植野稔の自然遊悠学 イワナだ! ヤマメだ! 山菜だ! きのこだ!!

yuyugaku.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 11日

713 今日も元気でチタケ狩り

チタケ一過が去っていく
下野大雨情報のおかげで、今日のチタケ場は閑散としている。
日曜日のマイカーラッシュが嘘のように、山は秋風が吹いている。
これからチタケ風は吹いてくれるのは、あるいはきのこ風は吹くことなく終わるのか。
それは誰にも分からない。
もしかすると、このまま秋到来になり、チタケ狩りは終了するかもしれない、そんな予感がする。
私のきのこ情報など、お粗末か知れないが、毎度山参りしているから、それなりの確信はある。
チタケ予報が外れてほしいものだが、自然相手なのでどうにもならない。
まあ、あまり先を読むことなく、与えられたその日の予定を上手くこなすしかあるまい。
d0134473_17492711.jpg

今日のチタケ場。
ブナ中心の森を歩く。
d0134473_17511529.jpg

肉厚チタケ。
このきのこが出れば、チタケ狩りは終盤を迎える。
例年ならお盆明けに出るチタケがあることに戸惑いを隠せない。
d0134473_17575290.jpg

アカヤマドリ、夏を終えるきのこだ。
d0134473_17595874.jpg

チタケ場をコナラ林に求める。
d0134473_1821578.jpg

コナラに共生しているチタケだ。
シロの勢いがあれば、しばし群生する。




d0134473_184532.jpg

卵から生まれたタマゴタケ。

d0134473_187680.jpg

午後からチタケ場を岩尾根に換えて、探索を開始。
d0134473_1893890.jpg

採り残しチタケ。
岩場なので敬遠したようだ。
d0134473_18114173.jpg

下野ではクロチタケで呼ばれているきのこ。
かなり大型に生長、本チタケより出汁は濃厚であるから、珍重している。
このきのこも晩夏チタケなのに、今時期採れることに驚きである。
d0134473_181566.jpg

順序良く並んで発生しているタマゴタケ。
[PR]

by yuyugaku-ueno | 2009-08-11 18:16 | チタケ戦争どまんなか


<< 714 今日のチタケ狩り      712 男鹿川定点観測 >>