントCO2削減はできないから、ひたすら頑張るしかない。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-12-18 16:58 | 下野・会津だより


<< 836 下野三依界隈      834 下野初冬 >>