2009年 09月 12日

745 玄さんのナタ

山仕事師の道具を受け継ぐ
下野に身を置いて、かれこれ10年の歳月が過ぎている。
「住めば都」の例え通り、この地に住んで、それなりの面白さを体験できている。
この間、人嫌いながら、やはり人の付き合いもやっている。
このごろ地元の山人であった、玄さんとなんとなく自然に付き合うようになった。
玄さん、かつて山で生計を立て、立派に自立した人だ。
「良かったら使ってくれ」と、自分で長年愛用していた、ナタとノコギリを差し出してくれた。
d0134473_15501726.jpg

玄さんが使用したナタ、ノコギリ。
d0134473_15521894.jpg

山口五郎の作品のナタ。
中三依在住の五郎さん、鍛冶屋、山菜、きのこ、イワナ釣りを生活の糧として暮らした人である。
今生きていれば100歳、不幸にも、崖から転落して死亡した。と、玄さんが私に語ってくれた。
ナタ銘「不動五郎正宗作」なかなか切れ味鋭いナタである。
d0134473_1612519.jpg

玄さんのノコギリ。
良く切れる。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-12 16:03 | 身辺雑記


<< 746 会津屋さん      744 マイタケ連続あぶれ >>