2009年 09月 06日

737 チタケ見舞金

心温まる気遣い
2009年夏、期待していチタケ狩りは記憶にない不作に終わる。
天は時に山を生活の糧とする人を苦境に陥れる魔物になることがある。
植野稔チタケ商店開店以前から、チタケ対応策を考慮し、それなりに本番に備えた。
しかし、結果は我がブログでのチタケ争奪戦不発で終わるのである。
今年の下野チタケ、発生は1割以下、売り上げは6割減、惨敗でチタケ狩りは終了した。
d0134473_10335385.jpg

我がイワナ釣り出版本、山釣りシリーズ1,2,3における校正をボランテアでやっていただいた、元、日刊ゲンダイ編集局長である青柳茂男氏から「チタケ不作見舞金」を頂戴しました。
青柳さんにはゲンダイを通じて、記事、写真を掲載していただき、ありがたい原稿料の現金収入を賜った人なのだ。
当時、へたくそな文章、下手な写真ながら、一丁前のお金まで用意して、多種にわたる個人における面倒を見てもらった、奇特な人なのである。
今回、空前のチタケ不作を見かねて、見舞金を我が自然遊悠学に寄付していただいた。
紙面では失礼ながら、お礼申し上げます。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-09-06 10:48 | 身辺雑記


<< 738  16さんの差し入れ      736 イワナ王国を釣る >>